アフリカだけど気分はニューヨーカー?ナイロビ City Light ’09

アフリカでありながら、洗練された都会を味わえるナイロビ。

そんなナイロビの近代的な「都会」の魅力を存分にお伝えします

同じケニアの都市でも、第二の港湾都市モンバサは南洋の地方都市という雰囲気だったが、ナイロビは東アフリカ最大の近代都市。

驚いた事に、高層ビルが並ぶナイロビのビジネス街の路地は清潔で洗練されていて、まるでロンドンやシドニーのCityとまったく変わらなかった。先日行ったスラムとは180度別世界。その意外性がナイロビの魅力である

というのも、ナイロビのスラムだとバスの窓からペットボトルや食いかすなどボンボン捨てていたりする。

なのに、ここの路地ではゴミもほとんどないし、吸殻がひとつも落ちていない。やればできるというか、東京の方が汚い。そこが不思議だった

展望台にのぼる

思えば自分の中学校の英語教科書にはケニアの話が載っていて、写真のひとつに円筒ビルが載っていた。そのビルが生で見えたので、感無量。

その教科書には「Nairobiの人口はHiroshimaと同じぐらいです」と書いてあったが、2009年では人口は3倍近い313万人。

2009年3月21日。これから、ビルの屋上の展望台に行きます

f:id:stk1:20090321180004j:image

South Tower 頂上展望台への入場料は425円と結構高い。そのせいかあんちゃんがガイド(監視役)としてついてきた。飛び降り自害防止のためか。

f:id:stk1:20090320165346j:image

エレベーターをのぼり、屋上へつながるspiral staircase

標高を量ると、地上は1625m。エレベーター終点の27Fは1710m 頂上は1725m。

のぼりつめると・・

摩天楼。

大きな建物のインド銀行。インド人も多い証。

しかし空港方面をみると、サバンナが広がっていて、アフリカらしくシマウマやキリンなどの野生動物がいるのだとか。

いつ見ても恐ろしいモニュメント。地震が来たらどうなる?

ビルで覆われた近代的なCBD(官庁街)はビジネスマンで埋め尽くされる。これまでどっぷりアフリカの田舎に浸ってきたので、日本のような秩序に逆に癒されるのだ。

田舎では皆無だった「めがね女子・男子」を見かける。勉強をしまくったエリートが集まる都市なのだろう。

f:id:stk1:20090326135611j:image

f:id:stk1:20090326135617j:image

ネットカフェ

ビジネス街の中にあって、見た目は安っぽいが・・・

f:id:stk1:20090316122822j:image

みんなきっちりした身なりの人ばかりで、まるでどこかの職場のような雰囲気。アフリカに行く前、新宿のオフィスで働いていたころを思い出す。

このネットカフェはキンコーズのようなものか。

それにしても、アフリカンレディーのOLは、迫力の体やのう。おぱーいでかでか。

しかし、端末のWindowsXPは、恐怖のまっ黒デスクトップ。すなわちノーライセンスの山賊版というおそ松さん。

f:id:stk1:20090316122333j:image

当時売っていた安い携帯の機種。

f:id:stk1:20090316115634j:image

f:id:stk1:20090319105023j:image

ナイロビの下町に戻ると、やはり危険。

f:id:stk1:20090317181119j:image

モスクもあるよ

f:id:stk1:20090226162813j:image

f:id:stk1:20090226165401j:image

f:id:stk1:20090227161132j:image

そしてわれらがこぞるNKLに戻るのだった

f:id:stk1:20090319105234j:image

NKLから見た都心部

701 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*