海外でhotmail(Liveメール)にサインインできない場合の対処法

スポンサーリンク

日本を脱出したらトラブル発生!普段使っているメールがタイに来たとたん「アクセス禁止」という理不尽で一方的な仕打ちに遭い、一時はどうなることかと思った、いや大変な目にあったけど、いちおう解決したのでしるしておきます。

不審なサインイン 正攻法だと利用はほぼ不可能?

それは先日、寒さと花粉が支配する日本を脱出し、バンコクでの南国ゆるゆる夏休みムードにひたってた時、水を差すような、いや吹雪を差すような出来事が起こった。



WiFiのある場所に行き、アンドロイドスマホNexus5でGメールのアプリを使って新着メールをチェックしようとすると、その中のひとつに、

Microsoft アカウント チーム <account-security-noreply(a)accountprotection.microsoft.com>

からこんなメールが来た。

件名:
Microsoft アカウントの不審なサインイン

内容:
アカウントの確認

お使いの Microsoft アカウント?st*****@hotmail.com への最近のサインインに関して、不審な点が見られました。たとえば、新しい場所、デバイス、アプリなどからサインインしている可能性があります。

お客様の安全のために、そのサインインによる受信トレイ、連絡先リスト、カレンダーへのアクセスを禁止しました。最近のアクティビティをご確認のうえ、手順に従って必要な対策を講じてください。

アクセスを復元するには、そのサインインがお客様自身によるものであることを証明する必要があります。

と書かれていて、下にある
「最近のアクティビティを確認する」を押すと、
パスワード入力画面が出たので打ったはいいが、その次になんと
登録されている電話番号でSNS認証せよとでてきた。

それをみた途端、凍り付きましたよ。

なぜなら自分のアカウントに登録されてる日本の携帯なんて、海外じゃ利用できないから日本の家に置いてきたわけで、当然そんなもん手元にあるわけない。

てことは、海外にいるときはずっとホットメールは使えないってことか?

そしてスマホではなくパソコンから開いて、メールソフトのサンダーバードを使っても、ログインできなくなってしまった!

これは本当に困った!

解決方法

ということで、パソコンを使ってメールソフト(サンダーバード)ではなくブラウザ(グーグルクロームなど)から、
アウトルックのページoutlook.live.comに入ってパスワード打ってログインすると、
あっけなく問題なく利用できるようになり、そのあとサンダーバードを開くと、
サンダーバードもちゃんと普通に反映されるようになりました。

・・・と言ってもその後また「Microsoft アカウントの不審なサインイン」メールが来たけど。だから不審じゃないっちゅうの。

まあ一時はどうなることかと思ったけど、現在のところはブラウザから見る分にはなんとかできる状態なので、とりあえず日本に戻るまでは、だましだまし使うしかない。

そして、リスク回避のためにも、ホットメール以外のほかのメールアカウントや、フェイスブックなどSNSのメッセンジャー機能を活用することを思い知ったのだった。

そもそも、ミレニアム時代に最主流だったホットメールをいまだに使ってる時点で、時代遅れなのかもしれないけど。

理不尽な処置

ホットメールは17年以上も使ってきたが、これまではこんな理不尽なことにはならなかった。

これまでも海外からのアクセスによる「不審なサインイン」メールは来てたが、

たとえば2015年にネパールから利用した場合だと

件名:
Microsoft アカウントの不審なサインイン

内容:
不審なサインイン

お使いの Microsoft アカウント st*****@hotmail.com への最近のサインインに関して、不審な点が見られました。お客様の安全のために、お客様ご本人であることを改めて確認させていただく必要があります。

サインイン情報:
国/地域: ネパール
IP アドレス: 49.2xx.2xx.8x
日時:2015/04/27 0:42 (JST)

お客様がこれを実行した場合は、このメールを無視しても問題ありません。
お客様がこれを実行した覚えがない場合、悪意のあるユーザーがお客様のパスワードを使っている可能性があります。最近のアクティビティをご確認のうえ、手順に従って必要な対策を講じてください。

だったのでまったく問題なかった。



そもそもホットメールはネット黎明期において日本のみならず世界中で使えるフリーメールということで、当時は世界の旅人の間で愛用されていた。なのに、なんでいまどきこんな勝手なことするのか。

携帯無いから海外では使えないとなると、世界中の何千万人ものユーザーにとって大問題になるのではないのか。

マイクロソフト、勝手なことするな!と憤慨したのは言うまでもない!のでありました。

【悲報】3か月でホットメールアカウント凍結さる

5月31日。なんとホットメールがついにブラウザからもログインできなくなった
ちょうど3か月。3か月たつと凍結されるらしい。

思えば、アカウントの緊急時に日本の携帯番号を登録してたので、その携帯番号でSMS認証しないと解除できないのだ!

といっても、海外で通じもしない日本の携帯なんて持ってるわけがないので、海外から緊急復活する手段は、マイクロソフトに電話するなどがあるけど、とてもめんどくさいので、もうお手上げ。

帰国日まであと17日だからほっとくしかない。

もうホットメールなんかコリゴリ。こんな余計なお世話でとんでもない目に会うようなめーるなんて使いたくない!!

といってもメインメールをほっとからGメールに移行するなんて、17年間も使ってたので移行作業なんてめちゃくちゃ苦労するし、そのあとも厄介だから、ホットを使い続けるしかないのけど。

携帯番号ではなくサブメールで登録せよ!

そして帰国後に携帯で認証し、無事復活したわけだが、緊急時の認証時に携帯番号を登録したのが大失敗。

なのでアカウントから登録されてた携帯番号を抹消し、代わりにサブメールとして使っているヤフーメールのアドレスで登録しなおしたのでした。

ヤフ-メールなら海外でも問題なく見れたので。

まとめ

海外で電話認証が無理な場合、ブラウザからログインして入ってみましょう。ただし3か月以内。

それ以上の場合は、電話番号登録ではなく、サブメールで登録を!

1,871 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です