沖縄放浪 おそるべき百円軍団! 宮古島

4月11日

昨日たっぷり電池を充電して、洗濯もしたが生乾きのまま履いて朝6時にキャンプ場を出る。45分遅れの7時30分に飛龍は石垣出港した。

石垣と宮古の中間で多良間島を見る。のっぺりーとしたさんご礁の島。

11時45分に宮古島についた。

石垣島と違って潮風で錆びついた、レトロな街並み。

にゃんことスナック金星。これぞキングオブ昭和。

渡りゆさんの後を追うように島の南にある前浜ビーチのキャンプ場に泊まるが、砂だらけでいやになってくる。テントの中も砂まみれになり、ベトベトして気持ち悪い。

このキャンプ場は無料だが下地町役場に行って許可を取りに行く。役場はすごい新しくきれいで、企画課の職員の応対もいい。そしてトイレもきれいなのでついでに用便する。

夜はいつものようにわたりゆさんのテントを囲む。そして二人のライダーも必ずやって来る。一人は博多の”パンツくん”。ホンダTL125に乗るパンツくんは博多弁丸出しでキャンプ場でもパンツ一丁で歩くからこの名がついた。

もう一人は坊主頭にシリアスな顔つきの”修行僧”。彼は高知ナンバーの2ストオフ車のCRM250にバカデカイ衣装ケースを積んで走っている。

【沖縄で泊まる】一泊800円の激安宿から、海の見えるホテルとキャンプ地まで
沖縄ではどうやって泊まるか?沖縄を放浪したたびいちが、宿泊に際し失敗を防ぐためのいい方法をまとめました まずは沖縄の季節:避寒を考えている...
この二人は、西表の星の砂キャンプ場でもわたりゆさんと例のわんぱく女と一緒にいたし、西表から石垣の黒砂糖フェリーでも一緒だったのだが、気がついたら私と同じ風にここまでやってきてこのキャンプ場でかちあってしまうのだ。便数の少ない離島航路ではよくあることだ。

パンツくんと修行僧、「この男、信じられん」と、お互いけなし合っているくせにすごく仲がよくなり、二人とも女にモテない代わりにいつも二人で恋人のように行動するようになっていった。笑える。

ところで残念な事に、今日はデジカメに使う単三電池と充電器を夜7時から11時の間の充電中に盗まれてしまった。200mほど離れた所に屋外ステージがあって、そこには箱つきのコンセントがあって、みんなそこで携帯の充電をしていた。

ほかの旅行者なのか、地元の人間なのかはわからない。後日、そこで充電中携帯を盗まれた人もいると聞かされたときはやっぱりやられた!と後悔した。

まあ我々のやっている事は盗電行為なので文句を言う事も出来ない。これからは悔い改めて、単車のバッテリーから電池を充電する方法を考えよう。

いきなりですが、ここはどこでしょう?

【沖縄で泊まる】一泊800円の激安宿から、海の見えるホテルとキャンプ地まで
沖縄ではどうやって泊まるか?沖縄を放浪したたびいちが、宿泊に際し失敗を防ぐためのいい方法をまとめました まずは沖縄の季節:避寒を考えている...
そう、ここはドイツ(村)でした。南の島なのに、けっこうドイツはいってる。



4月13日

一年のうちのこの時期、干潮時になるとサンゴの島が現れる、八重備瀬を池間島から見てみるが、あまりたいしたことはない。チャーター船は8000円もして足元見られる。

そして、池間大橋の手前の広場では、盆踊りみたいなのをやっているのだが、

なぜか晴れて暑いのに黒服を着た人や黒い車がやたら多い。893の出入りなのかと思ったけど、どうやら偉い人が来るらしい。

おばあたちがはっぴ着て島踊りを踊っているうちに、一人の男がやってきた。実は彼こそ片山総務大臣だったのだ!

踊っていたおばあを囲んで大臣は記念撮影。そばにいたおばあの口からしあわせだね~なんていっていた。単純なものよのう。

総務大臣は東京からの直行便で宮古入りし、離島の対策と町村の合併について協議しに来たわけだが、そのあとはすぐに石垣に飛ぶんだと。

そして総務大臣と黒服の連中も去っていき、広場には何事もなかったかのように静けさが戻った。

4月14日

パンツくんと修行僧、わたりゆさんは南の島ですっかり買い物にはまっていた。観光もせず(とはいっても一日で回れる小さな島だし)毎日行くところといったら平良のメイクマン(ディスカウントホームセンター)とか百円ショップ。もう退屈な島ではすることがないのでぶらぶら店内を覗いてはいろいろ買っていくのでどんどん帰りの荷物が増えていく。ある意味プチ買い物依存症になってきたな

そんな彼らが、弁当を何個か買ってきた。なんと彼らはスーパーの4~500円の弁当を100円で買ってきたのだ!いくら売れ残りとはいえ、100円にまで値切るなんてその神経の図太さには恐れ入った。いくら私でもこれにはかなわない。本当にここのライダーはめちゃくちゃドけちでがめつい。

日用品は百円ショップ、スーパーの弁当まで百円で買ってくる、「疾風怒濤の百円軍団」!!

とはいっても、アフロあきらも翌日からしっかり弁当をなんとか百円に値切っていたのだった。

272 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*