人類史上の大発見!?タンザニアの田舎で、マンガ喫茶を発見!

きのうの「アキバ銀行」に引き続き、ヲタクなるネタ第二弾!

それが「まんが喫茶」です!

タンザニアのまんが喫茶は、一体どんな形態なのでしょうか。

1月31日

6時には目覚めたが、二度寝して7時40分起床。テントを回収し、9時10分ごろ出発。行きつけの食堂で食事の後は、ケニアに向けて北上する。でも寄り道して、パンガニと言う海辺の町をめざす。

バガモヨの町に到着。バガモヨ!と叫びたい。

主要道を外れると、ダート&田舎の道になる

この道を降りると、小さな海辺の町・パンガニに到着する。

18時43分ごろ、パンガニに到着。19:20宿に投宿。

パンガニまでの50kmはダートだったので、とにかく体中砂だらけ。ただパンガニの町中のメインストリートは舗装されている。

投宿した時は停電中だったが、しばらくして復旧していっせいに明るくなると、歓声が聞える。やっぱ電気はありがたい。日本にいると電気があってあたりまえなので、電気のありがたみを感じない人も多いのではないか

ありがたい電気があれば、PCも使えるし、電池も充電できるぞ、と思ったら部屋にコンセントが無かった。がっくり。

夜の街で買い食いする。ムシカキという焼肉。焼き鳥のように串刺しにしてあるが、串はなんと自転車のスポーク。ワイルドである。

同時に玉子焼きとポテトを食べる。これぞタンザニアのファストフードだ。でも野菜が不足する。あとはアラブ人の商店でお菓子などを買う。ズボンと肌着、ジャケットを洗濯。

朝 インド風カレー定食・カレーならぬかれいのから揚げ 200円

昼 油菓子 チャイ

夜 ムシカキ8円 10本 ストレートチャイ8円 玉子焼きケチャップチリソースつき 40円

走行360km

お待ちかね・まんが喫茶

ということで、昼頃、噂のまんが喫茶に入りました!

どんなまんが喫茶なのかと期待してみると、

さすがはタンザニア、ここのマンガ喫茶は炭火で茶を沸かします


お菓子はというと、

1キレ8円の油菓子(ドーナツ風?)

そして喫茶店なので、出てくるのはもちろんお茶、と言ってもチャイ(24円)です。

そして砂糖の上には、黒い豆が乗っています。

黒い豆を載せているということは、

タンザニアでは健康にいいからそうしてるのかな?

と思ってたら

黒い豆ではなく、

ハエでした・・・・

さて、「いったいどこに漫画があるんだ!」というツッコミが聞こえてきそうですが、

実は、

この漫画は、

というと・・・

そう!

MANGA村なので、

マンガ村にある野外喫茶店。

これぞ正真正銘の「マンガ・喫茶」だ!!

ちゅうことで、MANGA村にふさわしい、マンガのような村人もいたことだし

こうしてマンガ喫茶を堪能して、マンガ村をあとにするのでした。

457 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*