ケープタウンあちこち まずは装備を整えます

たった2日で単車(SDH125)をゲットしたので、早速あちこち乗り回してみました

まずは、近くの丘からケープタウンを撮影してみると

うむ、いい景色だ!



12月5日

8時15分ごろ起床。また朝が遅くなりつつある。

早速街中を走ることにする。

アフリカでの初給油。テーブルマウンテンを背景に、とても縁起がいい!

ガソリンはリッター72円ぐらいと安かった

本日の仕事は、

ウォータフロントの巨大ショッピングモールにて、マラリアの薬と、黄熱病の注射。

アフリカ二輪旅03 アフリカの病気~黄熱病とマラリア対策の方法(2017改訂版)
黄熱病予防接種とマラリア予防薬  (Yellow Fever Vaccination & Malaria Prevention D...

担当したのは中年の白人の女医。注射を打たれたが、思ったよりもそんなに痛くはない。大人になったからだろうか。

日本からきたというと、女医さんは「日本にも一度行ってみたいわあ」と言っていた

そして、マラリアのエリアに行くなら「これも買いなさい」といわれてなかば抱き合わせで買わされた虫よけクリームは、カにとっても効果ありそうだが、人間も逃げるほどの匂いだった。

走行 129㎞

12月6日

8時45分起床。

せっかく単車にキャリアがついているので、その後ろにつける箱(トップボックス)を探すことに。

海岸沿いを東の郊外へ走らせると、バイク屋が何軒かあった

それにしても目を引いたのは、1980年ごろ作られたと思われるヤマハのアメリカ仕様のベンチャーロイヤルの装備。

特筆すべきは、たかがラジカセ装備なのに、まるでセスナのコクピットのように豪快。これが当時の最先端だったのだろうか。いまだとスマホひとつで音楽聞けたりナビが使えたりする。あと、大雨が降ったらどうなるんだろう。

そして通りすがりにZESTというバイク店をみかけたのでトップボックスについてたずねてみると、450ラント(4500円・取付工賃込み)でいいというので、さっそくリヤキャリアに取り付けてもらいました

12.1インチのノートPCなら楽に入る広々としたサイズです

ついでに、タイヤにはスライムのような液体であるパンク防止剤を注入。75レント。

Table Mountainと、右の甘食みたいなのがLion Head。

毎日天気が良くてほんとうにすばらしい

見よ!この景色を!

この写真を2mぐらいにひきのばして額縁つけて、社長室に貼り付けてもいいぐらいの威厳と圧倒さ。

日本のツーリングにはない壮大なスケール。

だから海外の旅は、やめられんのですよ

走行183㎞

明日は、喜望峰の旅です。おたのしみに!

112 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*