1泊225円!東アフリカ最安宿に泊まる!モンバサからナイロビ・前編

ケニア第二の港湾都市モンバサから、いよいよ今回の旅の目的地・標高1700mのケニアの首都・ナイロビに行きます。

その日の宿は、この旅で一番の安さだったが、どんな宿なのでしょうか?

2月20日

8:05モンバサのローカルなホテルで起床、そのまま部屋でパソコン使ってデジカメ編集。朝食はビスケット。

今回のアフリカの旅は、ケープタウンからナイロビまで行くのが目標だったため、ナイロビに到着すれば前半戦が終わったのも同然。ケニアどころか東アフリカを代表する大都会のため、期待が高まる。

10時出発。

海よ低地よさらば、な風景

モンバサの近郊には、はやくもオバマロードと名付けられている。なんとも気の早い。

12:37、72kmすすみ、Sambaruサンバルの村。沖縄のヤンバルのような地名である
休憩のため村の中のハエまみれの狭い茶屋を見つけ、チャイをしばく。

チャイは1ぱい10シル(15円)もう1杯おかわり。

この茶屋の古さ加減と言い、まるで気分は江戸時代の旅人。

日本だったらサービスエリアで自動販売機の缶コーヒーを飲む感覚か。

モンバサやマリンディなどの海岸地帯に対して、ナイロビなどの高原地帯はUplandというが、アップランドに向けて進むにつれてゆるやかに標高も上がっていく。

14:50 Voiボイ到着。標高585m。


ボイで昼食にする。ウガリ(ンシマ)、ビーフフライ、そしてドクターペッパーのような清涼飲料水。このほかに玉子焼き。いつものローカル食で、210シル(315円)

ここまで来るとウガリは、南アフリカ諸国とはもはや形も違う。

ボイはモンバサから156km、ナイロビへ357km。なので東海道に例えると、まるで味噌かつきしめん定食を食べている感覚か?

その後さらに進み、このあたりでモンバサとナイロビの中間だろうか。ナイロビ方向はあいかわらずゆるやかな上り坂がつづき

モンバサ方面を振り返ると、眺めのいい地平線。

日本にはない、ゆるやかに昇る一本道は、

インドのチェンナイからバンガロールのデカン高原の道と、

アルゼンチンのブエノスアイレスからメンドーサまでのパンパの道を思い出した。

そして、ケニアらしくシマウマも発見。

17:30、MtitoAndeiの町。標高775m。



1泊225円!一番安い宿の泊り心地は?

そして19:30、ナイロビまで170kmの町Makinduに到着し、この町に泊まる。

宿にチェックインした後は、宿の近くで夕食。チャパティ45円、ソーセージ45円、玉子焼き60円。チャイ22円

その宿は Makindu Balozi Silent Lodge 150シリング

今夜はこの旅一番の最安値の宿だった。ドミトリーでもないのにこの値段は安い。

標高975m。ひさしぶりのひんやりとした夜。ずっと海岸地帯にいたので、まるで夏が終わり、秋が来たようだ。中庭で薪で沸かした熱い湯をもらい、体を洗った。

これが225円の部屋。質素だがわりとしっかりしている。シーツはそこそこ清潔だったかな?


「サイレント」と言う名前に惹かれて即決したが、他のロッジはバーを併設してうるさいので、純粋なロッジのみのここはサイレントだと言いたいのだろうが、国道沿いなのでホーンなどうるさいし、他の安宿同様、他人の話し声が耳障りだった。
でも他の宿に比べればすこしはサイレントだし、なによりこの東南部アフリカの旅で最安値。

翌朝の写真。屋根はトタン、扉は鉄製と、まるで倉庫みたいだった。奥に共同ケニア式バスルームがある。トイレは、穴があるだけのケニア式。

なお、ほかの街道沿いの町や村によってはSilentと名のついたロッジやゲストハウスがあるので静かに泊まりたい人はそこに泊まるといいでしょう。

走行355㎞

373 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*