Vストローム250のわかりやすいオイル&フィルター交換方法と注意点 

スポンサーリンク

初めての方へ!V-Strom250のオイル交換の方法と実録をやさしく公開!お役立てください。

前回のGSR250のオイル交換はこちらも参照ください

初めての方へ!GSR250のやさしいオイル交換の方法と、注意すべき点
このたび、GSR250のオイル交換に挑戦・成功しましたが、やり方自体は簡単でも、けっこう苦戦しました。 そのやりかたと実録を...

今回のVストローム250のオイル交換に利用したもの

オイル受け皿

12,14,17㎜レンチ(メガネレンチ・ソケットレンチ)

古新聞紙 多数(3日分以上)

大きめのビニール袋1枚ほど

空の酒の紙パック1.8Lx2

ガムテープ

オイル 1リットル2本

オイルフィルター交換に必要な物

オイルフィルター

17㎜スパナ

フィルターレンチ

オイル交換の方法

それでは、オイル交換の方法を述べていきます。

1、V-Strom 250のセンタースタンドを立てる
2、エンジンアンダーガードを外す

アンダーガードの4本のボルトを外します

脱着は簡単ですが

上2本が12㎜、下2本の14㎜とサイズがちがうので注意。

3、ドレンボルトを外す

ここからはGSR250と共通ですが、Vストローム250の場合も、クランクケースの真下ではなく、画像の中央・17ミリのメガネレンチを当ててる場所にドレンボルトがあります。かなり判りにくいところにあります

ここでは17㎜レンチを当てて回してますが、回りにくいのと、アツアツのマフラーにあたりやすいのでやりにくい。その場合こういうトルクレンチを使うと便利。

ドレンボルトがゆるんだら、後はボルトを手で回して外していくのですが、ここで気を付けなくてはならないのは・・・

注意!!ボルトを開けると、オイルがどっと飛び出すぞ

ドレンボルトを開けた瞬間、

ドレン口から、ワッとオイルが盛大に飛び出します。

そのため、前回の時は、画像の通りに見事にオイルがはみ出てしまいました( ゚д゚)

慣れないとびっくりすると思うので、床や服などをオイルで汚さないよう気を付けてください

このようにオイルの垂れ落ちる範囲が広いため、大きめのオイル受け皿を使いましょう

そこで、

今回のVストローム250はオイル受け皿を用意しました

そして、オイルをしっかりオイル受け皿に排出させます。

新車時から1300キロで、ついにこの日にオイル&フィルターを交換しましたが、新車なのでオイルに鉄粉がついてるようです。

Vストローム250のオイルフィルターの交換方法

今回はオイル交換と併せて、オイルフィルターも交換しました

「GSR250」と「Vストローム250」のフィルターはもちろん共通です

Vストローム250でも大型バイクと同じで、フィルターはカートリッジ式になっています。マフラーの間にフィルターがあります

そのため、手でゆるめるのは無理。オイルフィルターレンチが必要になります

左がカートリッジ型のオイルフィルター。右がオイルフィルターレンチ。

オイルレンチ V-Strom 250またはGSR250の場合、サイズは「66.5」になります

オイルフィルターはこちらを参照ください

オイルフィルターの脱着

フィルターレンチと、17㎜スパナを使ってオイルフィルターを外します

オイルフィルターを外すと、大量のオイルが出るので、しっかりオイル受け皿で受け止めましょう

オイルフィルターがはまらない場合

私がやったマヌケなミスは・・

新しいフィルターをどう押し付けても、フィルターがはまらなかったのです。

その原因は、

なんのことはない。古いフィルターのゴムパッキンがくっついて残っていただけでした

それを取って新しいフィルターをねじなおすと、簡単に装着できましたとさ。

ゴムパッキンの剥がし忘れに気を付けましょう!

左:パッキンがくっついたまま残った状態  右:パッキンのない普通の状態

フィルターレンチとフィルターが離れない場合

そして、フィルターレンチとフィルターがくっついて、レンチを引き抜こうとしても中々外れないことがあるのですが

そんな時は、17ミリスパナで中心をバイブレーションのようにクリクリっと微振動をかませば、レンチが抜けやすいと思います

新しいオイルを入れる

ドレンボルトからオイルを排出した後は、再びドレンボルト(とオイルフィルタ)を閉めて、こんどは新しいオイルを入れます。

そのさい、このようにオイル缶の先が小さい場合は、ジョウゴなどを使わなくても、こぼれることはありません。

Vストローム250のオイル交換では、どれだけのオイルの量が必要?

GSR250と同じくVストローム250もクランクケースに「2100ml」と書いてありますが

「てことは、1Lのオイル缶だと、2本じゃ足りないから、3本買えって事?」

と心配する人も多いと思いますが、その必要はありません!

