毎年寝太郎氏も泊まった、チェンマイの噂の酷い宿に泊まってみた!

小屋界の教祖ともいわれている毎年寝太郎氏が「酷い宿」だとこき下ろしていた、チェンマイの宿「Walkinn Guesthouse」に泊まってみた

http://mainennetaro.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

その最大のキーパーソンが、受付のネトゲ少年である

>>朝の9時から夜の12時までずっと同じ机でゲームをしている。宿の客は出入りの際、その前を必ず通らなければならない。Booking.comのレビューでは「彼のゲームを決して邪魔してはならない!」みたいな冗談レビューもあった。たまに絶叫が聞こえてくるのだが、おそらくゲームに勝ったか負けたかのどちらかであろうと思う。>>

とにかく「面白いものが見れる」と言う事で、チェンマイに行ったらこれは泊まらなければ!

スポンサーリンク
336×280

ということで朝11時ごろ訪れた時は、

あっけなく噂のネトゲ少年発見!1階は紳士服店になっているのだが、噂の通り、店の真ん中のPCでネトゲをやっていた

かわりに、ホリえもんにそっくりの父が親切に応対してくれたが、一泊150バーツと書いてあったが120でいいといわれた。意外に良心的ではないか。

ただし昼過ぎになるとネトゲ少年ひとりだけになって、ず~っとネットやゲームに没頭。

このときに訪れてたらネトゲ少年はキレはじめたかもしれないが

でもこのネトゲ少年、思ったよりも無愛想ではなかったよ。その時たまたまゲームがうまくいってたからかも知れないが。

ドミトリーは、部屋は6ベッドあって清潔だが、窓側のベッドは道路沿いに面しているのでバイクなどの音がとてもうるさい。全館完全禁煙。この一室で寝たろう氏も哲学にふけていたのだろうか

f:id:stk1:20141213122427j:image

オンシーズンなのでドミには自分のほかに2人の泊り客(西洋人の男)がいたが、昼間なら誰もいなかったので意外にくつろげるし、今回はチェンマイにいる期間が2泊3日だけで、朝から夜まで行動して、寝るだけだったらまあいいかな。

f:id:stk1:20141213124628j:image

しかも、意外とアートのセンスが高い。店は超マイペースだけど

なお、WalkInnには近くに姉妹店がある。そこは受付はネトゲ少年ではなく普通のお姉ちゃんなので、とくに面白くはないかも(笑)

ほかにもネトゲ少年といえば、

2010年にパタヤに来た時は、ネットカフェがあってそこの肥満児のドラ息子が、一番窓側の席で、やはり同じようにずっとネトゲしており、時折動物のように唸り声をあげていた。

そして4年ぶりにドラ息子のネットカフェに行ってみると、つぶれて別の店になっていた。ちょっとはなれたところに小奇麗なネットカフェが出来ていたが、あのドラ息子はどこへ行ったのだろうか。相変わらずネトゲして唸っているのか。

そのドラ息子らしき少年は、近くの屋台にいた。体格が似ていたが、快活に呼び込みしていたので、たぶんドラ息子だとは思えない。

399 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*