初めての方へ!amazonの返品方法を、一番わかりやすく解説

スポンサーリンク

「アマゾンで買った商品に不具合があって返品したいけど、どうすればいいの?」という方へ!初心者の方でもわかるよう、手続きから返送、返品の承認のやり方まで、実例をシンプルに解説します。

早速ですがその方法をお伝えします

amazonで何を返品したのか?

クルーシャルのSSD 500GBです

返品の理由は?

SSDを使うと、毎日6回以上突然フリーズするようになり、その度に強制シャットダウンせざるを得ず、フリーズが頻発すると長時間の連続使用ができない。

対策を調べて、SSD向けの電源設定処置にしても、結果的には改善せず、何百回もの強制シャットダウンによってファイルもクラッシュ(破損)するようになり、これ以上の使用の困難になったため。

ということで、返品に踏み切ったわけです

◆◆返品手続き方法◆◆

1、アマゾンにログインしたら、

右上にある注文履歴を押します

2、注文履歴に入ると、

それまでに注文した商品の中から、返品したい商品の「商品の返品」を押す。

(ただし返品有効期間を過ぎると「商品の返品」ボタンは出てきません)

3、返品の理由を選択し、

どういう症状が起きたのかを、具体的にコメントに記入します。

4、「同じ商品と交換」するか「返金」するか、

いずれかを選択します

5-1「返金」を希望した場合は、

このような画面になります

5-2 「同じ商品と交換」を希望した場合

今回の場合は「同じ商品と交換」を選んだので

「返送手続きを開始」ボタンを押すと、返送手続きが開始すると同時に、自動的に同じ商品の発送手続きになります。

そして、返品発送作業をする必要があります

同じ商品と交換で、新しい商品が到着しました

上記の返品手続きを行うと、自動的に発送手続きになるため、その2日後ぐらいに新しい商品がポストに届きました

左が返品するほうの封筒。右が新しく届いた封筒。

返送作業

送られてきたアマゾンのメールに方法が書いてあるので、指示に従い返品します。以下は一例です。

例:

あなたの返品依頼を受け入れました。

お手元の商品は金曜日, 2018/12/28までに到着するようにご返送ください。

返送期限:
金曜日, 2018/12/28 返送方法:ご都合のよい方法

(海外からはDHLの保険付きの方法で返送してください)

*お手元の商品を期日までにご返送いただけなかった場合、代金をお客様のクレジットカードに請求させていただきます。

そして、「返送方法の確認」を押すと、

このように出ます。以下は一例です。

例:

返送方法

2018年12月28日までに商品をご返送ください。

詳しい返送手順

日本国内からは以下の1-3の手順で返送できます。

1. 返送に必要な情報を用意する

プリンターを使う場合

このページ下部に表示される「返品受付ID」(バーコード)を印刷します。

プリンターを使わない場合

「プリンターを使わない返品・交換の手続き」を参照して、返品に必要な情報(バーコード、送り状ラベルなど)をご用意ください。
または、このページ下部の「返品受付ID」をメモしてください。

2. 荷造りする

手順1で用意した返品受付IDまたは代わりの情報を商品と同梱します。

3. 商品を返送する

以下のいずれかの方法で返送を依頼します。
日本郵便の集荷サービスを利用   着払い元払い
サイトまたは電話からお申し込みください。

配送業者の宅配便を利用して返送

配送業者の送り状の「お届け先」欄に返送先住所をご記載ください。届け先の電話番号の記載は不要です。

返送先住所への持ち込みによる返品は受け付けておりません。
返送料については、「返送について」をご覧ください。
海外から返送する場合は、「海外からの返品・交換について」をご覧ください。

重要:

以下の場合は、返金手続きに時間がかかったり、返金を承れないため商品を着払いでお返ししたりする場合があります。

返品受付センターで選択した返品理由と合致しない状態で商品を返送した場合
返品商品に関する正しい情報 (返品受付ID等) や商品の一部が不足している場合
返品手続きをした商品とは異なる品物を返送した場合
返品手続きで指定された場所とは異なる返送先へ返送した場合

返送先住所

今回の返品に限り有効な返送先です。
複数の商品を返品する際に返送先が異なる場合は、返送先ごとに集荷依頼をしてください。

返品受付ID

返品受付IDは返品受付ごとに作成されます。
このIDは、下に記載された商品の返品にのみご利用ください。

返品の送料、どちらが負担する?

このとき、「返品の理由」が「商品に不具合や損傷がある場合」は、アマゾン負担でいいとのことで、しかも「ご都合の良い方法」とあるので、コンビニからクロネコヤマト着払いで送ることにしました

それ以外の個人的な返品理由だと、送料は本人払いになるようです。

くわしくはアマゾンからの指示に従ってください。

返品商品を梱包・発送する

SSDの場合は、本体、付属品や外箱、とどいた封筒ごと、全部そっくりそのまま送り返します。

自分側が送料を払う元払いの場合は、プリントアウトして貼り付ければ間違いはないですが、着払いなどの場合だと伝票を手書きになるので、封筒には、返品受付ID(最後にRMAで終わる番号)を記載しました。

そしてビニール袋で包装しました

そして12月8日夕方にコンビニに行き、着払いで発送しました。

その日は集荷が終わったので、

12月10日にアマゾンに到着予定とのことでした。

「Amazon.co.jp 返品のご確認」メール届く

12月11日の早朝、5:57に「Amazon.co.jp返品のご確認」メールが届きました

たびいち様

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。お客様にご返送いただいた商品を受領いたしましたので、お知らせいたします。

そして、「返品・返金状況を確認」を押して、

以下のように出れば

これでOKです!これで終わりです。

以上が、返品の流れとなります。

1,033 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です