賞味期限が2年以上過ぎたレトルトごはんを食べた結果

スポンサーリンク

常識をぬりかえる!?究極のチャレンジ企画!

今回は、なんと!賞味期限2年も過ぎたレトルトライスを食す!

家の奥に眠っていたレトルトのパック。2年も経ってるので、さすがの私でも少々不安ですが

さあ、果たしてどうなるんでしょうか?

レトルトライス入場!

ひさしぶりに日の目を見た「たきたてごはん」です

賞味期限は、2017年4月4日!2年4か月以上経過してます

製造年月日は2016年10月4日なので、

期限切れからさらに1.5倍ぐらい経過してます。

開封の儀!禁断の封印を解く!!

いよいよ緊張の瞬間です。

おそるおそる開けてみると

密封されてるので、

特にカビなどは生えてない様子。変色もなし。臭いも、腐敗したような臭いなし。

しかし、実態はいかに!

ということで食べます。

1分半電子レンジ。できあがり

さあ、お味は?

スポンサードリンク

食べてみると・・・

米ぬかの匂いが強くなった感じだろうか。

米ぬかの匂いが「主張する」という感じ。

でももっちりしてて食感は抜群。

ちょっとのにおいを除けば、うまい!!

丸めてみると、タイのカオニャオ(もち米)と同じぐらいの粘度で、より食感が増します

その後の体調は?

そして、食べてから2~3日経過してみたものの

・・・・

問題なし!

注意

経験上、賞味期限をちょっとオーバーしたくらいなら、風味も変わらないことが多く、喫食にまったく問題ありません。

しかし、あまりにも何年も、何十年もの超超過したものだと、必ずしも安全とは限りませんので、喫食に責任は持てません。自己責任で行ってください。

食べてみて、もし明らかに異常な違和感を感じたら、食用を中止してください。

ところどころ変色していたら、もちろんアウトです。

企画の意味 海外経験と、平成の米騒動のブレンド米

これまで賞味期限切れの平気で食べまくってきた、「不可能をある程度可能にする男」たびいちですが、

なぜこんなキワモノ企画をしたかと言うと、

日本や世界のフードロスを減らすためです

私は昭和の子供だったので

「食べ物をムダにしてはならん」

と言われて育ってきました

しかし、アフリカでは食べ物が無く飢えてやせほそって死ぬ子供がたくさんいるのに、日本は捨てるほど飽食している。

そして高校時代にあった平成の米騒動。

いまの若い人は知らないと思うけど、コメ不足の時は「ブレンド米」しか売ってなく、そのブレンド米は、サラサラのタイ米が混じってるので、おにぎりにすることすらできなかった。冷めるとパラパラして、正直おいしくなかった。

でも、タイ米はまずいだの、あげくの果てに山の中にまかれたりするなどでニュースになり、コメが不作だと泣きついてよそ様の国から輸入しておきながら、まずいだのすてるだのとひどい扱いを受けている。

「なんて金持ち日本人はおごり高ぶってるんだ!」と鉄拳パンチをくらわせてやりたかったですね

ただ救われたのは、当時の学校の友人らも結構自分と同じ考えだったことだった。

そして2004年、シドニーの日本雑貨店で働いていたときは、

日本のお菓子や食材が半額で売ってたんだけど、

それは「賞味期限切れのため」

「賞味期限近し」ではないですよ、ズバリ「賞味期限切れ」ですよ

外国なので、当然日本のものは、日本のように手に入りません。日本の食材は貴重ですからね。

それを半額で買いまくって私は「うまいうまい」といって食べてたわけです

賞味期限が過ぎてもまだぜんぜんおいしく食べれるのだ、ということをより確信した次第です

そういう事実を知っていただければ、と思いました

480 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です