旅芸人が夢だった ちょうどキャンプしながら思う事

スポンサーリンク

めずらしくリアルタイムの記事です

今夜もテントの中。手をかじかませながらPCで書いてます

中学生のころの夢は、旅芸人だった

日本全国をどさまわりをする。

しかし、徒弟制度や下積みなど、実際には現実的ではなかった
旅芸人のように自由に生きるというのは、夢のように思っていた

そして30年経った今、気が付けば旅芸人のように生きている

旅さきでいろんな人たちと出会い、輝かしい日々を送っている

ハイテクが進化したおかげで、自由に旅をしながら仕事をすることが可能になった

ハイテクで快適なバイクやパソコンやスマホやインターネットのおかげだ

スポンサードリンク

今夜もキャンプ。とある川沿いの空き地。

静かで落ち着くいい場所だ

日本や世界各地をキャンプしたので、この旅でもキャンプ地探しもうまくなり、夕食づくりも手際よくできるようになった

食後しばらくして、輝く星空とキンと冷え込む中、紅茶のティーバッグを入れたコップに、マホービンに入れたお湯を注ぐと、ゆるキャン△のシマリンの気分のような、この上ない仕合わせなほっこりする気分になる(といいつつ、ゆるキャン自体は見たことないけど)

各地をキャンプしながら巡業するサーカスの一座のようだ。

子供のころに持っていた、小さな夢。自由な生き方。

僕の夢がかなったのだ

316 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加