暗い過去から脱却し、好きなことをして楽しく生きるために

スポンサーリンク

「将来はサラリーマンなどになって、結婚して、家庭を持つ」

それが昭和の子供のころの理想の人生とされてきた。

しかし複雑怪奇な人生を歩んだ私はドロップアウトしてしまう。

そんなたびいちが言えること。

それは

「限りある人生、まわりを気にせず、好きなことをして楽しもう。」

待ち受けるのは「死ぬまで辛い人生?」

思えば自分の小学校時代は、まだ時代が時代なので、理不尽な罰や、いまとは比べ物にならないほどパワハラのオンパレードだった。

そんな学校で、いまとちがって登校拒否もできず、ただただ心の中でいつも怯えながら学校に通わされ、つらい毎日だった

なのに、親や周囲から

「社会に出て働くと、学校よりももっと辛いぞ」

と言われながら育ってきた。

「ただでさえ今がつらいのに、今後も、死ぬまでもっと辛い生活をしろと??」

そうなると

当然の如く、将来が本当にいやでいやで憂うつだった。

たとえ当時の日本経済が世界トップクラスだったとしても、毎日毎日いまよりもつらい思いしながら朝から夜まで毎日長時間、定年まで働かされる。

なので、将来に全く希望の持てない小学生時代だった。

苦難の後の苦難

そして時が経ち、学校を出て働くようになると、今度はバブル後で、銀行が破綻するなど経済が急激に悪化し、氷河期のど真ん中の氷漬けの時代だった

なので、職安とか行っても、本当に仕事が見つからなかった。

あったとしても求人広告には最底辺の仕事しかなく、仕方なくそこで働くと、人間同士も最悪で、何一ついいことなく、もう毎日がいやで不快な思い出しかなかった。

人間同士でもめて、やがてクビにされる、孤独な日々だった

若いころの自分が生意気だったのもあるかもしれないが、

この頃は本気にこの国・日本を嫌ってた。

日本にいるのが嫌でしょうがなかった

ちょっと前に流行った「日本氏ね!」ですよ。こんな国滅んじまえばいいと。

世界一周でビッグになれ!

そんなやさぐれて、荒みきっていた自分を支えてくれたのが、

「バイクでの世界一周」だった

とてつもなくデッカイことをして、ビッグになって、見返してやりたい

そして、こんな国を捨てて、海外で新天地・永住の地を探そう!とすら思ってた。

【電子書籍 STK 1 】 125cc世界一周 「はじめに・プロローグ」
これまで謎だった、たびいちの世界一周の旅が ついに明かされる! ついにやります!フリーミアム!無料公開、開始! ...

そのためにはまとまった資金が必要だ。

職を転々としたのち、なんとか工場の夜勤の仕事を見つけた。

その仕事も非常にきつい工場の毎日だったが、デカセギに来ていたブラジル人と働いているうちに、孤独だった自分に今までに成しえなかった仲間意識に目覚め、
「世界一周」のためにも、がんばって耐え抜いて、お金を貯めてきた。
その合間に、英語はもちろん、スペイン語やブラジル(ポルトガル)語も自分で勉強してきた。

そして現在 チャンスが増えている!

そんな過去から20年以上が経った。

それまでは狭い井の中で苦しんできたと思う。

そこで世界各地を貪欲に旅し、いろんな生き方を見てきた。

とうぜん、日本の常識なんか、One of them。へのかっぱである。

幸いなことに、今の日本はだいぶ変わってきてる。

どう変わったかをすべてを挙げるとキリがないが、たとえば昔ではありえなかった、ネットを使った仕事もある。昔とちがって求める仕事の種類やチャンスが増えている。

スポンサードリンク

あなた自身をポジティブに変えよう!意識改革だ

先日、とあるビジネスセミナーに参加したのだが、

ある人は子供のころ、父親は毎日楽しそうに仕事していた。やりがいのある仕事だったのだ。

そのため、大人になっても「仕事は楽しいものだ!」という考えになった。

転じて、自分の過去はどうだったか。

自分が子供のころ、父親は仕事のストレスでいつもピリピリしていて、家にいるときは怒ってばかりいた。

正直、思い出したくない過去だ!

