新規就航したタイライオンエアに乗ってみた 機内のサービスなど

スポンサーリンク

北ウィングに、新たなタイのLCCがやってきた!

就航記念では成田バンコクは往復2万円という史上最安に買えたタイライオンエアに

タイ・ライオンエアの成田バンコク間を予約!新規就航プロモで史上最安
20kg荷物込みで、衝撃の片道10564円! 日本に新規就航したてのLCC「タイライオンエア」のオンライン予約の要点をまと...

ついに搭乗したので、どんなものなのでしょうか

2018年11月19日、チケット購入

2019年1月9日水曜日 SL301便

東京成田11時00分発 バンコクドンムアン16時15分着

なお、1月5日に追加注文として、窓際の席に座席指定をしたので、さらに860円かかった。

8時過ぎ、第一ターミナル(T1)に到着。

東京駅から成田空港まで1000円の高速バスでやってきました

東京駅から成田空港の千円の空港バスが、断然お勧めできる理由
コスパ最安!快適!そして安定の到着時間! 東京から成田空港へは今回電車ではなくバスに乗ることにしましたが、これが大正解でし...

このときの8時の気温は3度。そんなに冷え込んではいない。しかし吐く息は見事に真っ白。なお、9時半ごろもう一度表に出ると、日差しが出ると10度ちかくになり、空気は少し寒いもののポカポカしたあったかみがあった。

目の前のターミナル1(T1)に入るとライオンエアの文字がない。ここは南ウィングなので、さらにここから北ウィングに行かないといけない

ターミナルはエアコンがあったかすぎて、歩いてると暑くなる。

北ウィングに到着し、8時20分ごろチェックインカウンターの列に並び、8時40分ごろチェックイン。

北ウィングは現実逃避の象徴

チェックイン後、時間に余裕があるのでしばらく散策。

北ウィングから見る飛行機は、メジャーどころではなく、ニューカレドニアなど、どこかバカンス的な雰囲気。


そういえば、北ウィングのチェックインカウンター預り所には真冬とあって「コート預かります」とあった。

コート一着につき4泊5日なら1100円ぐらい(?)と書いてあったが、半年預けるといくら取られるんだろう?

かつて80年代ぐらいの歌には、北ウィングとか南ウィングとか出てたが、当時はそうそう海外に行けるわけではないので、ここに来ることは特別なものだったと思う

T2、そしてT3と出て、羽田も国際線を出すようになってくるうちに、T1の各ウィングの存在も霞んでると思う

9時35分ごろ、出国手続きの列へ。

このT1は成田空港の元祖ターミナルなので少し古いし人も少ない。前回はT2だったので人が多くて出国手続きに時間がかかり、とても難儀した。

T2とちがって人も少なく、手荷物検査も時間がかからず、出国手続きはパスポートをかざしたりするハイテクぶりで地味に楽しい。

9時45分ごろ、無事出国。思ったよりも早く済んだ。日本にいながら、どこの国にも属さない状態になり、目の前は免税店エリアである。

10時ごろ、搭乗口25番ゲート到着。

モニターのついた飛行機は何年ぶりだろうか

寝やすいものの、7時間すわりっぱはきつい。ふと真ん中側の席を見ると、3席を一人。座席選択しないほうがよかったかもしれない

銚子と犬吠埼。これよりいよいよ太平洋。

シート

LCCの座席というと、詰め詰めになりがちだが、タイライオンのシートピッチは、そんなに窮屈感がなかったので、標準だと思う。

機内エンターテイメント・

LCCでありながら、各席にモニターが付いている。

現在の位置や距離などがわかる

14時、沖縄上空。下を見ると雲海になっている

なお、台湾あたりの上空では、高度12200mで気温-56℃。窓の外についた氷がはっきりと映える。

テレビ・映画

ハリウッド、マレー・インドネシア、中国、インドの映画。

なぜか当事国であるタイと日本の映画はなく、あまり面白そうなのはないな・・と思ったら、インド映画とか適当に見てると、インド映画はコミカルでシンプルなのでざっと見てるだけでも意外に面白かった。

ゲーム

ゲームはタップで操作する。よってスマホのアプリのようなひまつぶし程度のゲーム。でもここでしかできないので、ひととおりやってみる。

軽食

LCCなのに、なんと軽食が出た。その中身は・・・・

パイナップルパイと、果汁10%のようなオレンジジュース(タイ製)。こりゃあ地味にうれしい。

近年、私は持ち込み飲食禁止のLCCしか乗ってないので、背徳感なく堂々と食べれるのもいい。高校生の早弁のように隠れて食わざるをえなかった。

なお、無料サービスはここまで。通常の機内食や飲料などは、ほかのLCCと同じく有料になる。

今回、窓際を選んだだけあって、窓の外を見るだけでもテンションが上がる
ついさっきまで日本の寒さに震えていたからなあ。

日本語アナウンス

「さっきの・・40分でドンムアン空港です」

とか

「すべての、天気は、・・・・28度、あります」
といったたどたどしい日本語だけど、逆を言えばむしろ「完璧でなくてもいいんだ!」という楽な気分になる、日本人が完璧でない英語を話すのと同じように。

着陸態勢

日本を離陸した時は、澄んでいたが、タイの上空は濁った空気。

着陸体制に入ると、さっそく湿った生暖かい空気が感じられる。本当にタイに来たことを実感する

離陸時もそうだったが、着陸時も妙に気の抜けたライオンエアのテーマソングがリフレインで流れるのが、スピード感と緊張感あふれるランディングシーンにはミスマッチだと思う。

もっとも、つい最近ライオンエアが墜落事故を起こしたばかりというのもあるかもしれない。

バンコクドンムアン空港到着

16:35(日本時間18:35)バンコクに到着。前回乗ったスクートは連絡橋タイプだが、このライオンエアはターミナルのはずれに駐機される。そして送迎バスがやってきた。

ほどよい夏の暑さといった感じ。

長ズボンなので、タイに入国し、外を歩いているうちに汗ばんでくるほどの気温でした

まとめ

今回登場した限りでは、客層は日本人は1~2割ぐらいで、ほとんどがタイ人やほかの外国人だったと思う

ほかのLCCと比べてまだまだ地味だけど、通常の航空会社に近い機内サービスもあって、結構よかったです。

3,148 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です