最新機種!GoPro HERO9 BLACK のインプレと感想

スポンサーリンク

前回

GoPro HERO9 BLACKを買った話をしましたが

GoPro HERO9 Black 激安な買い方を大解説!
動画革命の目玉として、念願のGoProをしかも「最新型」で買いました しかしGoPro HERO9 Blackは、買う場所に...

いよいよどんなものなのかを披露します

開封の儀

GoPro HERO9 BLACK 開封の儀については、YouTubeにてまとめましたので参照ください

それにしても、しかし、こんな開封するだけの動画作成に2日間も費やすなんて、
我ながらほんとヒマ人ですなあ

説明書はPDFで簡単ゲット

省資源のGoProは、説明書は同封されていません。

なので説明書は、ここからダウンロードしましょう
https://www.tajima-motor.com/gopro/manual/download/HERO9Black_UM_ja-JP_REVA.pdf

買う前から説明書が読めるので、気分が高まりますね!

画質はどうか

画質じたいは、標準の1080p60FPSでも、動画をスクリーンショットすると、そんなに思ったほどキレイでもなかった。

とはいえこれまで使って来たムソンのアクションカメラよりは断然きれいだけど。

おすすめ!Muson MC2 Pro1 使い方ガイド 感想と防水ケース開け方等
8000円でGoProのようなアクションカメラを買いたい方!これは買いです! 「ムソンのMC2って、使ってみていったいどうな...

なので、ビットレートを高にすれば、若干はきれいになるが、そのぶんさらにファイルが大きくなるので、重くなると編集やアップロードに時間がかかる。なのでやむを得ないかも。

ただ、撮るのだったらビットレートは高にしたほうがいい。それは編集の時にビットレートを低く変えられるため。

撮った動画は満足にノートパソコンで見れるか?

自分のパソコンレッツノート

快速!レッツノートのHDDをSSD(Crucial製)に換装・その方法と結果
保存版!HDDからSSDの交換方法をシンプルに詳しく解説。 SSD導入で、あなたのPCライフに革命が起きる! これまで...

で撮った動画を視聴したところ

1080pだと問題ないが、2.7kになると動きが緩慢になり、
4K、5K だとほとんど固まり、遅延だらけでロクに見れたものではない

という結果になった。標準の1080が限度だと思った

Windows10のフォトの動画編集機能だと、60FPSでとっても、1080pで30FPSに落とされてしまうのが残念。(Windows Movie MakerだとFPSは調節できる)

映画でも24FPSなので、普通の動画だったらハイビジョン放送と同じ30FPSでも文句はないが、バイク走行などスピード感のあるものに限っては60FPSのほうがいいかと思ったりする。

とはいえ、普通の動画に60FPSだと30よりも動きが滑らかすぎて逆に気持ち悪いという意見もあるし、4Kとかになると、そもそもパソコンがついていけない。

街中を撮ったりなどは、30FPSで充分。

水平機能が最高!

ジンバルはもちろん、水平を保つための三脚を持つ必要もなく、自撮り棒(Selfie Stick)があれば十分なんです。

技量不足は、GoProのハイテクの力で補ってもらいます

最高画質の5Kで撮影してみた

それでも最高画質の5Kで撮影してみましたが、さすがにとてもじゃないがノートPCでは5K動画の編集はまず不可能なので、撮った動画はそのままアップロードしました。

風切り音がうるさいので注意。

反省点は、風切り音もそうだが、チェストマウントで撮影したが、走行前と、走行中ではライディングポジションが変わるので、どうしてもカメラが下向きになってウィンドスクリーンが大きく映り込んでしまい、視界がそがれてしまう。カメラを上向きにすべきだった。

ムソンの場合はにじんだり途切れたり遅延が多々発生したりしてたので、それに比べれば動きも良くてなめらか。

痛恨!新しいスマホを買う羽目に

買った当初は、水平維持機能がないことに気づいた。

それは、GoProのVersionを1.0から1.5にアップデートする必要があった

しかしいま使っているスマホ、アロウズのM03

arrows M03のインプレッション・海外旅とツーリング向けに購入
ついに買いました!arrows M03! ということで、暑さもやわらぎ、すっかり秋になってしまいましたが、ちょうど2年前の秋...

