高崎対前橋・群馬対東京を比較してみた

スポンサーリンク

先日、群馬に4日間おり、群馬の二大都市・高崎と前橋にそれぞれ2日間いたわけですが

何かと張り合う高崎と前橋、さらには群馬と東京を、勝手に比べてみました

なお、筆者の住まう熊谷は、概ね群馬と東京の中間ぐらいにあって、群馬程ではないにせよ車社会でありながら、かろうじて東京への通勤圏なので、中間の微妙な立ち位置であります

ライバル都市は数多い。

リオとサンパウロ、メルボルンとシドニーなど、二つの規模の都市があると、ことごとく張り合っている

人口はほぼ同じでも、

新しもの好きの高崎と

文化を大事にする前橋は、

性格が全然違うことに気づきました。

高崎駅前と前橋駅前を比較してみた

高崎駅前

前橋駅

ご覧の通り、差は歴然としている。前橋の駅は、恐ろしいぐらいに人が少なかった

似たようなライバルとして大宮と浦和があるけど、

大宮駅の繁華街ぶりは言うまでもないにせよ、ライバルの浦和駅にも伊勢丹やパルコがあるというのに、前橋というとデパートが撤退し、離れたところにスズランが残ってある程度。

しかし落ち着くところがあるのが前橋の長所

名物

高崎名物と言えば、観音像とだるま。

タイやミャンマーのように仏教的な名物だ。

いまはミャンマーには旅できなくても、グンマーの旅ならできる。

前橋は赤城山と、萩原朔太郎、養豚といったところだろうか

食文化

食べ物なら、高崎パスタだそうだが、小麦が名産だからだそうだ

となりの県の新潟の名産は米と魚だけど、海から一番遠い内陸の群馬では、食文化も少し大陸的な気がする。

前橋は養豚などの牧畜が盛んで、豚肉が名物。

前橋の街では寿司や鮮魚や魚料理の店はあまり見かけず、肉料理の店が目立った。

レストランなども、肉料理を前面に出していることが多かった

なお、意外なことに群馬県の肉消費量は多くない。商品作物としての意味合いもあるし、あまり肉ばかり食べると体に悪いからだろう。

普段は肉を食べすぎない生活を心がけ、外食で肉料理を楽しむと言ったスタイルだろうか

スポンサードリンク

東京と群馬の違い 車社会

そして東京と比べてみると、群馬県は言うまでもなく、車社会だ

群馬テレビを見てると、ジャスト6などのニュース番組には、必ずと言っていいほど何社もの車のCMが出てくる

非車社会の港区などの都心だと、車はお金とテクニックのある人しか乗らないし、ほかはタクシーや商用車のため、車の速さは一定してることが多いが、

前橋だと、🔰付けた若い女子から紅葉マークのじいさんばあさんまで、県民の多くが車を運転してることもあってか、遅い車もあれば速い車もあってスピードのばらつきがあり、車線変更のタイミングとかがどうも読みずらい。

ヘアスタイル・高崎にショートヘアの女性が多い理由とは?

東京とかに比べると、高崎はショートカットの女性が割合的にとても多い気がする

高崎のマンションに配達した時、居合わせたそれぞれの4人の女性はみなショートだったので、ショートカットフラッシュだった

その原因は、夏は非常に暑いのと、冬はかかあ天下の空っ風で、女の力が強いからか?

そういえば比率的には福岡でもショートカットの女性が多いらしい。

でも

よく考えたら、

群馬は車社会だから、ロングヘアーだと車の運転がしにくくなるからではないか?と思った。

まとめ:日本の縮図のような街

高崎は流行 前橋は文化の街ということがよくわかった

UberEatsの旅を通じて、いろいろな地方都市を訪れたなかでも、高崎の駅前はほかの都市と変わらないほどで、とくに高崎駅西口は、名古屋駅西口によく似ていた。といっても人通りの数は名古屋とは比べ物にならないけども。

そして前橋のインパクトは強烈だった
東京とは全く正反対の、日本の田舎の縮図のような街だった

なのである意味面白かったのだが

県都である静岡も新潟も、中心部に行けば東京的な街並みだったけど、車社会の極致の前橋は、そんなものがない。

25年ぐらい前は、よく前橋に行ってたが、その頃はまだバブルの名残もあって、西武百貨店などのデパートもいくつかあって、いまよりも活気があった。

しかしその後は空洞化が進んだようで、かつてはデパートだった建物が、パブとカラオケ店が入居するようになった時は、寒気がするほどだった

失われた30年をえてわかったことは

東京にいる限りは、開発が続けられタワマンなどが林立して繁栄を続けていて、不景気だとは気づきにくいものの、

前橋の露骨ともいえる現実をみてると、日本経済を映す鏡だと思った

あの頃の前橋の活気はもう戻ってこない。

しかし、そんな困難がありながらも

文化を大事にしていることがよく伝わった。

とはいえ、群馬をちょっとかじっただけにすぎないので、何かあればまた追記をしますし、機会があれば群馬に配達の旅をして、飾りなき群馬の姿を見ていきたいと思います

194 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加