’18 世界の大瀑布・ヴィクトリア詣と自転車冒険女子大生

Sayonara 2017! Welcome 2018!!

おめでとう!今年も日本の家で新年を迎えています。

昨年11月から連載しているアフリカ二輪旅シリーズですが、

9年前の正月は初詣ならぬ、世界遺産でもあるビクトリアの滝詣でをしました。

新年は、とても縁起のいい、世界最大級の大瀑布をお楽しみください。

上流から見ると、水煙がたちのぼっている

1月4日に再訪したときは、天気も良く虹が見えた。

これがほんとのレインボーブリッジ

ということで、

あけましておめでとう。

今年一年、2018年も、

たびいちドットコムをよろしくおねがいいたします

日本一ワイルドなJD!?

ところで、過去の記事を見るとわかる通り、私がなぜ大みそかまでにリビングストンにたどり着くことにこだわっていたのか、というと、それにはわけがある。

山崎美緒(山田美緒)さんというスゴイ子がいた。

スワヒリ語専攻の女子大生だった彼女は、2004年8月にケニアを出発し、05年1月にかけて、日本人女性で初めてケニアから南アフリカの5000kmを自転車で単独縦断したというレジェンドを持つ。

彼女はその何冊か出版したのだが、どんな本なのか、どんな人なのかはここを押すとして

我がアフリカ二輪旅の出発前に、ちょうどこれから自分が辿るコース(ナイロビ~ケープタウン)を経験したということで、みおちゃんからいろいろとくわしいアフリカの話を何度か聞いたことがある。

彼女は、2004年の大みそかにリビングストンのジョリボーイズという宿で新年を迎えたというので、

ならば自分も2008年の大みそかは同じようにジョリボーイズに行き、元旦はビクトリア滝詣でをしてやろう、と思ったわけだ

2005年と2009年の年越しの瞬間

当時、みおちゃんはカウントダウン前はプールサイドにいたようで、著書には

今年は満点(アフリカ旅の自転車のこと)がんばったもんな~。でも、まだまだ。もう動きませんてくらいになるまで、満点に乗りたい。

いよいよ年が明ける。宿のプールサイドでわいわい待つ。

10,9,8・・・・とみんなカウントダウンしているときに、花火の音がした。あらら。

「3,2,1!!」と勝手に数えてプールに飛び込むっ!

おめでとう!2005年!

引用:マンゴーと丸坊主―アフリカ自転車5000km!

と新年を迎えた。

しかし私の場合、ちょうど4年前と同じく、カウントダウン前の夜のプールを見たけど、

そのプールサイドにはほとんど誰もいなくてシーンとしていた。

これがちょうど4年後の姿なのか、と思うと、さびしい。

そして、

”年明けソバ”を食べて、「クラブに行くよねっ!!」とノリノリのフランシスコ・ザビエル似のドイツ人に誘われ、クラブに行く。

さすが元旦、新年を祝う地元っ子で通りまでいっぱい!

警官が大量に出動してる。酔っ払ってからむ人がいるようで、ケガしてる警官もいる。ご苦労様です。

「ハッピーニューイヤー!」と知らない人同士、ハイタッチしたり握手したり、抱き合ったり、目が合い一緒に踊ったり、と楽しい~!しばしノリノリに踊る♪

楽しい1年の始まり!

引用:マンゴーと丸坊主―アフリカ自転車5000km!

その後一人でリビングストンの街に出て、

2009年の瞬間を街で迎えた。

たしかに同じようにリビングストンの町はまだ盛り上がっており、まるで渋谷みたいでもあるが、しかし調子に乗った酔っ払いの車が、街中を蛇行暴走運転していて非常に危なかった。

日本なら即通報、免許取り消し&牢屋行きになるのだが、ザンビアでは無礼講ですむのだろうか。恐ろしい。

4年前も、警官がケガをしていたというから、実に気の毒!

飲酒運転を忌み嫌うようになった日本は、まともな国だなと思った。

で、そんな日本一ワイルドな女子大生みおみおは、

2017年現在何をやってるのかというと、

なんとだんなさんとアフリカの奥地・ルワンダで日本料理店を経営しているということ。

平凡な人間にとって、あまりにもついていけないぐらい離れ業のようなすごいことをみおみおはやっているのである。

正月早々、お引越し。やっと正月休み。

8:30起床・元旦の朝をアフリカ奥地で迎えた。

みおみおの著書によると、ジョリボーイズには庭にマンゴが落ちているというので、確かにマンゴが庭中あちこち落ちて転がっていた。いそいそとマンゴを拾い集めてからチェックアウト・出発。セコいけど、元は取れたぜ~

正月早々、ジョリボーイズバックパッカーズから、町から離れたキャンプ場に引っ越しする。このキャンプ場はリビングストンの市内とビクトリアの滝の中間にある。

師走の言葉通り、大みそかまでにザンビアに着きたいといっしょうけんめい走ってきたので、今日はのんびり。ジョリボーイズとちがい、広いキャンプ場は静かなので、ひさびさの休息にはうってつけ。まさに正月やすみだ。

夕方、いよいよ世界遺産のビクトリアフォールズ見物。すごいすごいと滝見物。

ジャングルを下ると、ボブ・サップそっくりの上半身裸むきむきの黒人男がいた。新年なのに、大みそかの格闘番組である

そうして、キャンプ場に戻りシャワーをあびる。

夜、ズボンもリュックサックも臭いので洗濯。

21時からパソコン。電源もあるのでテントの中へ引き込む。LEDヘッドライトを着けながらPC画面を見る。PCでレトロゲームを楽しむ。満たされた気分で上々。それでも22:40に眠くなったので、寝る。

※私が使っていたヘッドライトはこれです。たった単三電池一本で稼働なので、軽くてとても便利。現在もこのシリーズを愛用中。

朝食 マンゴ 昼 ラーメン2個 夕食 ココナツビスケット

走行61㎞

1月2日

7:40起床。
あまり天気はよくなかったが、12:30には昨日洗った洗濯物が乾いた

町へ出ると、日本人観光客も来るせいか、闇両替からコンニチワといわれる。

ボツワナにいたときはニーハオ一辺倒だったのに。でもここでも大方はチャイニーズと言ってくる

ネットカフェ。80分ほどやって13500クワッチャ。(300円)

24時に寝る。

こうして、2001年はボリビア・ラパス、04年はシドニー、05年はタイ・チェンマイ、そして09年ザンビアで4回目の海外での新年を迎えたのだった。(2015年はデリーで新年)

452 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*