「 東南アフリカ諸国 」一覧

モザンビーク首都・マプトは危険がいっぱい

モザンビーク首都・マプトは危険がいっぱい

モザンビークの旅も終わりに近づき、もうすぐ首都マプート。ふと振り返ると、ベイラから約1200キロ。思えば遠くから来たもんだ。 ...

記事を読む

モザンビーク・海岸線沿いを南下する マシシェ・シャイシャイ

モザンビーク・海岸線沿いを南下する マシシェ・シャイシャイ

楽しかった中部の都市ベイラを出て、首都のマプトを目指す。 5月23日。ベイラを出発前に、ジーニョの家に行ったが、本人はいな...

記事を読む

モザンビーク・ベイラ 内戦とダメタイヤと緯度経度が取り持つ縁

モザンビーク・ベイラ 内戦とダメタイヤと緯度経度が取り持つ縁

内戦の跡が残るものの、ボサノバを聞きながらビーチを歩きたくなる街。そんな晩秋のベイラの話です。 トンデモタイヤにかちあう 5...

記事を読む

スポンサーリンク
モザンビーク・ベイラの海とボサノバ ~ジェントルからラテンの国へ

モザンビーク・ベイラの海とボサノバ ~ジェントルからラテンの国へ

モザンビーク第二の都市で、中部に位置する港湾都市のベイラは、内戦とラテンの残り香を感じる町でした 2009年5月20日...

記事を読む

世界一客が少ない世界遺産?グレートジンバブエ遺跡を見学してみた

世界一客が少ない世界遺産?グレートジンバブエ遺跡を見学してみた

グレートジンバブエ遺跡は、ジンバブエの国名の基となった、ジンバブエが誇る世界遺産の遺跡です。いわば埼玉県のさきたま古墳群と同じで...

記事を読む

ジンバブエの危険ながらも美しき首都・ハラレを撮る

ジンバブエの危険ながらも美しき首都・ハラレを撮る

首都ハラーレは、高層ビルの並ぶ近代的な大都会。経済崩壊後の2009年5月に来たところ、しっかり経済を取り戻しつつあるようでした。...

記事を読む

経済崩壊国家ジンバブエの魅力的な街道 ムタレから首都ハラレ

経済崩壊国家ジンバブエの魅力的な街道 ムタレから首都ハラレ

経済崩壊国家なのに、どこか景観が美しい。そんなまたもや摩訶不思議な国、ジンバブエの旅です。 5/14 6時半起床。昨...

記事を読む

伝説の100兆ドル札の国・ジンバブエの意外な一面・ムタレ編

伝説の100兆ドル札の国・ジンバブエの意外な一面・ムタレ編

今回の旅で最大の鬼門だったジンバブエ。 それは、この国は白人追放政策をした結果、経済破綻してしまい、めちゃくちゃな...

記事を読む

モザンビークでスリに会った! テテ~マニカ・地雷街道を行く

モザンビークでスリに会った! テテ~マニカ・地雷街道を行く

ついにやられた。もう日本に帰りたいと本気で思う。本当に帰りたい。 そんな事件に出くわしたテテの町と、ジンバブエ国境までの巻...

記事を読む

モザンビーク入国 これまでにない独特な国だった。

モザンビーク入国 これまでにない独特な国だった。

モザンビークは、これまでやってきたアフリカ諸国とは異なり、唯一ポルトガル語が公用語の国。そして事前にビザが必要な国。一体どんな国...

記事を読む

近代的なマラウイ南部2 州都ブランタイヤと洗面器定食

近代的なマラウイ南部2 州都ブランタイヤと洗面器定食

マラウイ南部の州都、ブランタイアに到着 ブランタイヤはこじんまりとしながらもマラウィ最大の近代都市で、マラウイ中部の首都リロン...

記事を読む

近代的なマラウイ南部 1 アフリカのプリクラと「謎の寺」を発見

近代的なマラウイ南部 1 アフリカのプリクラと「謎の寺」を発見

マラウイ縦断!アフリカのプリクラってどんなもの?ケープマクレアを後にして、いよいよマンゴチやゾンバなどの南部へ向かいます ...

記事を読む

あなたはどう感じる?ケープマクレア情報

あなたはどう感じる?ケープマクレア情報

美しいけど、物価が高くなって敷居が高くなってしまった、 マラウイ湖の岬のリゾート・ケープマクレアの話です。 ...

記事を読む

仰天!世界でいちばん奇妙で変な国境に行ってみた

仰天!世界でいちばん奇妙で変な国境に行ってみた

気がつけば、そこはよその国。気がつけば、異邦人。 国境線には縁のない日本ですが、世界に出るとそんな我々の常識を超えた、ぶっ...

記事を読む

マラウィ首都リロングウェはどんな街?仲間とまったりビザゲット

マラウィ首都リロングウェはどんな街?仲間とまったりビザゲット

3か月ぶりに戻った都市・リロングェ。 思えば1月に初めてリロングェに着いたときは、「奇怪な安宿」の通り、孤独でいやなことば...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280
336×280