喜望峰への道 ケープタウンからの超爽快ツーリング

本日の行き先は、社会の授業で習った喜望峰です

香辛料貿易で栄えたころ、海運上での拠点となった場所です

ここでかんちがいしてはいけないのは、

喜望峰は、アフリカ最南端ではありません

イメージ的にはアフリカの最果て!だけど、

アフリカ最南端はアグラス岬になります

ケープタウンの真下にある先っちょの岬が、本日の目的地・喜望峰。

なんだかノシャップ岬と納沙布岬と宗谷岬ぐらいの

ややこしさといったとこでしょうか。



喜望峰への道

11:20頃宿を出発。喜望峰に向け、東海岸を走る。

12:10

左には鉄道が走っており、神戸の須磨の国道2号あたりに似てるだろうか

そんな駅にものぞいてみる。

喜望峰の山々が近づいてきた。

Fishhoekの街を経由。ここで、せるふぃー。

手前は海水プールで泳いでいる人だろうか。

つい何年か前は湘南にも海水プールがあった。

ビーチ沿いなので、じつにおされな店

しばらく行くとビーチが見える。ビキニ。

喜望峰 国立公園

そして市街地が終わると、国立公園の道路となる。喜望峰まで21㎞。

日本だと40キロ制限の道が、ここではなんと90キロ制限。

といってもこんな山道を90km/hで走っている車はさすがになかったけど。

13:13 入口。2008年当時、入園料は60ラント(600円)

喜望峰への入り口!

13:52 喜望峰到着!ケープタウンから約80㎞。たくさんの観光客でいっぱい。

人が少なくなったところをみはからって撮影。

たとえば、ヨーロッパからずっと陸路でアフリカを南下して、この喜望峰にたどりつけばゴールなので感動もひとしおなのだが、

自分の場合、簡単にこれたので、当然特に感動はなかった。

そのかわりに、ここが今回のアフリカ旅の記念すべき「出発点」となるので、このまだピカピカの単車を前に、アフリカの旅を成功させるぞと熱くなるのであった。

海を散策する人。黒い鳥(ブラックスワン?)の群れ。

遺跡のようなトイレ

ここにもトイレ。しかしよくみると

南ア式の、ベンキマン。


なお、日本のベンキマンは、キンカクシのある和式便器型なので、洋式の南アのベンキマンのほうが年寄にはやさしい。

喜望峰をあとにして、
アフリカンな土産物売り

帰りは、行きとは反対に、西海岸の道へ。

まぶしい海。荒波。

その先は、南極。

オーストラリアにいたときそのものの風景

こうしてケープタウンに戻り、

いつものように、ウォーターフロントのショッピングモールでまったりしてから帰るのでした。

本日の走行 197㎞

7日の朝食 マトンカレーライス 200円

大きいサモサ 25円

夕方:このソフトコーンは130円

夜 宿で自炊したラーメン

なお、喜望峰へのルートですが、ケープタウンのロングストリートの宿の近くでは、レンタルバイク(100㏄で150レント~)もあったので、気軽に行くことができます

次回は、そんなウォーターフロントのショッピングモールの話になります

126 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*