工具不要!Vストローム250に激安スマホホルダーをつけた結果

スポンサーリンク

簡単!ワンコイン!シンプル!

バイクや自転車では、今や誰もが使っているであろうスマホホルダー。

どんなタイプが使いやすいか?ホルダーの脱落を防止するには?

これまでの経験をいろいろまとめましたのでご覧ください

おすすめ!!このホルダーを買いました

ワンコインでお釣りがくるほどの安さ。

バイク用品店やホームセンターではこの値段では買えません。

開封の儀

Amazonで注文して、到着したのは2週間後の8月31日でした。台湾から届きました

入ってるのはこれだけ。シンプル

最初はこうなっているので、付属してるクッションシールを貼ります

クッションシールも簡単に貼れました

スポンサードリンク

Vストローム250にとりつける

取り付けには工具すらいりません。これをハンドルにはめるだけです

使い方は、赤いスイッチを押しながら、側面の歯車を回して4方のアームを収縮し、スマホを脱着したりホールドします

取り付けができました

スマホはアローズM03です

安いので二つ付けました

左側にはスマホ 右側にはGPSをタイラップ止め。ツーリングでも大活躍しました

走行中のイメージ動画

脱落を防ぐために

安心して使うために。

それは「脱落を防ぐ」ということです

手で回すだけでは力不足なので、ペンチなどを使って、ほどよく増し締めしましょう。(逆に強すぎるとボルトやプラスチックがパキッと破損すると思う)

あるいはずっと固定し続けるなら、接着剤などで固めるというのもありでしょう

ジクサーでインド一周してた時、ホルダーはちょうど同じものをつけていたんですが

インドの奥地・ナガランド州の幹線道路は、ダートと穴凹だらけの超悪路で、それによってホルダーがぶっとびました

その日は「悪路なのでスマホをつけるのはよそう」

とはずしてたのですが、案の定でした。

ただ、もっと増し締めをすればよかった、と思うと悔やまれます

どこかぶっとんだのかというと、

この青矢印のダイヤルがゆるんで、ホルダーがぶっとんでしまったのです

それは極端だとしても、日本でも林道を走行したり、ギャップを乗り越えたときなどの衝撃で、ホルダーが外れるケースは割と多いですので、

普段から増し締めを忘れないように!

そしてオフロードなどを走る場合は

ヒモやストラップなどをつけて、脱落してもいいようにする!

以上の対策を講じて、

快適なスマホ&バイクライフをお楽しみください。

205 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です