ウガンダの首都カンパラの写真 アフリカの熱気とパワーの世界

スポンサーリンク

ウガンダ首都のカンパラに着いたので、その様子をいかんなく撮りまくりました。どんな街なのでしょうか?

9時起床。泊まっているABCホテル(825円)は、まずまずの部屋なので、このまま連泊することにする。

ホテルの窓から眺めると、外はもうエネルギッシュで、アフリカの中のアフリカというシーン。運転もカオス状態なのですごい。まさにこれぞアフリカのパワーだ。

そして目の前の市場にいくと

これがABCホテル。

10時半出発し、中心部へと歩く。

下町ではとにかく人だらけ。そして何よりパワーにあふれている。ドロの水溜りもあってインフラはナイロビよりは落ちる。

市場から、街中へ向かう。

街中のショッピングセンターはとにかく熱気。

カンパラの両替レート。このほかにも街中に両替屋が何軒かある。

まずは両替をする。そのうちの一番レートのいい両替屋でUS100ドル両替、198000USH。

そして後日100ドルのトラベラーズチェックを両替したが、191500USHとレート悪い。

ウガンダの官庁街

カンパラは、ナイロビほどではないが高層ビルも立ち並び、さしずめ「半分規模のナイロビ」というかんじだった

世界各地への航空券。東京ならぬ大阪行きが950ドル。

そのクラシカルなフォントのビルの案内板に沁みる。

ウガンダの歴代プレジデント。中央には伝説の怪人アミンもいるが、その圧倒感はまるでキャプテンジャック。

街中の路上の露店で売られているもの。この国にはコンビニはない。

郵便局のお古がウガンダで息を吹き返す

ウガンダの白バイはBMW。どんな国でも白バイだけはしっかりしている

朝食べたのは、街中のカフェテラスで牛丼らしきもの 165円 ジュース 39円

なんとカーバッテリーで稼働する公衆電話。バッテリーを盗られたりしないのだろうか。

こうしてホテルに戻り、12:10から15:30まで昼寝。

昼はポテチ 28円 のむヨーグルト28円

雑踏の中の中部電力

そして夜も町へ繰り出し、ネットカフェでネットをする。30分で55円だった。

夕食は玉子焼きとチャパティ 55円 追加チャパティ11円 焼肉串28円を4本というテイクアウェーをホテルの部屋にて。

こうしてアフリカ流アーバンライフの初日が終わるのだった

244 total views, 4 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です