家庭も暗く、学校もつらく。

そのせいあって当時の自分の心も、かなり歪んでたと思う。

その時両親から言われたのは

「とにかく勉強して大学に入れ。大卒なら、給料が高卒の2倍もらえるから」

だった。

この令和の大学全入時代から見れば、アホじゃないか?と思うけど、それだけ昭和のころの学歴別の賃金格差は、はっきりしていたのだろう。

父は誰もが知ってる超大企業で働いてたとはいえ、工業高校卒だったので、大卒の同年代に対して負い目を感じていたに違いない。

だけど、

もし仮に2倍稼げたとしても、

何になるというのだろう?

収入が2倍になれば、よろこびや仕合わせも2倍になるのだろうか?

だったら、

そういう尺度に囚われず、

誰よりも楽しく生きていけばいい。

人間なんて2倍稼ごうが、宇宙から見れば、ちっぽけなゴミクズだ。バクテリアの背比べだ。

育った環境に影響する

つまり。

思考がネガティブもポジティブになるのも、

育った家庭に影響すると思った。

親が子供に怒る原因は、仕事で嫌なことやストレスや過労があったり、睡眠不足になるときに、親は子供にあたるらしい。

逆に楽しく仕事して、睡眠もしっかりとれば、意味もなく子供に怒る事はないのではないか。

そういえば南米パラグアイの日本人移住地に来た時、現地ではそういう生活してる人が多いためか「ストレスはゼロだ」と言っていたのが印象的だった。

まとめ

とはいえ。日本ではいまだ

「勤労・就職 = 苦行」

のようなイメージがある。

だから学校教育で、「楽しく働こう」と教えるべきだ。そうすれば国民の生産性や幸福度は上がると思う

もっとシンプルに、人間らしく。

そして

あなたは、悲しむために、辛いことを耐えるために生まれてきたのではない

好きなことして、楽しむために生まれてきたのです

この言葉を聞いたとき、

過去にさいなまれてきた心の苦みが、取れた気分だった

追記:SNSでかなりの反響をいただきました

この記事は、たびいちの心の叫びだったと思う。
「心が叫びたがってるんだぁ~」という、無意識の叫び。

だから反響をいただきました。

けっきょく南極大冒険家の阿部雅龍さんからは(こんな人です→こちら

これ、素晴らしい記事ですね。

辛い過去を語れるくらいに強い男になれた証拠です

がりゅーくん、やさしいねえ。ちょいなきそうかも。

つらい過去なので書くのをためらいましたが、南極や世界一周などのビッグなことをやるとなれば、つらい経験は隠れたパワーになりますね

つづいて、出会ってから18年になろうと西牟田靖さんからは(こんな人です→こちら

苦悩のエピソードについての書かれ方に具体性がないかなあ。悩んで世界を飛び出して、得たことが現在の幸せにどう結びついているかとか、今何をしたいとかかがわかりにくい。

言われてしまった。

今回の内容は重い内容なので、楽しくないと思う。

この記事のこととは全く関係ないけど、私的にはとある人間同士のことで先月から悩み、今年になったいまでも、フラッシュバックしたりで苦しんでる。

心の奥が、つらいんだ!

だから自然と重くなるのもある。まあこの件は一人で悩むほかないんだけどね。

だけど、

つらい過去」という陰の部分は、この気分の重い時だからこそ、思い切って書けるものだ。

なぜなら、楽しいときに、暗い過去なんかいちいちほじくり出して思い出したくないからね。

「その後何をつかんだのか、どう幸せがあったのか」
といった意見をいただいたので、また続きを書きました

世界1周20周年「125㏄世界一周で何が変わったのか」
2000年に125㏄バイクで世界一周してから、今年で20年が経ちます。 しかしそれまでの私は、狭い日本の常識の中でもがき苦し...

736 total views, 5 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です