日本一周72日目(04)  淡路島を回る 国民的RPGと二次元のもりもり

日本一周
スポンサーリンク

5/04 Day72
天気:はれ
8時起床 そんなに寒くなく、快適に寝られた。テント地が勾配あったので下に下にずり落ちてしまった
テントを畳んだ後は、水が足りないので、水を汲みに道の駅・東浦へ。しかし人多くて入りずらいのでバス。バスターミナルのトイレで汲んだ。高速バスだとここから神戸まで950円ぐらいで行けるので、意外と便利なのかもしれない。ただマイカーの場合、休日になると明石大橋は大混雑なので大変だろうな

またキャンプ地に戻って食事し11時出発。西海岸には震災記念公園(祈念ではない)がある。ちょうど三陸各地の震災祈念公園で衝撃を受けてきたので、阪神淡路の場合はどんなものか寄ることにした。

しかし三陸のとちがって、あの悲壮感や不気味なぐらいの極楽浄土感もなく、ただの行楽地のひとつという雰囲気だし、入場料もかかるので、あっさりパス。

その後はぐるっと西海岸の道を進むが、海の眺めが非常にいい。ヤエー率多い。みんなゴキゲンなんだなあ対岸の大橋と明石の街並みは地中海みたいだ。

島の最北端を回った後は、ニジゲンノモリへ。

公園自体は無料だが、ドラゴンクエストなどのアトラクションの入場料はとても高いので入らなかったけど、DQのBGMが流れているので、雰囲気は伝わるし、町の城壁を伝いながら秘密の地下室を探す勇者になった気分で、自分なりにかなり楽しめた。ドラクエ田んぼアートの行田の蓮の里以来だ。

思えば、ドラクエがブレイクした時は、まだニジゲン、いわゆるオタク文化やゲームそのものに偏見のあった時代で、子供や若者だけが楽しむ的なものだった

しかしそれから30年以上経ったいまでは親子で楽しめるゲームになった。ある家族ずれは子供がDQ4のコスプレしてたり、または赤ん坊をスライムの上にのせて「スライムナイトだ」なんて言ってたり、50代ぐらいのオジサンがDQ話をしてたり。いい時代になったと思う

そのため、ささっと寄る予定だったのが、思いのほか時間がたったので、島の脱出はもう困難。

夕方、温泉マーク発見。4日間髪の毛を洗ってないので、頭のべとつきと不快感が頂点だった。その花の湯は、730円だが、2Fの休憩所も利用できるというので、少し考えた挙句、夕方からはまったり&PC作業にして、徳島行きは明日にする。

花の湯は飲食不可なので、スーパー・キンキで買っといた夕食は、一旦外に出て食べた。

脱衣所の現地の人の会話を聴いてると面白かった。それは
「たまねぎをワンボックスに積むと臭くなる」「だから荷物は良くても人は載せられん」「実際は北海道の玉ねぎのほうがシェア8割とか」「淡路の玉ねぎのほうが甘いか」などと言ってるところが、いかにも淡路島らしいではないか

きのうと同じ場所でキャンプ。 わらびもちを食べるが、ニジゲンノモリから戻ると、どうしてもスライムに見えてならない。

本来、欧米のRPGに出てくるスライムなんてのは、ドロドロの臭い汚い生命体なのだが、ドラクエだとすっかりマスコットキャラになっている

それは愛らしくかわいくしないとファンもついてこないし、DQシリーズが売れないからだろう。マーケティング論的に、「かわいいは正義」なのだ。

朝 よもぎスパゲティ おかず残り チョコクラッカー108
昼 缶コーヒー51 三ツ矢サイダー51 まるごとハンバーグパン半額73
夜 黒糖スナックサンド わらびもち
宿  高速道路下 キャンプ
走行 59km

スポンサーリンク

おしらせ

ここに載せている日記は、いわば簡易版なので、写真や詳しい話、ディープな話は、また2作目の電子書籍にしますのでお楽しみください

前回のUberEats日本一周昨年の東北・関西・中部編はこちら kindleUnlimitedならタダ!

そして24年前の日本一周。今回の日本一周とどう違うのか?ぜひ読み比べてみてね

そして、今月から通信環境も変わったため、リアルタイムの写真はツイッターでお楽しみください。

https://twitter.com/tabi1com

 545 total views,  1 views today