Windows10が遅い場合の一番やさしい簡単解決方法(ディスク100%)

スポンサーリンク

全国のWindows10ユーザーのみなさん!せっかくWin10パソコンを買ったのに調子が悪く、やたら遅くてフリーズばかりして、全然作業ができない!

と、いらいらして不満ではありませんか?

たとえるなら、年がら年中、原因不明の慢性的大渋滞が続くような状態です。

しかし、

以下に述べる方法によって、すっかり快適に使えるようになったので、どなたにでもわかるよう、シンプルにやさしく説明していきます

パソコンの遅い原因を調べる

まずはその理由をさぐるべく、「タスクマネージャー」を開きます

タスクマネージャーの開き方

画面一番左下のスタートマーク(田マーク)を、右クリック(左クリックではありません!!)します。

すると、タスクマネージャの項目が出てくるので、

そこを押すと
タスクマネージャーのリストが出てきますが、

遅くなる原因は、たびたびディスクが100%になるからです

ディスク使用率が100%になるとディスクは「全力疾走で休む間もない超多忙状態」になるので、手も空かないお手上げ状態となり、これ以上ほかのことが何もできないわけです。

これが遅さとフリーズの原因です。

100%になると、パソコンのHDDランプがずっと常時点灯しているので判断できると思います。


では何故なにもしてないのに、勝手に100%状態となるの?

それは、Win10の中の、なんらかのシステムが無駄に作動して、じゃまをしてるからです。

そんな無駄なシステムはすぐにやっつけよう。

そこで開くのは、「サービス」です。

ヒネリのない名前ですが、家族サービスのサービスです。

サービスを開く

画面左下のコルタナ(または虫めがねマーク)を押して
検索欄に サービス と入力します。

すると上に「サービス(デスクトップアプリ)」の検索結果が出てきます

サービスを開くと、

いろんなシステムの名まえがズラーッと出てくきます

何を無効にすべきか?

この中から、じゃまをするシステムを無効にしていくわけですが、

かといって全部やみくもに無効にするのはもちろん大問題なので、

まずは「明らかにいらないシステム」を無効にします。

たとえば保護者による制限とか、Xbox系など。

そもそもXboxの機能なんて、ほとんどの日本人は使いやしないんじゃないでしょうか?なんでこんなのがあるのか疑問なのですが、少しでもドライブの負担を軽くするために、無効にします

そして、ここからが重要です!

問題となっている、以下の4つのシステムを無効にします

Peer Name Resolution Protocol
Peer Networking Grouping
Peer Networking Identity Manager
Superfetch

これらの明らかにいらないシステムや、この四悪システムを無効にする方法は・・・

スポンサードリンク

これで改善!無効の仕方

まず一つ目のPeer Name Resolution Protocolを無効にする方法は、

リストをスクロールして、Peer Name Resolution Protocolを見つけます

Peer Name Resolution Protocolの上を右クリックして、ポップアップの「プロパティ」を押します

するとプロパティが出て、その中に「スタートアップの種類」という項目があるので、それを「無効」に変えて、OKします

これで無効になりました。

あとの3つのシステムも、これを繰り返していきます

以上の無効作業を段階的に行い、一番下のスーパーフェッチも無効にしたところ

だいぶ改善されました!

さんざん悩まされた100%表示もほとんど少なくなり、結果、以前のようにいらいらすることはなくなった気がします

追記 2018年11月 また100%で重くなった

あれからしばらくして、また懲りずに重くなったので、タスクマネージャを見ると、

Antimalware Service ExecutableのCPU使用率が高いことに気づき、調べた結果

対処法1. Windows Defenderのタスクスケジューラを変更

Win + R キーを同時に押してtaskschd.mscを入力することでタスクスケジューラに入ります。
タスクスケジューラライブラリをダブルクリックして > Microsoft > Windowsに入ります。
Windows Defenderを選択して、右にあるWindows Defender Scheduled Scanをダブルクリックしてください。
表示されるウィンドウで「最上位の特権で実行する」をチェック外してください。
OKボタンをクリックして変更を保存します。

以上の操作で問題が解決されると思いますが、役に立たない場合は対処法2に移動してください。

とありました。くわしくはこのリンク元を参考してください

https://jp.easeus.com/partition-manager/antimalware-service-executable-high-cpu-usage.html

以上のように対処法1をしてみたところ、スーッと楽になりました。

しかし、いたちごっこのように翌日にはまた100%になったので、それでもだめなら対処法2以降を試したものの、項目がなかった。


最後に、これで試したところ、成功!

そこで、今度はこれで試してみました

https://freesoft.tvbok.com/win10/tips/speed_up_windows10.html

以上の該当する項目を、できる限り除外したところ、

100%が大分なくなり、スムーズになりました!

まとめ

これまでディスクのふんづまり問題を解決すべく、ネットで調べて試行錯誤しても全然解決できなかったので、先日Peerがじゃましてるというのを知り

参考元:

https://www.pcdepot.co.jp/faq/pc/windows10_disk_usage_trouble.html

試したところ、いったんは解決しました。

その後もいたちごっこだけど、監視対象を除外することにより、長い戦いが終わりました

それまでは全然解決の糸口がつかめず、あまりにひどかったので、いっそパソコンを買い替えようかと思ってたぐらいなので、本当に助かりました

もうこれは、全国民が知っておかなければならない情報ですよ。

ディスクのふんづまりによる効率の悪さは、社会的に大損害ですからね。

以上になりますが、

「役に立った!解決できた!」

と感じたら、ぜひこの記事を多くの人にシェア・拡散していただけるとありがたいです。

21,666 total views, 99 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です