「 内陸アフリカ諸国 」一覧

アフリカの奥座敷・マラウイ湖のンカタベイで大バカンス

アフリカの奥座敷・マラウイ湖のンカタベイで大バカンス

風光明媚なマラウイ湖の、コンパクトな素朴な港町・ンカタベイ。 3ヶ月ぶりにンカタベイに戻り、 Big Blu...

記事を読む

マラウイ北部 神も怪しむ交際疑惑と、謎の東洋人があらわれた!

マラウイ北部 神も怪しむ交際疑惑と、謎の東洋人があらわれた!

マラウイ北部の州都で中心都市ムズズは、体がかゆくなるような地名の小さな町です。 ムズズに到着した夜、マーケットから...

記事を読む

マラウイ再入国 美しいマラウイ湖と、山奥の天空の町リビングストニア

マラウイ再入国 美しいマラウイ湖と、山奥の天空の町リビングストニア

その山の奥に向かった先には、どこか現実離れした不思議な世界がありました。 ということで、東アフリカ編を終えて、行きのときと...

記事を読む

スポンサーリンク
マラウィ北部から国境へ もっともワイルドな昼食

マラウィ北部から国境へ もっともワイルドな昼食

1月24日 7:40起床。ここでは毎晩よく眠れたが、最後の夜はかゆくて少し眠れなかった。ダニがいるのだろうか。あと何日か居たか...

記事を読む

マラウイ湖 ンカタベイの湖畔のバンガローは快適

マラウイ湖 ンカタベイの湖畔のバンガローは快適

日本で「マラウイはどこにある?」といっても、答えられる人は何人いるかわからない非常にマイナーな国・マラウイ。首都リロングェから、...

記事を読む

マラウィ入国・首都リロングウェの写真と奇怪な安宿

マラウィ入国・首都リロングウェの写真と奇怪な安宿

アフリカの奥座敷・マラウイ。日本ではほとんど知られてない国ですが、いったいどんな国なのでしょうか? 国境の出入国について:...

記事を読む

ザンビア東部・単車の値段と、食堂のにごった生水

ザンビア東部・単車の値段と、食堂のにごった生水

アフリカ・ザンビアの自動二輪の店の情報と、首都ルサカからマラウイ国境までのルートについて書きます まずは単車の話 ルサカの旅...

記事を読む

にせ札事件発生!ルサカは苦難のデパートだった

にせ札事件発生!ルサカは苦難のデパートだった

パンクしたまま140キロの道のりを6時間かけて走り、心身が何倍も疲れながらも、首都ルサカに戻った。 しかし、ここからがもっ...

記事を読む

60年代の懐かしいレトロな街並み!ザンビア北部の銅の町へ

60年代の懐かしいレトロな街並み!ザンビア北部の銅の町へ

この日はルサカから北のCopperBelt(カッパーベルト)に寄りました。 その名のとおり銅山を中心とした工業地帯で、19...

記事を読む

ザンビア首都・ルサカ到着。街の写真と、日本にはない日本の看板

ザンビア首都・ルサカ到着。街の写真と、日本にはない日本の看板

カリバ湖を出発し、途中で雨宿りをしながらも、夕方ルサカ到着。 すぐYWCAに泊まる。宿代は1760円と高いので予算...

記事を読む

ザンビア西部・田舎の村。アフリカの瀬戸内海・カリバ湖

ザンビア西部・田舎の村。アフリカの瀬戸内海・カリバ湖

1月7日 1週間いたビクトリアフォールズの町・リビングストンに別れを告げ、 首都ルサカへの国道を進む。 だが、...

記事を読む

ドイツ人は、アフリカで一体どんな旅をしているのか?

ドイツ人は、アフリカで一体どんな旅をしているのか?

地球の裏側で偶然ばったり。日本以来の再会! 1月6日 昨夜は体調不良で苦しんだのだが、朝起きたら舌のいたみが直っていたのには...

記事を読む

ザンビアの佃煮の味と、ワイルドで極楽なアフリカキャンプ生活の実態

ザンビアの佃煮の味と、ワイルドで極楽なアフリカキャンプ生活の実態

たとえ狭いテント生活でも、天気とまわりの環境がよければ極楽のようなキャンプ生活になります! そんなアフリカのキャンプ野宿生活を...

記事を読む

’18 世界の大瀑布・ヴィクトリア詣と自転車冒険女子大生

’18 世界の大瀑布・ヴィクトリア詣と自転車冒険女子大生

Sayonara 2017! Welcome 2018!! おめでとう!今年も日本の家で新年を迎えています。 ...

記事を読む

これぞ本当のアフリカ・ザンビア入国!リビングストン

これぞ本当のアフリカ・ザンビア入国!リビングストン

これまでの南アフリカとボツワナは、アフリカの中でも比較的裕福で先進的であった。 しかし、その「先進的なアフリカ」から、「本当の...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280
336×280