AUS08 伝説の宿・東京ビレッジの生活と、シドニーの部屋探し

人生初のオーストラリア。来た当初は、あまりの物価高に打ちのめされたのだが、しばらくしないうちに、だいぶ慣れていった。質素に生活すればなんとかなる!そして働くのだ!勤労せよ!

スポンサーリンク
336×280

伝説の東京ビレッジの生活

とりあえず、オーストラリア版の伝説のライダーハウス・東京ビレッジには、一週間泊まる事にする。

なぜ伝説かというと、多くのオース一周ライダーがここを出発点とし、その中には後にバイク業界で有名になった人さえ輩出している名門宿だからだ。

いかにも名門宿な面構えだが、ちゃんと裏に庭があるので単車は常時3台前後は停まっていた

09300021

10050026

早速、仲間と出会う

全くのオースに来たばかりの初心者だし、実は私は人見知りな方なので、日本人の多い宿にいると緊張してしまう。が、仲間が見つかるのも早かった。

日本人ライダーを発見。実は彼も同じワーホリで今月シドニーに来たばかりだという。まさに同期じゃないか。すでにXR400を買っていた。

その男、通称・コリ。そのコリという呼び名の由来は、子供のころ「コリコリしてそうだから」ということでコリと呼ばれていたそうだ。日本人からすると、適当に聞こえるかもしれないが、いまでいう「はあ〇ゅう」みたいなものなので、呼びやすく、わかりやすければそれでいいのだ。

生の情報も聞けるし、慣れない異国での生活ではある意味相互扶助になるので、仲間との出会いは欠かせないと思った。以後1年間のオースでは、コリとは腐れ縁になるのであった。

シンガポールとちがって、外食もコンビニも高いので、近くのスーパーに行って、食材を買って共同キッチンで自炊することになる。

この日の食事は、グレービーの缶詰(3ドル)と、御飯を炊いた。まるでハヤシライス風で、まあまあの味だった。

10030007

でもやっぱりわびしい!!

そのかわり、ときどきやるシェア飯(割り勘で食材買って、みんなで作る飯)も、合宿のようで案外と楽しかった。

日本人のライダーや旅人が集まっておもしろいのだが、ずっとドミトリーだとやはり落ち着かないし、宿の雰囲気自体もよくないともいえなくはない

なので、これからシドニーで仕事もすることだし、落ち着ける部屋を探すことにした。

別のシェアハウスにとまっても、東京ビレッジに行けば仲間と会うこともできるしね。

シドニーの部屋探し

まずは日本語の無料情報誌や、日本センターに貼ってある掲示板でさがして、電話を入れる。

ハウスシェアとルームシェアがあるが、ハウスシェアはあいてる部屋を貸すので個室。ルームシェアは相部屋(当然安い)

自分が探したのは当然ハウスシェアのほうだが、最初に行ったところは、海に近くて人気のBondi JCTで、スイス人男と日本人男(留学生)が住んでいる一軒家。住環境も良く、静かにすごせそうだし、しかもネットもできると言う。

しかし、スイス人とインタビュウした結果、自分の拙い英語力のため、体よくことわられてしまった。共同生活なので、こぎれいで意思疎通のできる長く住めるトラブルを起こさない人間がいいのだろう。正直くやしいが、すぐにほかを探すしかない。

かといって安いとこのルームシェアだと、それこそむさくるしい野獣のような男たちの棲家(笑)なので、それは御免こうむりたい。

そして、日本センターの掲示板に貼ってあった2件目に電話を入れると、まだ部屋に空きがあって、現地に行くと、結果は取引成立!家賃はBondiJCTよりも安く、1週間でA$90。シドニー中心部から南に10kmのBanksiaとRockdaleの間にある。駅にもほど近い。

これでやっと定住した気分になれて、そのときの飛び上がるようなうれしさといったらない。以後、シドニーの半年間はここで住むのであった。

なのでびれっじに一週間住んだら、早速ロックデールに引越しだ。部屋が見つかったら、今度は間髪入れずにバイク探しをする必要があるので、けっこう忙しいのである。

さあ期待と不安の混じるシドニー生活、どうなっていくんだろう!?

384 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*