だと、アプリの対応はアンドロイドは7以上なのだが、ヴァージョンが古くて、GoProのアプリがダウンロードできなかったのだ

しょうがないのでAndroid7対応のアロウズのM04を急きょ買いました。ああまた出費。

(とはいっても、今のスマホはUberEatsの仕事で酷使しているので、寿命が来る前にそろそろ次のスマホを準備しておきたかった)

AmazonではM04の美品は8800円で売ってたが、オークションサイトを見ると、ゲオのオンラインショップで「目立った傷や汚れなし」の美品が7000円台で売ってて、運のいいことにさらに1000円割引で6000円台で買うことができた。2018年9月時点では、M04は20000円台で売ってたので、いっきに安くなった。

スポンサードリンク

GoProハイパースムースでも動画酔い

あと、誤算だったのが、GoProでも動画酔いしてしまうこと。
それは、Uターンなどの急転回。

それをしてしまうと、視覚と脳の反応がミスマッチして動画酔いしてしまう
Uターンはもちろんだが、右左折などの転回シーンは、やらないようにするか、カットする。

保護フィルムを買う

GoProを買うなら、保護フィルムも併せて買いましょう

そしてGoProを買ったらすぐに、レンズや両側の液晶画面についているデフォルトの養生フィルムから、ガラス製保護フィルムに貼り換えましょう

普通のセロファンのタイプだとキズが付きやすいので、レンズ面は、ガラス製フィルムじゃないとダメです

なぜなら持ち歩くと、半日も経たぬうちに養生フィルムがペロンと剥がれてしまい、そこからチリや皮脂が入り込んでくるからです

保護フィルムを貼るためには、指紋やホコリ、チリひとつない状態にしなくてはならないが、

皮脂やチリが入り込んでしまうと、完璧に拭い落すのが一苦労です

最初からやってしまえば、養生フィルムを剥がしたすぐ直後に保護フィルムを貼り付けることができるので、その間にチリや皮脂を拭い落とす必要が無いので、かなり楽になります。

バックアップはこまめに!!

64GBのSDカードも半分ぐらい容量をつかったときに、いろいろ撮ろうとしたところ、
なんと突然GoProにエラーが出て、撮れなくなってしまった

「フォーマットすると再び撮れるようになります」とかいうメッセージが出た。

フォーマットすると削除されるので、それはまかりならんと家に帰ってPCにデータ復元しようとしてもだめ。

フォーマットするとふたたび撮れるようになったものの、

撮った動画がパアになった・・・

大ショック。

こういうSDカードのエラーはムソンでも起こったけど、どんないいSDカードでもクラッシュするので(蚊のように小さいカードに、64GBも詰め込んでると、力学上クラッシュしやすいのは当然かもしれないが・・)

改めてこまめにバックアップしないといけない。

採点すると

届いた「初日の感想」はムソンに比べると、

60点。いや、50点だとも思う。

それは、付属品が少ないことと、アップデートができなかったため、印象が良くなかった。

充電器もないため、充電するときはGoProをいちいちフタを開けなきゃならないのもいまいち。

その点ムソンは8000円と安いながら、付属品もいっぱいついてて大満足だっただけに、
これでムソンの5倍もかかるとは、ちょっと期待外れ。

ところが、カメラ自体の機能を見ると、ムソンとはやはり別物だと思った

テレビ並みの高画質と、音声応答などの撮影の便利さと、そして水平撮影機能。

実際GoProはテレビ局の撮影でも採用してるぐらいですしね

これで私も、やっとプロ並みの機材が整ったわけです

買った時は50点でも、使いこなすうちに、70点なり80点になってくると思います

ただ、80点を超えることはないです。

それはコスパの悪さ。拡張機能の純正付属品は高いので、さらにお金がかかるため。

ということで、また気づいたら追記します

それではチャンネル登録↓おねがいします。
たびいち放送局 YouTubeチャンネル

307 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加