(85-2)オーロビルの写真 Auroville ~西洋人が集まる理想都市~

スポンサーリンク
336×280

オーロビル Auroville

ポンディシェリ近郊にあるエコビレッジ・オーロビルには、多くの西洋人が移住しています。

オーロビルは一種の「移住地」なので、幼稚園や学校などもあります。

dscn5843

dscn5840

そして、オーロビルのシンボルが、このゴールドボール

dscn5896

だれもが入れるビジターセンターは、大学の構内と博覧会場をあわせたようなところでした。

dscn5869

カフェテラスでは宗教を超えた交流が。

dscn5870

dscn5875 dscn5876 dscn5878dscn5865

dscn5879

万博会場のようなミニパビリオン

dscn5886

日本のコーナー

dscn5883 dscn5884 dscn5885 dscn5882

オーロビルの外には

西洋人向けの店がある。

dscn5834

だけどゴアやカオサンなどとちがい、あのすさんだ雰囲気がないのがいいですね(笑)

インドのフランス、ポンディシェリは、ぜひともおすすめです。
オーロビルをもっと知りたい人は↓

ポンディシェリの日記

12日

7時半起床。途中で蚊がでたり、明け方冷え込んで夜露に濡れ気味だったものの、誰もこないので思った以上に快眠できた。朝起きると、そこは牛の放牧場だった。現地の人がやってくるが、「デリーからきたの?たいしたもんじゃのお」とおおらか。

と いうのも、南アフリカで野宿した時は、牧場に入っての野宿は、不法侵入という形になるので、早朝に人に見つかったときは「人の土地さで寝おって!警察にい くか」とかなり緊迫した状況だったので、やはりおたがいさまのインドは野宿がしやすい。インドは野宿天国といってもいい。

高速道をはず れ、ポンディシェリの道へ。混雑とホーンの嵐で走りにくい。町からあと20kmほどで、TN(タミルナドゥ州)からPY(連邦直轄 領ポンディシェリー)に入る。しかしPYに入っても、車とかのナンバーがPYに変わったぐらいで、あとの街並みとかはTNと全く変わらない。

今日は街の中心にあるフレンチゲストハウス400ルピーに泊まる。夕食は近くの本格的中華料理店。「スーパーボウル」

といってもウェイターはインド人。客のいる前でウェイターがゲップをするのは下品すぎて萎えるけど、出てきたベジタリアンあんかけやきそばは、非常にうまい!

走行152km

13日

8時半起床。部屋はうるさいので11時、チェックアウト。すぐとなりの宿MothersGuestHouseに引っ越す。

前 の宿よりも広く、テレビもついて、いちばん奥の部屋なのでかなり静かなのにかかわらず、300と驚きの安さ。「最初からここに泊まればよかった!」と、ま たも後悔。なので連泊したくなるが、日程に余裕が無くこれ以上足止めされて休んでる場合ではないので、そのジレンマがつらい。

だけど静かな環境で、インドの旅で蓄積されたストレスを抜き出したいのも事実。

昼は町の南側にある食堂でミールス。食堂なのになぜか厨房などが無く、何十個の料理の入った袋のなかから出してくれる。ミールス50に魚の唐揚げ2つで30、計80。そのあとチャイ8とビスケット2。安いし明朗会計。

走行76km

14日

8時半起床。朝食は宿近くのベーカリー。

も うポンディには特に用事はないので、チェックアウトしてチェンナイに行こうか迷ったが、街もいいし大当たりの宿なので、結局もう一泊することにした。外で チャイ10を飲んで部屋に戻り、ひさしぶりにヒルネする。静寂の中での目覚めがたまらなくいい。インドにおいて静寂は、最高の贅沢だ。インドの旅は大変 で、思った以上に忙しいので、溜まったストレスを吐き出しておかねば。

このところ、一つの都市に3日以上滞在する事はないので、せっかく街の道のりを覚えた頃にはもうその町に別れを告げている。これまで旅してきたインドの中でパッとしなかった場所も多いけど、ポンディにはまた行きたい。

夕食は、安食堂でエッグヌードル40ルピー、そのあとネットカフェ。

走行21km

204 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*