インド二周目のテーマは「秘境」!そして面白いものを撮り尽くしたい。

スポンサーリンク

今月は、来冬のインド一周の旅に向けていろいろ悩みまくり、不安になったりしましたが、

だいぶ方向が固まってきました!

インド二周目は、2019年1月出発予定!

前回書いた計画では、

たびいち、再びインド一周に行く!かもしれない
これまで沈黙しましたが、発表しておきます それは、2014年から15年にかけてインド一周したわけですが、 前回行けなかっ...

ぜんぜんうまく予定が決まらず、インド二周目なんてやめようかと思うぐらいに気分最悪だったけど、

友人断捨離したり、レジェンドに会ったこともあって、

海外ツーリングの鉄人・賀曽利隆71歳を捕獲せよ!
今日の記事は、ツーリング界のレジェンド・賀曽利隆御大(以下・カソリサン)を待ち伏せして捕獲するまでの物語です まずは、カソリさ...
予定が決まった10月19日時点では、

もう別人のように元気いっぱいです。一種のバイオリズムなのかな?

という事で、当初の予定より期間は短くなったけど、1月インの7月アウトなら、半年ビザで収まるし、その分予算に余裕が出るし、そしてメリケン国のプンラトのせいで、ガソリン代が世界的に高騰しているため。

あっちも行きたいこっちも行きたいと欲張るとキリがなくなってしまうし、ビザの運用上、どっちみち最南端経由で一周するのは困難なのがわかったため、二周目の範囲は削り、前回行けなかったところを重点的に行くことにしました。

インド二周目に行きたい場所

砂漠の町・ジャイサルメール

パキスタンに近い砂漠にある町です。前回行けなかったので今回は行きたい。

インドのどまんなか・バラナシ・カジュラホ・ブッダガヤ

これらも前回行けなかったので、今回バラナシに行ければ2000年以来19年ぶりの再訪となる

秘境・セブンシスターズと呼ばれるインド東北部

ここはこれまで長らく未開放のエリアだったため、いわば秘境。限りなくミャンマーに接するとあって、インドらしくないインドがあるというので楽しみです

そして、ラダック

前回の失敗を糧に、それなりに装備を整えていく予定です

もう自分に言い訳せず、やるっきゃないのだ!

インドに行くにあたり、4年前とはパワーアップしていきます

新たに新調したものは

一眼レフ(Pentax K-30)
この一眼レフは昨年買ったものだけど、インドで本格的に活用させます

スマホ アローズM03。
これも防水&SDカード対応なので動画なども撮りまくれる。

今回はトラベルブロガーとして、インドでデータSIMカードを買う予定。

そして1週間が過ぎた10月26日は・・・・・

さらに輪をかけて超のりのりです。

なぜなら、

きのうはついに!庶民のGoProを買いました

といっても、本物のGoproではなく、庶民向けのゴープロです

ムソンの「進化版」というタイプです

アマゾンで8180円。中華とはいえ、格安なのに思った以上に満足なので、余計に好循環でテンション上がりまくりでございます。

そのムソンのインプレについては、おいおい記事にしていきます。

そういえば、ゴープロやその亜流のカメラは、「Action Cameraアクションカメラ」という呼称になってるけど、自分としては雑誌のほうを思い出すのよね。

なので、「アクションカメラ=雑誌」のイメージを持つあなたは、まぎれもなくおじさんです。

たしかにゴープロは、半年前バンコクのMBKのカメラ屋の前に映し出されるゴープロのPVを見てると、とてもカッコよく動画が取れるので、気にはなっていた。

だけど値段と使い道ゆえに、自分には縁のないアイテムだと思ってたのだが・・

しかし、なぜここまで機材をそろえるの?

それは、ただひとつ。

インドでおもしろいものを撮りたいから。

撮りたいもの、おもしろいものが効率よくズバズバ撮れれば、自分もHappy。読者もHappy.

たびいちドットコムも人気も出てくるだろう。トラベルブロガーとして当然のことです

たとえば動画をスマホ・アローズで撮ってみたものの、手振れ機能がないため、動きながら撮ると画面が揺れまくりで見るに堪えない。それどころか吐き気がするぜ~

なので餅は餅屋。目には目を。歯には歯を。専門分野に適材適所を。

「一眼レフ」は人物や景色。

「デジカメ」は身の回りの物や即興的に撮影できるものを。

そしてバイク走行中の動画は、やはり「アクションカメラ」で撮ったほうが断然いいに決まってるからです。

なので10月26日現在、もう超のりのりです。たびいち、調子に乗ってます。

ということで、がんばるゾ☬

214 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です