UberEats 35日目 地方から東京に戻る・大都会でキャンプし出勤!

スポンサーリンク

静岡・宇都宮の巡業から戻り、再び東京へ。

「旅と仕事が合体」の骨頂である「キャンプしながら仕事」が静岡で成功したので、東京でも挑戦。どんなキャンプ野宿になるのか?

東京ではホテルに泊まってきたが、キャンプならコインロッカー代2日分の800円で済む。しかし都会の野宿は、正直不安だった

本当は若洲キャンプ場なら安心して泊まれるのだが、安くて人気があるゆえにこの時期はほぼ予約が満員。しょうがないのでゲリラ野宿をします。

35日目 6/16

14時37分、のんびり出発。

2時間以上かかって麻布十番に着き、駅のコインロッカーにテントやマットなどのキャンプ用具を預けた。静岡駅の時と同じくすっぽり入り、400円。

地方から東京に戻ると、UberEatsはいたついんは、芸能人から空気のような存在に戻る。タワマンも多い。でもひさびさの東京に違和感はなかった

しかし、置き配が浸透したいま、無機質に料理を玄関に置いていき、すぐさま次の配達をするだけの日々。

上司もいない代わりに、孤独でもある。人間カンケーに悩むことがないぶん、ぜいたくを言ってはいけんのだけど。

街を行く若い女性を見ると、大都会の中のひとりぼっちな自分に、思わず心がうめいてしまう。

平日なのでいまいち件数も少なく、週末や地方のようなテンションも上がらず。

夜はブースト1.3倍エリアである三軒茶屋に来たが、ここはすごかった。
なにがすごいかって、街中UberEats配達員だらけ。R246の交差点を見ると、常に2~3人は入るほどだ

これぞ案件のウーバーい合い。そのおかげでちっとも鳴らず、たとえどんなに高ブーストでも仕事が来なきゃなんの意味がなく、効率悪いため246と六本木通りで、麻布に撤退。

収益

17時から22時25まで稼働

5627円 11配達 OL4h40 時給1206円 オフライン移動もあるので時給換算はこれよりも下がる

内訳:4985+ブースト95+チップ547

走行157km (稼働56㎞)

夕食時と夜だけ稼働したこの日は、港区はブーストもシミもないため、稼ぎが非常に低い。時給500円のさいたまを思えばまだマシだけど、平日はこんなもんかな

スポンサードリンク

東京でテント泊をした結果・・

そしていよいよお楽しみのキャンプが始まるよ。

麻布十番駅のコインロッカーに預けたテントなどを単車にくくりつけ、野宿地へ出発。

予め目星をつけておいた、とある河川敷に入る。

土手から降りて、テントに適した場所を探して、奥の川岸のほうに行くと、

オラっとかいう声が聞こえた

振り返ると、土手の上から、得体の知れない一人の男が、ずーっと遠くからこちらを監視してるではないか。しかも深夜の0時。

10分ぐらい経ってもずっとその場で仁王立ちで監視してて、もう気味が悪くてしょうがない。

東京のこういうところが嫌いだ。都会はゆとりがないせいか、時々おかしな人間がいる。自分としては、東京は稼ぎに行くところで、ほどよい田舎に住むのがいい

気分もムカムカするので、そこでのキャンプを断念。しれっと立ち去る。不幸中の幸いで追っかけられたりはされなかった。

逃げるように再びバイクを走らせ、野宿に適した場所を探すも、夜中でもだいたい人がいて、いい場所が見つからない。

「やっぱり大都会のキャンプはダメかな」と嘆息しつつ、仕方ないので、とある公園で麻布十番のスーパーで買った半額弁当をひろげる。

食後、さらに別の場所を探すと、さすがに夜中2時とあってか、やっと人もいない、いい感じの場所を発見。橋の下の、土手からは人目につきにくい処にテント張った。

キャンプで怖いのは、オバケでも野獣でもない、人間が一番怖い。

そう思った東京のキャンプだった

36日目 6/17

9時起床。アンダーザブリッジのためライジングサンがテントに直撃しないため、気温が快適。

そして寝たのが夜中の2時半ぐらいなので、思わず寝坊した。9時に起きるなんてキャンパーらしくない。キャンプの朝は早起きという常識を破る男でごわす。

移動式我が家の中 意外にもウバッグがいい壁になって落ち着く。

だけどテントのあたりには誰も近寄らないので、思った以上に静かだ。しかも睡眠不足だと運転途中に眠くなると危険なので、しっかり寝ておきたい。

テントを片付け、朝10時10分すぎ、静岡と同じく快活clubに行き、朝食。モーニングのセットは、静岡の時と一緒だった。ソフトクリームやモーニングだけでなく、昨夜の弁当のゴミも捨てられる。最近は東京ではゴミ箱もぜんぜん見当たらないので、快活はほんとうに救世主だ。

きのうと同じく麻布十番のコインロッカーに荷物を預け、12時仕事開始。

平日なのでブーストも付かず、単価低い。12時と出足がおくれたのでシミも終わった。いまいち件数も少なく、やっぱりテンションも上がらず。

15時ぐらいを過ぎると、だるい。かったるい。麻布十番駅裏にある新広尾公園で昼食&ゴロゴロする。とても仕事に身が入らない。

17時まで、麻布十番商店街を歩く。半ば観光気分で歩くと、新鮮。

跨ぎクエストは25/35配達だったが、この二日で25配達やったのでおしまい。このペースだと35配達は無理。

21時すぎに仕事終えて、コインロッカーから荷物取り出し、23時3分帰宅。

野宿したので帰った時は体がべとべと

野宿と仕事の両立はそれなりにしんどいな
寝足りなくて仕事に身が入りづらかった

収益

12時から21時まで稼働

11269円 14配達 OL6h04 時給1417円(クエ込み時給1858円)オフライン移動もあるので時給換算はこれよりも下がる)

内訳:8386+ブースト65+クエスト2670+チップ148

走行182km (稼働96㎞)

この2日間で、OL10h44 25d クエ込み16896円。

平日は依頼も少ないせいか、世田谷とかでは鳴らなかったし、ロングばかり飛ばされ効率悪かった。

オフライン移動がおそらく1時間以上と長かったため、2日間での実質的な時給は1408円。

前回の週末で35000円近く行ったことを思うと、東京都心勤務でこの収益は低すぎる。

幸い、週末は天気悪くないので、また都心のホテル予約。
野宿や快活clubやドミトリーならもっと安いが、野宿のようなキャンプだと疲れが抜けなかった。

仕事では最大のパホーマンスを出さんといかんから、しっかり寝て休息しエネルギーをみなぎらせないと、翌日の稼ぎが変わる

予約したホテルは港区から離れるものの、コロナキャンペーンが続いているので、都心で1泊3000円はめちゃくちゃ安い(といっても1泊830バーツとか、1泊1900ルピーだと非常に高く感じるが)

旅や遊びだったら野宿でもいいが、ビジネスのために泊まるのだ。

UberEatsは、いかに成果をつかみ取っていくかのゲーム。

プロとして千円でも多く戦略的に稼ぎ、万全の態勢で仕事するためにも、泊る環境はケチらないほうがいい。

だけど都心ホテルも、いつまで底値で安く泊まれるだろうか。

ネットカフェやドミトリーは、他人の物音やいびきとかがとてもうるさいしなあ。

555 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加