日常生活

日常生活

努力の空回り「十円倹約するために「一万円」くらい損をしてる」

いまになって、その意味が身に染みた。 それは、2020年12月に、友人である芸術家・緒方敏明さんから 「アフロさん(たびいち)は、十円倹約するために、「一万円」くらい 損をしてると おもいます。」 と言われた それは、 ...
日常生活

たびいちの日常とつぶやき 3月編

たまにはたびいちの日常を垣間見せしやす。 脈略のないオムニバス方式です 「2023年3月から4月にタイに行くかも」 今年ではなく来年の3月4月ね。行けるとなれば、4年ぶりの海外なので、封印が解かれて超いい 現在、コロナ社会な...
日常生活

山奥のニートに思ったことと、たたかうことの意味とは

きのうのつづきになりますが 先日の日曜日、テレビで山奥ニートのドキュメンタリーを見ました 自分は山奥ニートの事を事前に少しは知っていたので、面白かったし楽しめて良かったけど、やはり賛否両論あったみたいね。 エゴサーチすると...
日常生活

2022年2月22日のつぶやき ニートな世界二輪旅組合20年の遷移

今年は2がいっぱい! 2月22日と言えば、にゃんにゃんにゃん にんにんにん 2月22日と言えば、ズバリ、この曲でしょう ということで、 Neatといえば、ズバリ、ニートですよね 先日の日曜日、テ...
日常生活

【復刻】魁!アフロ部 ~その2・アフロかつら品評会

アフロかつら品評会 しかし、サンパウロで買った元祖アフロも、いつの間にか「サザエさん・ボヘミアン」状態になってしまい、使い物にならなくなってしまった。 2001年6月、LA のハリウッド。世界のハリウッドだし、黒人も多く...
日常生活

【復刻】魁!アフロ部 ~20年前はこんなくだらない記事作ってた~

ちょうど20年前の2002年1月31日、たびいちドットコムの前身サイト「STK 1」にて、魁!アフロ部という記事を作りました それまではSTK 1は世界一周の記事一辺倒だったが、せっかく世界一周したのに、普通にやると人々の記憶に残りづ...
日常生活

‘22! 2022年をどう生きる? 今年の初夢はいかに?

あけましておめでとーうございます! 2022年でもう令和4年となり、年月立つの早いなと思った次第です 思えばちょうど30年前の平成4年は厨二じゃなかった中2だった。 そして平成元年の時、小学6年だった。 平成元年と平...
日常生活

世界一周電子書籍のその後

きょうはクリスマスですね。 クリスマスイブの夜は、めずらしく晴天ではなかった。でも雨は夜更けすぎに雪へと変わらなかったので、ロマンはないけど、まあ現実はそんなもんでしょう! 先日リリースした電子書籍ですが、クリスマスや年...
日常生活

【復刻】便利!デジカメ入門 20年前はこんな記事を作ってた

ちょうど20年前の2001年12月、たびいちドットコムの前身サイト「STK 1」にて、デジカメ入門という記事を作りました それまではSTK 1は世界一周の記事一辺倒だったが、その年の2001年7月に買った人生初のデジカメの性能に感動。...
日常生活

旅を終えて・その後 もとの生活に戻る・20周年事業

12月5日の日曜に日本一周前哨編の旅が終わって3日経ちました 前回の帰宅報告の記事では、ものすごいアクセスが爆発。きっと陰ながら私の旅を見てくれてるファンの方も少なくないのだなと思いました。実際仲間からもメッセージ頂きましたし。 ...
日常生活

旅と孤独について思う事 謎のポエムを書いてみた

今回は暗い内容なので、すいません。 生きることとは何だろうか。 よわねをはいたっていいじゃないか にんげんだもの 1111の日が終わった。 2年前のコロナ以前の時代を思う。 コロナ以前のあの日に戻りたい。 ...
日常生活

近況報告と、秋の旅について

この悲惨な世の中。 辛い日常から逃げるために、ひとり旅をする。 逃げる旅だっていいじゃないか。 そして悲しみを乗り越えて、強くなるための、心の復興の旅。 そんな雰囲気になってきた近況です 年金を払ってきた ...
日常生活

はずれた予報と、戦時中のような夏

こないだの8月10日、40度を超すと予報されたわが地元は、さっき昼間に街に行くと、2018年の記録更新の時と同じく、この日も駅前やデパート前ではテレビ局が押し寄せた。 しかし、結局はそこまで暑くならず肩透かしでしたが、 ...
日常生活

たびいちの真夏のつぶやき

ああやっと疲れが取れたわい 先週は6連勤。特に日曜は炎天下の中9-23の13時間労働。働きすぎだ 先週は働き過ぎたので、 今週はまったり。お仕事バイクのオイル交換。 排出は800gで、 880g注入した(1Lボトルまるまる一本1...
日常生活

ブロガーから電子書籍作家へ!?多角経営の多難

kindleによって、たびいちの若い頃の夢だった印税生活が、夢でなくなるかもしれない。 ブロガーから電子書籍作家に転換するかもしれません。 とはいえ、たびいちドットコムを畳むことはないので、ご心配なく。 今後30年以上...