クラッチケーブルが切れた!緊急運転方法と簡単ワイヤー交換方法

スポンサーリンク

突然バイクのクラッチがプッツンした!

でも、あわてることはありません。

YB125Zのクラッチケーブル交換も、そんなに難しくはありません。

クラッチ切れは突然に

それは、UberEatsの仕事を終えて家に帰る途中のこと。

クラッチを切った途端

いきなりパチンという小さな音がして、

クラッチケーブルがあっけなく切れてしまった

写真の通り、タイコのあたりの部分が切れてしまった

切れる前の前兆

この日はクラッチを握っても、クラッチが重く、しっかり切れてない状態だった

押して歩いても、半クラッチのような状態だった

おそらく半分ぐらいが切れてしまって、ワイヤー長がのびきってしまい、そして全部のワイヤーが切れてしまった。

といっても、

クラッチケーブルが切れたからと言って、焦ることはありません

緊急の運転方法があります

緊急の運転方法 小型バイクの場合

これが実際に私がやった発進方法で、こうして50㎞先の家まで帰りました

1、エンジンをかけてニュートラルにする

2、跨ったまま、足で地面をけって、5km/h以上ぐらいに動かす

3、5km/hぐらいになったら、ギアをローに入れ、すかさずスロットルをうまく回して加速

4、あとは2速、3足と、クラッチ使わなくてもダイレクトにシフトアップ・シフトダウンし、止まるときにうまくニュートラルに入れる

125㏄ならそんなに難しくはないが、

軽くて足が届く小型バイクでないとできないのが欠点。

緊急の運転方法 大型バイクの場合

1、ギアをローにする

2、クラッチの安全スイッチが効かないように、レバーを根元まで握る

3、セルボタンを押すと、グッグッと前進しながらエンジンがかかる

4、エンジンがかかったと同時にエンストしない程度に回転を上げる

5、走り出してしまえば、クラッチなしでもシフトチェンジは可能

6、止まる時は、停止位置の直前にキルスイッチでエンジンを止める

参考元:http://www.bikejin.jp/knowhow-2015/

この場合、小型バイクよりも操作が難しくなるし、バッテリーやセルモーターやギアなどに負担がかかると思うので、自宅や修理できる場所までの緊急手段。

クラッチケーブルはどこで入手・修理する?

結論を言えば、

YB125Zのような並行輸入品の場合、

クラッチケーブルはAmazonなどの通販で買うのが一番手っ取り早いし、安い。

金曜日にアマゾンで注文して、

土曜日に発送。

日曜日の午前中にポスト投函されてました。(地域にも寄る)

とても速い。

これなら、いちいちバイク店に注文したり新しいケーブルをバイク店に取りに行く必要もない。

なお、並行輸入品の場合、某メーカー専門店に行ってケーブル交換してほしいといっても断られれます。買った店で対応してくれとか言われます

メーカー専門店でも消耗品の純正部品のストックは置いてないことが多く、いちいち取り寄せなくてはならず、しかも並行輸入品と聞いた途端門前払い。実に融通が利かない。普通メーカー専門店なんだから、スペアパーツのストックぐらいあるはずだろうと。

はっきりいって、バイク超大国インドに比べると、日本のバイク店は想像以上に対応レベルが低すぎて、がく然としたほどだった。

結局新品交換に失敗し、家に帰って、アマゾンで買ったのです

それに比べインドは、バイクのケーブル切れなどの小トラブルは日常茶飯事とあってか、どんな田舎の村でもバイク修理店や小屋があるし、パーツのストックを持ってる店が多いため、クラッチケーブルぐらいだったら非純正(場合によっては別メーカーの物を当てられるが)でもよければ即、新品交換してくれるし、しかもパーツ代も修理費もべらぼうに安い。

日本は高いくせに融通きかずという、嘆かわしい限りだが、それはさておき日本だったら、自分でネットでパーツストックを確保するなどの対処するしかない。

パーツリストを無料で入手

YB系ならPDFファイルで無料で入手できます

非常に便利なので、必ずダウンロードしておきましょう

https://www.ys-kuromatu.com/?page_id=9104

このパーツリストを参照して、あとはamazonでもパーツ番号で検索すれば、ヤマハの純正部品の取り寄せできます

新しいケーブルを入手したら、自分で交換するのはそんなに難しくはないのですが、

交換に自信が無い場合、面倒な場合、交換しようとして失敗した場合は、新しいケーブルを持って町のバイク屋さんにやってもらうといいでしょう。1000円~2000円ぐらいでやってくれると思う。

スポンサードリンク

クラッチケーブル交換方法 YB125Zの場合

それではクラッチケーブルの交換です

イメージ的には複雑で難しい気がしますが、実際は割と簡単でした。

ただちょっとめんどくさいけど、慣れてしまえば数分ぐらいで手早くできると思います

ケーブルを外す・クラッチ側

1、クランクケース(クラッチ側)にあるクラッチケーブルのホルダー(黒丸)をボルトごと外す

2、クラッチから、ケーブルのタイコ(青丸)を外す

ケーブルを外す・クラッチレバー側

3、アジャスターボルトを外し、クラッチレバー側のケーブルのタイコを外す

4、クラッチケーブルを引き抜き、車体からケーブルを取り出す

新しいケーブルを装着・レバーに

5、新しいケーブルのタイコを、アジャスターボルトの中に通す

6、タイコをクラッチレバーにハメる

7、アジャスターボルトを閉める

8、新しいケーブルを、元と同じ位置でクラッチ側まで引っ張って、下まで通す

ケーブルを装着・クラッチに

9、新しいケーブルに、古いケーブルから外したクラッチケーブルホルダーを装着する

10、ケーブルのタイコを、クラッチにハメる(青丸)

11、クラッチケーブルホルダーを、クランクケースに留める(黒丸)

長さの調整

12、ケーブル中央と、レバー側にあるアジャスターボルトにて、長さを調整し、遊びをつけながらクラッチがしっかり切れるかを確認。

(YB125Zに、YBR125用のケーブルを付けたら、ちょっと長いけど、調整することによってなんとか問題なく取り付け・クラッチ操作ができました)

13、断線するところは、クラッチレバーのタイコのあたりが多いため、長持ちさせるために、タイコのあたりにグリスをぬっておく

以上になります

635 total views, 5 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加