Vストローム250慣らし運転ツーリング・浜名湖渚園から名古屋へ

スポンサーリンク

熱狂と感動のVストロームミーティングが終わった。

今夜も中田島砂丘でキャンプしようと思ったが、夜中も朝もこまごまとうるさかったし、なにより鬼が出るか蛇が出るかのような場所は安心できない

なので、渚園キャンプ場に行くことにした。キャンプ場だったら安心して寝れるからだ。

今宵は渚園で

飛び込みで受付に行くと、予約が必要とのことだった。

渚園キャンプ場

そこが日本らしいというか。

インドやタイとかだったら「あー、好きに張りなっ」て具合なのにね。

まあイベントもなく、空いてるので問題なく宿泊ができたけど。一泊410円という安さはうれしい。

これだけの安さでキャンプできるところは、本州だとめったにないからだ。

県別利用者。圧倒的に多いのが静岡と愛知。続いて関東、中部・関西と続く

かねがね渚園のキャンプが話題になってたが、その人気は安さだったのか。だからこの渚園は、ゆるキャンでも舞台になったらしい。

FREEサイトは家族連れも多く、夕方子供がちょっと騒がしいものの、どうせ寝に帰るだけなのでヨシとしよう。

PCでお仕事する

このあと、ブロガーとして記事作成をせんといかん。ここのキャンプ場だと落ち着かないしやりにくいし、何より電源もない。

令和のツーリングは、PCの充電をしながら記事づくりをせねばならぬ!

どこでやろうかと思ったら、きのう立ち寄った御殿場のマックスバリュで、電源のあるイートインコーナーがあったのを思い出し、イオンモール浜松志都呂店に行く。

Googleマップのナビは本当に便利だ。しかもVストローム250が走りながらメーター右下のアクセサリソケット12Vでスマホ充電もできる。Vストロームがもはや四輪車のようになっている

Vストローム250とスマホ

3Fフードコートにコンセント付き発見。

1Fの食品売り場で、3割引きとなった牛焼肉弁当と、もっちりめんのソース焼きそばを買い、ベーカリーの電子レンジであっためて、3Fのフードコートで食す。

うまいが味が濃い。ヨルケアというドリンクがが安かったので買った

食後、神プランのテザリングでネットしながら記事を書く。回線はおそいけれども、どこでもネットができる神プランは、やっぱり神プランだ。

周囲を見渡すと、かなり外国人の家族連れが多い。

キャンプ場に戻る

21時ごろ、キャンプ場に戻ると、思いのほか静かでシーンとしている

私はこれまで、日本のキャンプ場を毛嫌いしていた節があった。お金とっておきながら、ハメ外しに来るように騒がしかったりしたので。

しかし日曜夜の渚園は安いし夜は静かで、当たりだった。

寝袋などを敷き、顔などを洗い、22時10分ごろ寝る。

走行 37Km

スポンサードリンク

渚園の朝

6時45分ごろ目覚める。カラスがうるさいが、それはどこのキャンプ場行ったって同じだからしょうがない。

気温テント内側14度、外側12度と、意外に暖かめの朝。そのおかげでちゃんと寝ることができて、快適だった。

朝7時、チャイムが響きわたる。「さあ起きろ」という合図かも。

「朝が来たぞ!やってやるぞ!」

という気分になる。

キャンプ

というのもこのところ、目覚めたときに、こんな上向きな気分になることはなかった。起きると後悔したことなどがよみがえり、ドヨーンと落ち込むので、あのころはどこかウツだったのかもしれない。

日本初の実況シリーズ

キャンプの朝食は、昨夜イオンで買った半額のちらし寿司など。

たらのから揚げとおいなりさんとかは、日持ちするので昼に食べてもよかろう。

たらの唐揚げは、Sydneyで食べたFish’n Chips のような味だった

チェックアウトの10時に合わせて、のんびり出発。

ただしきょうは天気が悪いようなので、速めに名古屋に着くようにしたい。

浜名バイパスは、このツーリングのハイライトともいえる最高の道の一つ。ノーカットで撮ったのでぜひ見てね

しかし愛知県に入った途端、雲行きが怪しくなってきた。雨が降ってきた

Vストローム、大当たり

君方のリラ(for you) きみえのリラ・・なんじゃこのぶっ飛んだネーミングセンスは

豊橋バイパスも完成したが、まだ蒲郡のバイパスができてないのでそこが面倒。ここで合羽ズボンを着用。上はジャケットのまま

🍊蒲郡みかん むいちゃって

豊橋を過ぎたあたりで一度通り雨が降って持ちこたえたものの、名古屋市港区で2度目のスコールが降ってきたときは辛かった。あともう少しで名古屋駅、というときにドシャッっとやられた。

ちょうどブッダガヤでスコールにやられてのと同じだ

コルカタ・デリー一気走り1 コルカタからブッダガヤ編
6月21日。ついに出発の日。最後のラストラン。 43日間という、小学校の夏休みのような沈没の日々も、ついに卒業。 これ...

雨宿りを兼ねて港区のマクドナルドに飛び込む

200円のベーコンバーガーだけ頼んだのに、ちゃんと水もつけてくれた。セコイ客なのに、その心遣いがうれしかった。日本ならではの心遣い。しかも店員の女子の声が、とても可愛かった。日本のツーリングすばらしい!

食べ終わったころには雨も止んだものの、

荷物を括りつけたままなので、荷物濡れ濡れになった

名古屋のホテルと野宿

そして名古屋駅に到着。さっきの悪天候がウソのようにすっかり晴れわたっている

駅西のホテルで、名駅から近いのにかかわらず、平日の事前予約で格安なタイミングを狙ったおかげで、5000円でお釣りがくる。

部屋には15時がチェックインタイムなので、それに合わせて入室。

インドとはちがったバスルーム

給湯器の名前が「わく子」。わくこー!

23年ぐらい前は、赤貧だったので、GN125でツーリングしてた時は、名古屋の大通り公園・セントラルパークのあたりで野宿したことがあった。

さすがにいまは同じことやりたくないけど。

20歳ぐらいのときは若気の至りで「空気を読まない野宿」をしながら日本全国をツーリングしてきたけど、

いまとなればさすがに治安的に危険だし、年齢で世間体も考えないといけないし、体も洗いたいし、PCなどの充電もしないといかん。

この年齢で野宿が続くと、心がすさんでくるのだ。

濡れた荷物を部屋の奥に入れたが、ツーリングジャケットを着ても、小雨なら持ちこたえても、大雨だとすぐに内側まで濡れてしまう。

寝袋や衣類をいれた赤い防水バッグも、さっきのスコールで中がけっこう濡れてしまった。10年以上使ってる年季ものだから、いたるところに穴があって浸水したようで、寝袋も結構濡れていた。

どっかの建物でバイクごと雨宿りさせればよかったか。

スモーを見ながら。最近は炎鵬が人気だね

バスルームで髪の毛を洗う。3日ぶりの洗髪でシャンプーの泡立ちが悪いので、5回ぐらいボトルをプッシュした
ホテルの部屋の室温22℃と快適。

きょうの名古屋の外気温が17度で、雨が降ったらてきめんに寒く感じたほど。

そうして名古屋の夜がふけていくのだった

走行 128㎞

163 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です