たびいちの著書「STK 1」公開決定!~なぜ無料公開を決意したのか~

ついにやります!フリーミアム!
これまで一部の人しか知られておらず、

長らく秘密と謎につつまれていた、

たびいち(アフロあきら)の世界一周の詳細。

たびいちは具体的に世界中でどんな旅をしてきたのか?



その全貌を、ついに公表する事にしました!

たびいちは、2000年に125ccの小型バイクで世界一周をしました。

125cc世界一周
AROUND The WORLD  By SMALL MOTO   2000 - 2001  60000km STK 1 ...

翌年2001年に世界一周を終えた後

「この世界一周の冒険を本にしよう!」

と帰国後半年かけて手書きで原稿用紙442枚(230ページ分)にわたる旅行記「STK1」を執筆しました。

そして

「出版のあかつきにはトラベルライターになるぞ!」

と鼻息をふがふが荒くしてたわけです。

ところが、何社かの出版社に一冊の本として書籍化できないかと原稿用紙の束を送ったものの、

出版すると費用が百万円以上かかるというので、断念。

現実は甘くない・・・

もっともそれだけの大金があれば、また1年ぐらい旅が出来るしね。

その後、元手が0円ということで、

STK1は2005年に「まぐまぐ!」にて有料のメルマガとして販売しました。

出版不況の時代で、ネットで販売と言うのは2005年と言う時代に合った手段でした。

だけど結局読んでいただけたのは若干名。

当然収入も入ったか入らないかの微々たる物で、つまり友人や仲間内でしか買ってもらえないことが判りました。

「それだったら、無料で公表したほうがいい」

とメルマガ購入者の一人でもある仲間からも言われたのだが、

書籍化を目指して半年も費やして書いた労作を、やはりそう簡単には無料で公表したくはなかった。

書籍化が無理なら、有料メルマガやクラウドファウンディングといった、

最新の時代の流れに乗った手段でマネタイズをした。

しかし、このたび「たびいちドットコム」というみんなのための情報サイトができたこと、

そして、無料で公表しても、多少なりても収益化できる事がわかったので、

この機会を持って惜しみなく公表する事ができました。

すなわち、アプリのゲームと同じ、「フリーミアム」化です。

windows10とたびいちドットコムに共通する事

たとえばマイクロソフトの場合、windows7のあと、8をリリースしたものの、きわめて不評だった。

すぐそこにはアップルやグーグルなどのライバルも控えている。

そして、MSの取った決断は、無料でWindows10をリリースすることだった。

つまり、MSはOSのライセンス販売で収益の軸にしてきたけど、時代も変わり、無料サービスが増えているので、いつまでもそんな前世紀的なやり方では通用しなくなっている。

ならばOSのアップグレードを無料化したほうが、既存ユーザーの囲い込みが出来る。

ライセンス収益にならない代わりに、MSはグーグルなどと同じく広告収入等で収益化することに舵を変えたのでしょう。

なので

私がかつて有料で提供した記事も、たびいちドットコムではついに無料で公表します。

なぜなら、収益やお金のこと以前に、

労作を自分の殻の中に閉じ込めてる方がもったいない!

そして、我が世界一周旅行記を盛大にオープンにすることによって、自分がどんな事をしてきたのかも気軽に、具体的に知ることができるので、たびいちドットコムに、より多くの読者を呼ぶ事だって出来る!

しかも世界中、どこでも読むことができる!

これこそが、ユーザーのためを考えた、ユーザーフレンドリーだと思います。

第一話は、4月中旬公開予定!

ど根性の、若さと青春全開の世界一周大冒険!

どんな話しが飛び出すか、こうご期待!

901 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*