カンボジアで電動自転車(電動スクーター)に乗ってみた

日本では乗る機会のめったにない、電動スクーター。それはどんなものなのか、くわしくリポートします!

電動自転車を借りる

アンコールワットの町・シェムリアップ市内の、国道6号沿いにあるカルテックスのガソリンスタンドから南の道に下ると、レンタサイクルの店が何軒かあります

一大観光地なのでぼったくりの店が多い中、一番安い店だと ママチャリ1ドル MTB3ドル 電動スクーター6ドル スクーター9ドルと良心的なので、日本では乗れないものを借りようと電動スクーターを借りました

この電動スクーターは小学生でも乗れるぐらいにきわめてシンプル。すなわち単車というよりも自転車という感覚。

写真のように真ん中にヘッドライト兼電池残量表示などのインジケーターとキーボックス。スピードメーターはない。残量のインジケーターが大まかなので、残りどこまで走れるのかが判断しにくい。

右ハンドルはスロットルと速度切り替えボタン。左ハンドルのスイッチはホーンボタンで、押すと「チー」というおもちゃのような電子音が鳴ります

なお、キーを右に入れると大灯になり、百円ショップのセリアで売ってるような安手のLEDヘッドライトが点灯します

どんな音がするのか

電気だけで走るプリウスのように静かなのが特徴。

厳密にいえば「にゅ~」というかすかなモーターの音や「カチッ カッチ」という音があるので、電動フォークリフトと同じような音。だけど、カンボジアの騒がしい雑踏では全然聞こえない

初めて乗った瞬間

エンジンのついたスクーターでもなく、自転車でもないので、スロットルをひねるだけで勝手に静かにサーッと進むのは、驚きの感覚だった。無音なので気球に乗ったような気分である。

航続距離は?電池切れになるとどうなる?

マンタンに充電して、40㎞と言われました。しかしGPSで計測したところ、実際36㎞ぐらいでバッテリー切れになりました

残り10%ぐらいになると、残量表示のLEDが赤く表示されますが、それ以前から最高速度が落ちるようになる。(残量表示はあまりあてにならない)

救いなのは、電池が切れたからと言って、いきなりストップするのではなく、じょじょにスピードが出なくなるので、完全電池切れまで3キロぐらいの猶予はあるが、そうなったらただちに充電できる場所に戻らないといけない。

そのため、店の主人は「夜になったらうちにもっておいで。一晩充電しとくから、明日の朝になったら満充電で乗れるから」と面倒見のいい店でした。

満充電まで6時間かかるそうです。

もし、道中で完全に電池切れになったら、近場だったら押して歩けばいいけど、あまりに遠いところなら、馬車型のバイクタクシーに、一切合切乗っけてもらって街まで戻るという手もあります

スピードはどのくらい?

速度は3段階で、右のスイッチには「低速・中速・高速」と書かれていて、漢字圏である日本人でもわかりやすい。

速度計がないので、手持ちのGPSで計測したところ、最高速は低速では26㎞、中速は30㎞、高速は32㎞と、そう違いがないものの、低速から、中速、高速にいれると、それぞれにゅにゅにゅっとターボがきいたような加速が実感できました

ヘルメット着用は?

シェムリアップの場合、普通のエンジン付きのスクーターの場合は日本と同じくヘルメットは必須ですが、この電動スクーターは自転車扱いと見なされるのか、ノーヘルでもおとがめなしでした。

乗り心地は?

自転車に乗ってるような感覚だが、当然自動運転なので疲れないけど、安っぽいのでちょっとした凸凹でもギャップを拾い、おもちゃのようにガタピシで、腕がしびれてくる。

電動自転車に乗ってみた(シェムリアップ郊外編)

レンタルした左の赤いのにくらべ、右のほうが乗りやすそう。

シェムリアップはレンタルバイク解禁!

カンボジアではあまりに交通事故が多いため、アンコールワットおひざ元のシェムリアップではこれまでの長い間レンタルバイクは禁止(レンタルサイクルのみ)でしたが、2018年に来たときは125㏄バイクも借りれるようになった。すなわち解禁されたようです

交通状況はだいぶ改善されたとはいえ、依然として交通マナーは悪いので、しんちょうに運転する必要があります

204 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*