ネパールでの得する両替方法 インドルピーがそのまま使える!

のっけから結論を言うと、

断然、現地での日本円現金(諭吉さんや一葉さんなど)の両替が一番。

米ドルでも日本円でもレートは変わらないので、日本出発前にわざわざドルに替える必要はなし。

昔は米ドル払いが多かったようですが、最近ではほとんどルピー払いなので、ドルが必要なのは、入国時のビザだけでした。なのでドルはビザ代+小額で充分。

首都カトマンズでもポカラでも両替屋は沢山ありますが、ポカラではどの店も一律でレートが悪く、カトマンで1万円=8370ネ・ルピーだとしたら、ポカラでは1万円=8150ぐらいに落ちるので、カトマンズのタメルで多めに両替しておく事。

クレジットカードだと大損する理由

ネパールはインドよりもさらにインフラが劣るため、インドにくらべてATMが非常に少ない。

小さな町だとATMがないこともあり(インドではATMはどこにでもあったのだが)、ATMのキャッシングは上限が15000ネ・ルピー(18000円)な上に、なんと400ルピー(480円ぐらい)の手数料もとられるので大損する。

当然、クレカ払い可の店は非常に少ない。まさに現金な国である。



インドルピーがそのまま使える!

そのかわり、一番重要なのは、インドルピーとネパールルピーの対価は1対1.6の固定相場制になっているため、インドルピーがネパールでそのまま利用できます。

DSCN7228

すなわち、ネパールのお店で110ネ・ルピーの買い物をして、100イ・ルピー札を出せば、160ネ・ルピーとおなじなので、50ネ・ルピーのおつりがもらえます

インドルピーさえあれば、ぶっちゃけネパールで両替する必要はないです。

なので、カード利用者で、インドからネパールへいく場合は、インドのATMでお金を下ろしてからネパールに行ったほうがいいです

海外ATMで手数料が一番安いデビットカード(国際キャッシュ)を大比較
海外で旅行・留学・出張予定の方必見! 数ある国際キャッシュカード(デビットカード)の中では、手数料もまちまちで悩むところで...
10000イ・ルピー以下ならインド国外への持ち出し可能。(実態はインド出国時におとがめなかったけど)

1,442 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*