再びマラウイ湖に沿ってセンガベイ・そして首都に向かう

スポンサーリンク

ンカタベイからは湖沿いの国道を走り、南の湖畔の村・センガベイへ。そして首都リロングェに行きます。

4月26日、6時45分起床。10時ンカタベイを出発。仲間たちとの別れはさびしいものだが、そのうちの二人とは、今夜向かうセンガベイSenga Bayで会うのだ。

最初にマラウイに来た行きの時は1月で雨季のせいかパッとしなかったが、4月に戻ったときは天気のいい日が多いので快適です

途中の村のベーカリー。中世ヨーロッパと変わらないぐらいの質素な店内

タイでもよく見かけた「結婚はゲームオーバー」だから日本やヨーロッパは出生率が低いのか

13:35、156㎞のドワンガ到着。1月の行きの時に来た同じ食堂で昼食。Chicken&Rice228円

ふと、道路を見ると、異常な過積載のトラックが。いったい何十人乗ってるのでしょうか

なんとか乗り込めた様子だが、生きた心地がしないね。

センガベイ到着

19時半ごろセンガベイに来た。ここにンカタベイの仲間 和也・しんじ両氏が来るので、一緒に泊まる

ンカタベイからセンガベイまでの走行386㎞

Senga bay Wamwai Beach lodge ドミ650円は民宿のような趣

4月27日、7時起床。翌朝は目の前に広がる漁村。ンカタベイとちがって、小さなリゾート村なので、特に何があるわけでもない。穏やかな景色のみ。

海、じゃなかった湖を見ながらの朝食は格別。トマト、スクランブルエッグ、トースト。

誰が描いたか、ちょうど朝食を再現した絵があった

愛車e-storm125も快調。

そして我々はリロングェに向けて出発。

地元民にまじってトラックに乗る和也&しんじ両氏。

ふたりの後を追うようにバスターミナル到着。さすがにトラックの荷台で首都に行くのではなく、町のバスターミナルにてワゴン車のミニバスに乗り換えた。

そして首都リロングェへの道

途中の村の屋台で、見た目たこやきのような揚げたゆで玉子(20円)を食した。うまい。

こうして、10時にセンガベイを出発し、14:50、145㎞走行してマラウイの首都リロングェに3か月ぶりに戻ったのだった

143 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です