その他 (まとめ) インクリボン PR201/87LA-01 汎用品 黒 1本 【×5セット】 ds-2222480 インクリボン
その他 (まとめ) インクリボン PR201/87LA-01 汎用品 黒 1本 【×5セット】 ds-2222480 インクリボン
2270197-4275
6,364円 11,364円

●【メーカー名】ノーブランド
●【型番】PR201/87LA-01
●【ご注意事項】
●・この商品は下記内容×5セットでお届けします。
●ワイヤードットカセットインクリボン(汎用)D700JX3はご利用できません。
●種類:汎用ワイヤードットカセット
●色:黒
●対応機種:PC-PR201/87LA、PR-D201JX、PR-D201XX、PC-PR700JH、PC-PR700JX、PC-PR700XH、PC-PR700XX、PR-D700JX、PR-D700XX、PR-D700JX2
●本商品はお取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。
●誠に恐れ入りますが、何卒ご了承ください。
●また、以下の場合には追加送料がかかる場合がございます。
●・沖縄、離島および一部地域への配送時
●・同梱区分が異なる商品の複数購入時
●【出荷目安】:1 - 5営業日 ※土日・祝除く
●【同梱区分】:TS 1
●【梱包サイズ】:通常商品
●システムの仕様で配達日時を指定出来る場合がありますが、配達日時の指定は出来ませんのでご了承ください。
●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。【代金引換払い】【お届け時間指定】【店頭引き渡し】はご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。
●お客様都合によるご注文後のキャンセルは『不可』となっております。またお届けしました商品のお客様都合による「返品 交換」も行っておりません。
PC周辺機器>インクカートリッジ>その他カートリッジ>その他ds2222480
こちらの商品の送料区分は「100」です。
LeTRONC

EDIT ・ POST

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識

東京都 > 表参道・青山

その他 (まとめ) インクリボン PR201/87LA-01 汎用品 黒 1本 【×5セット】 ds-2222480 インクリボン

【法人送料無料・即日発送】EPSON(エプソン) LPC3T10M(マゼンタ) リサイクルトナーカートリッジ

取寄品 Crossfor New York クロスフォー NTBR-001 Sparkle シルバー 腕飾り 腕輪 テニスブレスレット #8801390 ブレスレット レディース アクセサリー ジュエリー 送料無料

アートを通して鬼の正体に迫る!「鬼と仏像展」

鬼の陶器立体作品(松本慶一郎氏)

芸術性の高い仏像の展示で人気のイスム表参道店・仏像ワールドギャラリーで開催されている「鬼と仏像展」では、様々な鬼に関する作品が並びます。一見、恐ろしいイメージの鬼も、作品では人間味のある愛らしい姿で私たちを引きつけます。また、展示では、鬼の謎に迫るパネルを展示。鬼は、漂着した西洋人という説や大和民族とは異なる文化を持った辺境の先住民族の蔑称といった説があるなど、知識欲をくすぐる情報が。

鬼はなぜ赤と青? 角や虎の皮の由来は?

オーツカ ラウンドシリーズオーライトF OLIGHTFX4

昔話に出てくる鬼のイメージといえば、肌が赤く角が生えて、虎の毛皮をまとい、金棒を持った姿。赤鬼・青鬼の色については諸説あり、そのうちの一つは仏教思想において人間が克服すべき煩悩である「貪欲」と「怒り」が、それぞれ赤と青で表現されているというもの。また、鬼が角を持つようになった経緯には、諸説あるそうですが、最もメジャーなのが「鬼門に居座るため」だそう。鬼門にあたる丑寅の方角にいるため、牛(丑)の角をもち、寅(虎)の皮を身につけているのだとか。ちなみに、かの有名な昔話『桃太郎』は、鬼を避けるために鬼門の方角に桃の木を植えたという風習に由来するという説も。

その他 (まとめ) インクリボン PR201/87LA-01 汎用品 黒 1本 【×5セット】 ds-2222480 インクリボン

鬼瓦家守

鬼瓦と言われる、社寺や日本建築の邪気を祓い、そこに住む家族を守る役割を持った瓦も展示。“鬼師”と呼ばれる職人が丹念に仕上げた鬼瓦は、魂が宿った迫力ある表情で、どことなく鬼師に似た雰囲気が感じられます。空間デザインを損なわないサイズ感なので、本来の用途以外にも、インテリアとして飾っても素敵です。

【期間限定】コニカミノルタ用 TN321Y トナー イエロー リサイクルトナーカートリッジ 【現物再生品】 ※使用済みカートリッジが先に必要になります 【沖縄・離島 お届け不可】

出典:『「仏」と「鬼」の謎を楽しむ本』(グループSKIT著PHP研究所)より一部抜粋。

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

人気のキーワード

TABI1.COM RSS