アフリカ人が作る寿司はどんな味?ケープタウン初日とグルメ編

スポンサーリンク

日本から南アフリカケープタウンに到着。意外ですがケープタウンのご当地グルメといえば、寿司も名物。高層ビルが並ぶ大都市でありながら、日本を含む遠洋漁業の基地となっているからです。

記念すべきアフリカでの初めての食事

は、この玉ねぎの入ったボーア風ホットドッグ。100円。うまい。

そして、市場では南アにもカレーライスを発見。肉がたくさん入って190円。安い

早速行った黒人の市場だが、自分のような異邦人でもすっかり溶け込み、旅の自信がついた。南アは思ったよりも旅しやすそうな国である。

名物・テーブルマウンテンが見える。天気が抜群にいいので、最高に気分がよろしい。

それでは今日のテーマは「ケープタウンのグルメ」です

ケープタウンには、シーフードに恵まれており、地球の裏側であるにもかかわらず、日本人職人が経営する寿司屋があります

なぜなら、日本からのまぐろ漁船員などが来店するため、遠く離れた場所とは思えないぐらい質も高く、つらいアフリカの旅路を南下してきた旅人にとっては、ここで本物の味に感激する旅人も多いとのことです

ただ、私の場合は日本から来たばかりなので、本物にこだわるほどのお金もグルメでもなく、逆にローカライズされた寿司のほうが面白いし、ネタになると思ってます

ということで、

アフリカンが握る寿司の味は?

ロングストリートを歩いていたら、sushiと書かれた看板を発見。

日本だけでなくアジアンフードも扱う店だった

さっそく、寿司を注文してみた。

このとき店員は、

都会的なアフリカンの黒人だった。

なお、この写真は、

DJプレイをしてるのではありません。

こう見えても

寿司を握っているのです。

そして出てきたのはこんな寿司でした

これぞ、寿司サンドイッチ。

中にはサーモンとアボカドが入っている。コメがちょっとべちゃっとしてるし。

お味のほうはというと・・・

けっこううまい!

しょう油がうそくさいけど、こだわりさえ持たなければ、日本人でも充分味わえると思いました。

これで290円ぐらいでした。これが欧米だったら何倍も取られるでしょう。

スポンサードリンク

スーパーでも寿司が売っていた

ほかにも、ケープタウンではショッピングモール・ウォーターフロント内のスーパーでも寿司を売ってました。埼玉の地元のスーパーと変わらんわい。

左 カリフォルニア巻 210円

右 にぎり 520円

そして、これがローカルフード

上 イカリング・サンドイッチ250円

下 南ア式日替わり弁当 160円

おなじく、ウォーターフロント内で売っていたフローズンヨーグルト 135円

爽やかな潮風を浴びながら食べるのは格別

まとめ

さすがケープタウン、あらゆる種類の食事があって、食べるには困りません!しかも安い。インドとは大違いです。

とはいえ、こうしてみるといいことばかりのようですが、南アといえば治安の悪さ。なので明日は治安について書きます。

1,437 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です