noindexをしてはいけない理由 ~まちがいだらけのSEO対策~

サイト運営の肥料ともいえる、SEO対策。

そのひとつが「No index」ですが、

そのSEO対策をやったら正直、後悔しました!

またも失敗。

なぜなら、

●何百もの記事の中から、再びNo indexを解除するのが面倒。
●そして、解除しないかぎり、その記事は日の目を見ないのでもったいない!
●ダメな記事なら、最初から削除すればいい

では、「No index」とは何なのか、

具体的にどのような対策をすればいいか?を説明していきます

No Index(以下NI)とは何か

それは、NIをすることによって、その記事だけを検索結果に出なくさせることです。

https://www.seohacks.net/basic/terms/noindex/

くだらない記事が検索結果に出ると、Googleなどの検索エンジンから、くだらないサイトと認定されるので、サイトの価値が低下せぬよう、いい記事はそのままにして、くだらない記事は出させないようにするのが、NIです

2016年6月。たびいちドットコムをはじめてから半年たっても、低迷期のままで、のび悩んでいました

そのとき見つけた方法が

「サイトの価値を高めるためにNo indexせよ」

とありました

Googleは、サイトの全記事を対象にして、評価を決めるらしい。となると・・・・今年からいい記事を心がけて、毎日書いたとしても、

旧ブログ時代の膨大なガラクタ記事が、足を引っ張っていたのではないか。

それでGoogle検索の評価を高めるべく、

過去の記事を大リストラし、Noindexをつけることにしました

そのため、ワラをもつかむ思いで仰せのままに何十個かの記事にNoindexをしたものの、少し後悔しました。

NIの解除がとても大変

NIのしかたは、All In One SEOのプラグインで、「NOINDEX this page/post」チェックを入れるわけですが、コード手入力でもNIができます

ただし、何百もある記事の中から、NIされてる記事をひとつひとつ探して、NIを解除するのはとにかくめんどくさい。

プラグインを使わず、コード手入力でNI設定した人はもっともっと解除するのが面倒だと思います

もったいない!NIをしていた基準

そして、最大の後悔がこれです。

当時、自分がNIをしていた基準は、

「記事のPVが低い」

ただそれだけの理由でNIしてましたが、今思うと実にばかなことしたなと思います

なぜなら、そのときは人気がなくても、後になって役に立ったり人気が出てきた記事が、実際いくつかあったわけです。
だけどNIしているかぎり、ずっと何年も一生ハンドブレーキをかけている状態になり、検索上で日の目を見ないわけですから、当然PVも上がらない。

その間が機会損失になり、じつにもったいなかったわけです

先日、NIになっているかすべての記事を洗いざらした際、まあまあいい記事なのに、PVがなんか少ないなと思ってたら、NIになっていた。それを知ったとたん、ほんとくやしかったですね。1年5ヶ月もの間、ブレーキがかかってたわけなので、自分にたいするにくたらしさすら感じました。

かといって、ぜんぜんPVにならないダメ記事も出てくるわけですが
そもそも、プロを目指すなら・・・・

ダメ記事は書くべきではない!!

とおもってます。なぜなら、プロだからです。

かといって、意図的にダメ記事になったり、結果的にダメ記事になることもあるので

ダメ記事の場合は、どうすればいいのか?

それは簡単、NIなんて小細工を使わずとも、こうすればいいだけなのです



リストラ対象を3ランクに分ける

(2016年6月16日に書いた記事より)

2016年6月16日時点でリストラにかかる前の記事数は
すべて(公開済み・下書き)が464記事ありました。

そのうち、リストラ対象である旧ブログ(2015年12月中旬以前)の記事数は、310記事でした

そこで、旧ブログ記事たちの運命を、3ランクに分けました

読むに耐えない、ツイッターのつぶやきのような何の役にも立たないダメ記事
→ゴミ箱行き&削除。

古くなって価値はないけど、自分の軌跡にはなる記事
→圧縮整理して1年分にまとめる。

旧ブログとはいえ、気合を入れて書いてあり、いまでも役立てる優良記事
→そのままにしました。

たとえばそのままにしたのは

Lubuntuの設定(2)おすすめソフト
LubuntuソフトウェアセンターでUbuntuと同じソフトがすべて入手できる上に、さらにもっといろいろな無料ソフトを使...
Lubuntuユーザーを対象にしたので、とても対象者が少なく、地味だけど、これならユーザーに向けて自信をもって書いたので、よしとします

圧縮整理して1年分にまとめたものは、ここに移しました
https://tabi1.com/category/old-blog

すなわち、記事自体は削除はするけど、その記事はそのまま移してしてひとつにまとめる。雑多な記事だけでなく、2010年のタイインドシナ放浪や、インド出発準備計画なども合併しました

諸手をふるって削除し、そしてどれだけ削除できたか

たびいちドットコム 削除と合併後の記事数
すべて
464 から 328

そして、肝心の旧ブログの記事数は
310 から 173

これで46%の削減になりました

まるで市町村合併ですね

そして!アクセス数はというと、自分でアクセスしたPVだと意味が無いので、
見に来てくれた「ユーザー数」で確かめてみると

まあ、少しだけど、上がってました!

まとめ

ということで、ダメ記事はNIするまでもなく、さっさと削除する。

人気ないけど残したい記事の場合は、表舞台から退場させて、何十個の記事をひとつにまとめてアーカイブにすればいい。(アーカイブだけNIをする)

https://tabi1.com/category/old-blog

これならNIを使わずとも、ダメ記事を圧縮できてリストラできるし、リストラすればサイトの価値も高まる。

しかもじゃまなダメ記事も残らずコンパクトになるわけなので、NIを使う必要が全くない。

さいごに

No indexをするぐらいなら、記事をリストラせよ!

238 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*