これぞ本当のアフリカ・ザンビア入国!リビングストン

これまでの南アフリカとボツワナは、アフリカの中でも比較的裕福で先進的であった。
しかし、その「先進的なアフリカ」から、「本当のアフリカ」といわれるザンビアに入国!はたしてどんな国なのか!?

2008年12月31日 ボツワナを出国、ザンビアへ入国した時の手続きは

ボツワナ出国

人:出国カード記入、スタンプを押されただけ

車:通関での出国手続きを忘れてしまった(でもザンビア入国は問題はなかった)

ザンビア入国

人:ビザ代50ドル(ホログラム式領収書つき)

車:T.I.P.-Temporary Import Permit(一時輸入許可証)無料、1ヶ月有効

合計50ドル

ザンビアで見たものは

ボツワナから川をわたり、ザンビアの土を踏む。やたら人で溢れ、イミグレの建物はさらに素朴になった。

それでもビクトリアフォールズが近いので白人観光客は多い。

村の風景もがらりと変わる。
砂埃が舞う露天や民家がある。

人も多く歩いている。

なるほど、南アのように、整然とされた面影はない。いかにも本物のアフリカにふさわしい。
自分としては、まるでカンボジアを思い出した。

町の舗装割合も、南ア>ボツワナ南部>ボツワナ北部>ザンビアと行くに従い舗装率も下がる。

国境の村を出発。リビングストンへ。

キャンプ場がいくらかある。

ほかにもNo Name Camp(名無しのキャンプ場)というのもあった。まるで題名のない音楽会。

夕方前、リビングストンの町に到着。

世界遺産で世界三大滝のビクトリア滝に通じる観光の町とあって、舗装されているが、舗装されているのはメインロードのみなので砂埃が町を覆う。

街からもビクトリアフォールズの瀧の水煙が見れる。明日は瀧見物だ。

夕食 マンゴ4こ スイスロール2000KW(45円) ゆで玉子 22円

走行288㎞

リビングストンの街並み

アフリカの奥地でも、日本とつながる。

このベーカリーショップはカフェも兼ねていた。先進的な象徴。しかし、多くの人が利用するので、実際はWiFiのつながりは良くなかった。ネットカフェのほうがお金はかかるが、速い。

それでは最後に・・・

当時、アフリカにいたとき、日本の仲間向けにメーリングリストに送った日記を紹介します。2008年のアフリカの旅・そして2017年のたびいちドットコムに有終の美を飾ることにします!

↓↓

行く年アフリカ・来る年日本

みなさま、あけましておめでとうございます。もう2009年ですね。
といっても、私の居るザンビア・リビングストンでは、まだ2008年の12月31日夜19時50分です。

現在ネットカフェに居ます。外はブラックパワーまるだしの活気があります。となりで現地の黒人がネットしています。きっと日本はコタツの中で寝てる人も多いのでしょうが、ここはほんのり暑くて扇風機のまわる音がします。

でも、2000年の大みそかもボリビアのラパスに居たのですが、ボリビアはまだ大みそかなのにネットカフェでヤフウジャパンを開いたら「渋谷でカウントダウンして怪我人が出た」と元旦の記事が載っていて、当時ネットビギナーだった私は、それを見て、まるで世界を予言されてるみたいでおそろしくビックリしたもんです。

そして先ほど同じふうに見たらやはり正月の事が出てました。本当に不思議なものですね

南アの野宿は、思っていたとおりハードでした。強盗とかが来なかったのが幸運でしたが、私のような野宿旅の修行者でもかなりハードです。

なんとか野宿できるのは、先述したサービスエリアぐらいでしょうね。安全は買うものなのだす。

・・で、ふととなりを見ると、現地の黒人が音楽を流しながらメールを打っています。ここはザンビアです。

では良い年を!

490 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*