日本一周48日目 琵琶湖>姫路 冒険者集う

日本一周
スポンサーリンク

11/15
天気:はれ
7時半起床。最低気温は7℃ぐらいらしいが、湖のそばで冷え込まず上着3枚でも快適に眠れた。先日は夕食がほとんど食べれなかったから寒く感じたのかもしれない・・・と思ったが、テントの外はかなり寒い。湖のそばで冷え込まないと思ったが、あまりかんけいない。昨夜しこたま食べたのと、テントの中が温室効果で暖かいだけだった
靴下を履いて寝たが、仙台ビジネスホテルで洗ったボディーソープの匂いが残っていた。

25年前、まだツーリングのビギナーだったころ、彦根の琵琶湖畔でキャンプしたことがあったが、やはり琵琶湖そのものが巨大なキャンプ場かもしれない

昨夜は、近くの道路で車やバイクが通ると多少うるさいが、平日もあってか湖畔じたいは騒ぐ者もおらず静かだ。グルキャンが多いが、どこでも張れるので各々に充分な間隔もあるし、これまでのキャンプ場よりもモラルはずっといい。

そして、対岸の大津や雄琴の夜景を見ると、まるで香港のような気分だ。テントに入れば冷たい風を遮断できるので安心感がある。

若い頃はテント貼るのが目立つし面倒なのでそのまま野宿してたが、よくよく考えたらテント張らずに寝てたら逆に怪しまれるし、外気や露や、そして外からの「視線」も遮断して、疲れを取るというのも大事な仕事なので、テントを張るべきだと実感

老人会がトイレ掃除をしている。掃除後もじいさんばあさんがのんびりしてて、ゆるゆるでいい。

きのうは富士山を見ながらキャンプ。そしてちょうどいまは琵琶湖畔でキャンプ。日本一の山と湖で感無量。なんて幸せ者なんだろう。100円均一のキャラメル一袋100gで18個ぐらい入ってた。安い。
余談だが、それから2日後のニュースを見てたら、琵琶湖の水位は65㎝下がっていて、14年ぶりの水準で光秀の石垣露出という話だった。

スポンサーリンク

大津>姫路 関西を横断する

のんびり11:54出発。今日は関西を横断だ。大津、山科、そして京都・亀岡を脱するときが走りにくくて辛かった。亀岡の路地に入り込むと、いっきに狭くて家々も和風で、のびやかな北国風情の東北から来ると、いかにも西日本!という感じだ。天保の江戸時代の灯篭(?)も残っているのがなおさらだ

その後はR372 。西日本方面に行く場合、混雑する大阪や神戸を大きくバイパスする好ルートで昔はよく利用したのだが、ひたすら退屈な田舎道が続く。車も地味に多く、40キロや50キロ制限だとまどろっこしい。そこが東北の田舎道と違う。

加古川バイパスに出たときにやっとテンションが上がって、そこからはいっきに高速走行であっという間に、16:30に友人宅についた。Googlemapの予定到着時刻よりも30分遅れたが、夕方前までには草津の琵琶湖から姫路までほぼ休憩せず、所要時間4時間36分、175㎞。

その友人である自転車冒険者のVさんの家に、単車の冒険者であるたびいちと、人力の冒険者であるSさんもやってきた。そしてとある女性の4人で鍋を囲む。
(ここではその様子を伏せて省略してます。電子書籍でおたのしみください)

朝 スパゲティ お徳用カルパス
昼 Coffee
夜 鍋料理
宿 姫路 友人宅
走行 175km

ウーバーイーツ日本一周の旅: ①東北・関西・中部編

をkindleにて販売開始しました。

もちろん読み放題のUnlimitedの方は無料です。

当サイトでは伏せてあるディープな内容や、未公表な記事や収支決済もある完全ノーカット版ですのでぜひご賞味ください。

 528 total views,  1 views today