どうせなら「かわいげのあるおじさん」をめざしたほうがいい

スポンサーリンク

寄る年波。エイジングという逆境を、どうかわしていくか?

いま42才の中年だけど、いま実感しているのは、たとえ心は若いままでも、体は衰えていく。そして若いころと現在では自分の意識は変わりはなくても、常識や他者からの見る目が変わったりします。

またまた世界一周の話の続きになりますが、

暗い過去から脱却し、好きなことをして楽しく生きるために
「将来はサラリーマンなどになって、結婚して、家庭を持つ」 それが昭和の子供のころの理想の人生とされてきた。 しかし複雑...

私が125㏄での世界一周を「大冒険だ」と言ったところ

西牟田靖大先生から、思いもよらぬ場外ホームラン級のビッグコメントをいただきました

自分よりもすごい人と数々交流しているにも拘わらず、(世界一周を)大冒険と言ってのけてしまう、彼のブレなさってある意味凄いと思う。

滑稽で格好悪いけど、それをさらけ出す勇気ってほかの人にはまずないものな。

彼の大胆さはとてもじゃないけど、私は真似できない。

というか普通は、自分がいかに取るに足らない存在なのかってことを知るよなーw やっぱオンリーワンだわ。余人に代えがたい。

バカにしてるんじゃなくてマジでその点は尊敬する。


自慢は逆効果だが、自分の功績は素直に認めよう

自分のしてきたことを

「いえいえ、わたくしのやってることはたいしたことじゃないです」

「バイクで世界一周なんて、取るに足らないことなんです」

なんて謙遜してはもったいない!
そこが日本人の弱点かな、と思ったりします。

もちろん現実問題としては

これまでの経験上、自分の功績を自慢したり、必要以上に誇示すると、ムダにマイナスイメージや、反感を買われます(すでに買われているかも?)

この記事に書いてあるんですが、説教臭いおっさんの自慢ほどうざったいものはないですからね

なぜ私の単車には、海外のステッカーが一枚も貼ってないのか?
これまで単車で60カ国以上旅していながら、自分のバイクには記念となるような海外のステッカーなどは一枚も貼ってありません。それはなぜ...

しかし!

せっかくの貴重な経験を、より良い方向に向けて、どんどん世に露出することによって、社会が良くなっていくのではないか?と思いました。

スポンサードリンク

どうせなら、かわいげのある人間のほうがいい

滑稽で格好悪い。

そういわれると、

むしろ滑稽でカッコ悪い路線を、いっそ全身全力疾走でまい進してやりたいですね。

なぜなら、笑われたりしたほうが、人生楽しいじゃないですか。

40代になると、いやでもおじさんになります。

30代まではおじさんじゃない!とつっぱってたけど、
40代になったら、いさぎよくおじさんですよ

身体的に見ても、老化が出てかなりのハンデになります

たとえば

「どこか変態そうだ」とか

「声が気持ち悪い」とか

「目つきがいやらしい」とか。

そんなマイナスな部分は、女性側から見れば、若いイケメンだったら見てみぬふりしたり、全く気にしなくても、

あらゆる身体機能が劣化進行する40代中年男となれば、「くさそう」「きもい」などと、露骨にいやがられやすくなります。

しかし、中年になって年を取って老化になることは、避けては通れない現実です

そこで、エイジングという逆境をどうチャンスに生かすか?

それは、どっちみちおじさんになるのなら、

「えらそうなおっさん」よりも、
「どこかかわいがられるおっさん」のほうが、いいのです。

「もう年を取ったから若い者には勝てん、もうダメだ」

と思ってはいけません。あきらめたらそこでゲームオーバーです

世の中年は、

「疲れきってて、脂ぎってる」イメージだと思いますが

年齢を感じさせないほどの魅力を意識をすれば、中年=マイナスイメージを持たれてる分だけ、そのギャップで親密性がぐっとアップするのではないでしょうか?

型にはまってはいけません!

常識を超えて、誰よりも楽しく生きようという気概を持ちましょう

結論

楽しく、面白おかしく生きましょう。

653 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です