ケニア沿岸部の旅・イタリアなマリンディ

2月18日

港町モンバサの後は、首都ナイロビに行こうかとも思ったが、せっかくなのでこのままケニアの沿岸部を行くことにします。とりあえずラム島方面に寄り道。

8時20分起床、9時45分チェックアウト。

モンバサを出発。途中のネットカフェ。ビーチにも近いこともあり、かっこも割と派手目。地味なマラウィとはちがう。

国道は海寄り沿いなので、バーもよく目にする

120kmほど進み、マリンディという地方都市に到着。このあたりではイタリア語が多く目につくが、

やはりイタリア人向けのリゾート・奥座敷でありつつ、天下のイタリアンマフィアの高飛び先でもあるのか、いかにもゴッドファーザーみたいな男を見かける。

イタめし屋は見あたらなかったので、中庭のある庶民向けレストランで昼食

スパゲッティ90円があったが、切らしているとのこと

よって、いつものローカル食。ンシマ50円、ビーフシチュウ150円、玉子2つ分の玉子焼き50円、Tea 30円

このあと、健康の意識高そうなカフェで、コンブチャというのがあるので注文してみる

といっても、昆布茶ではなく、紅茶キノコだった。75円と高いが

飲んでみたが、

う~、まずい!もういらない。おかね損した。

その夜は田舎の村Wituに到着。

夕食は、100gのビスケット30円と、ペットボトルのジュース200ml 22円。

村の売店は、マツキヨのような品揃え。

安宿は値段は激安。そのぶん質も激安。

単車は置けないので、店の外にて見張り人(というかホームレス)に50シリングで一晩見張ってもらうことになった。

部屋は電気が通ってなくローソク。なのに階下のビデオ映画館?が丸ぎこえで、その見事なうるささが発展途上国クオリティ。

バスルームが汚い!臭い!鼻を突くアンモニア臭を嗅がされながらシャワーを浴びた。
でもそういう辛い目にあってこそ、人間ってタフになっていくんだよなあ。修行だ修行!

走行345km

2月19日

7:20ごろ起床。しかし未明の4:44に村内放送からアザーンが流れて、その時目がさめた。

田舎の宿で迎える朝。気温28度としのぎやすい。

わが愛車は、ホームレスが一晩添い寝していたので、無事にあった。GJ。まあここは田舎だし。

Wituからラム対岸行きの道は、半舗装だったりフラットダートになり、きつい道だった。

9時22分、68㎞走り、ようやくラム行きの港に着いたが、町も舗装されてない。

しかし郵便局は風情があった。ムスリムが多いようだ。

港は、RPGのような風情

しかし、ラム島行きの船は、いつ来るのか、出港するかも不明で、めんどくさくなってきた。不便そうな気がした。物価も高そうだし。天気も良くなく、ディアニほどのきらめきはないかもしれない。

ということで、ここまでくればもう充分満足。引き返す。

11:14、Wituに戻る 138㎞走行

14:35から15:18までマリンディ。293㎞走行

その夜19:25にモンバサに戻り、同じホテルに泊まったのだった。

チェックインて夕食後は間髪入れずに洗濯。忙しい。寝間着も煙臭く、肌着もズボンもダートで汚れていた。

21時40分、終わる。やっと自分の時間が取れた。パソコン。1:30寝る。

朝 マンダジ2個 15円 ジュース15円

昼 マリンディでは昨日と同じ店で、同じ昼食を食べた。285円。

夜 ホットドッグ105円 コーラ1L 68円(瓶のデポジット30円)

走行427㎞

541 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*