1Lのオイル缶なら、2本で充分です。

1クオートなら2本で充分です。

そもそも、ドレン口からオイルを全部抜いても、残りのオイルがエンジン内に残留してるため、2100ml入れると、あきらかにオイル規定量をオーバーしてしまいます。

実際にオイルを入れてみると

Vストローム250のエンジンのオイルを全部抜ききり、フィルターも交換した後、

1Lのオイルを2本入れたところ・・

ちょうど2000ml入れた場合。つまりボトルのオイルを最後まで全部入れ尽くした状態です

ちょっと見づらいですが、オイルレベルはLラインの少し上をいっており、無事、規定量内となってます。

なお、センタースタンドを建てたところが斜めよりだったので、正しくスタンドを立て直すと、さらに量が増えました。

今回オイルだけでなくオイルフィルターも交換したので、オイルだけの交換の場合は、これよりももっと増えると思います

廃油の処理はどうする?

私の場合は、酒のパックに古新聞紙を大量にしき詰めてオイルを吸わせ、それを完全に漏れないようにして、燃えるゴミとして処分してます。

が、それは結構手間もかかるし、手もオイルで汚れるので、オイル交換界のレジェンドともいえる「オイルパックリ」があればとても便利で効率的です

手製オイルパックリを作る方法

カラの酒または牛乳の紙パックを用意します

Vストローム250のオイルが2リットルなので、

酒の紙パック1800mlパックなら、2本。

牛乳やジュースなどの1Lパックなら、4本。

を用意します

酒パックのほうが、アルミが張っていて剛性的に漏れにくいです。

カラになった紙パックの中に、

まずは7割ぐらいまで新聞紙を敷き詰めます。

オイル受け皿に入った古いオイルを、紙パックに注ぎます

5分ほどで、中の詰めた新聞紙が、オイルパックリのようにオイルを吸ってくれます。

オイル交換した後は、紙パックに残りの新聞紙をいれます。

こぼれたオイルを拭いたりなどで、おそらく大量のオイル付きの新聞紙が出てくると思うので、それは全部紙パックに詰め込みます。そうして新聞紙を紙パックいっぱいに詰めます。

そして、紙パックをガムテープでしっかりふさぎ、漏れないようにビニール袋にまるっと包み、あとはもえるゴミの日に出せばいいのです。

ということで、

以上でオイル交換は終わりになります。

スポンサードリンク

何千キロごとにオイル交換をすればいいか?

賀曽利隆さんのVストローム250は、なんと12万キロ以上走ってますが

たびいち、Vストロームミーティング2019に上陸!
今回の「慣らし運転ツーリング」の目的の一つは、 Vストローム祭りに参加することです 『Vストローム』オーナーに告ぐ...

そこまで走っても、エンジンが壊れたことはないそうです。

カソリサンは、Vストローム250で狭い林道を走ったり、高速では120キロで巡行したりなど、エンジンに対してかなりハードな使用をしてるのに。

そこまでエンジンが持つ秘訣はなにかと、尋ねたところ・・

「オイルは、4000キロに1回交換」

だそうです

マニュアルではオイル交換は5000~6000㎞に一回とあるが、それではおそいとのこと。少なくても4000㎞に一回、と。

逆に、ラフなエンジン使用でも、4000キロに一回はオイル交換したことによって、一つのエンジンで12万キロを越えれるというエビデンスがあるのです。

あなたのVストローム250を長持ちさせるためには、オイル交換の周期が大事です

もちろん入れるオイルは、四輪用の4サイクルオイルではなく、二輪用の4サイクルオイルです

日本国内だった問題ないですけど、海外ツーリングなどをすると、質の低いオイルや、あるいは四輪用のオイルなどを入れるはめになるかもしれないが、その場合はさらに早め早めの交換サイクルにしましょう

そして、オイル交換後の効果は

それでは新しいオイルに替えてからどう変わったのか?

前回のGSRのときは

なんとなくぎこちなかったのが、オイルを変えたとたん、エンジンのまわりかたもなめらかにスムーズになりました!

ここまでてきめんに変化を感じられた理由は、今回のオイル交換は走行距離が8200㎞だけど、前回オイル交換したのが4800㎞ぐらいの時で、距離のインターバルでは問題ないが、前回のオイル交換は3年前なので(その間は全然GSRに乗ってなかった)、相当以上にオイルが古くなってたわけです。

でしたが、今回はというと、

新車時から1300キロで交換したので、そんなに違いはなかったです
ただ、交換直後は、エンジンの音が若干マイルドに変わった。しかし30キロほど走ると元の音に戻った。

Vストローム250は低速時にクラッチを切って減速した時の「ヒュウルルゥゥン」という音が美しくカッコよくくてステキ。聞き惚れます。

まとめ

オイルは命!こまめな交換をしましょう。

GSRとちがって面倒だったのが、アンダーガードがついてること。とはいってもアンダーガードを外すと、何気にブサイクだし、エンジンの底も痛めやすくなるが・・

自分で交換すると床をオイルで汚してしまおうものなら目も当てられないので、面倒な場合は、バイク屋でやってもらうのも手かもしれません。

130 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です