UberEats 29日目 時給515円! UberEatsを本業にするのはよし子ちゃん

スポンサーリンク

時給515円!Really? Its true!

ここまで低いと、そもそもUberEatsってなんなのか?というテーマも書きました。

29日目 5/27

これまでの4日は、都内に出かせぎしていた。

そして本日はクエスト消化のため、日帰りのさいたま出動。

せわしない東京に比べると、さいたまは前を走る車の運転がややスローで、若干イラっとくるものの、ホーンの数が少ないのが良い。

大宮駅あたりでピックし、帰宅じゃなく北区や、見ぬ幕じゃなかった見沼区の住宅街でドロップすると、そこは宗谷岬のようにウーバーエリアの北限の最果てのため、またいちいち大宮駅付近に戻らないと鳴らず、非常に効率が悪い。

これがもっと南寄りだったら、大宮だけでなく与野とか北浦和などからも依頼が来る。

とくに都心は、ドロップしたマンションを出たちょうど目の前の店が、次のピック店というミラクルがよくあったほどだ。

それにしても、

いままでありえないぐらい死ぬほど鳴らず、

鳴らない

鳴らない。

旅の空・ウーバーの空

とくに夕方は1時間半ぐらい鳴らず、配達依頼なし。

なのでさいたま新都心の某場所で、地蔵。どころか寝仏。座っても鳴らないので、もうすっかりふてくされながら寝っ転がりながら依頼を待った

この時期は暑くも寒くもなく快適なので、公園とかでもゴロゴロできるが、始めた当初の2~3月とかはまだとても寒く、外で休憩することはなかった。

バイクを側において、仰向けになって空と雲を見ていると、世界の旅の記憶がよみがえる。

日本や世界のツーリングの最中、眠くなると、125㏄バイクで同じようによく道端で寝転がりながら、空を見上げていた。アジア、中東、ヨーロッパ、南米、北米、アフリカ、インド。

世界に通じる空。果てしない自由があった。

快適な天気だからこそ、配達員が激増し、案件のウーバーい合いになるんだな。

収益

11時30から17時50分まで稼働

5398円 5配達 OL6h10 時給515円 (クエ込み時給875円)

内訳:2840+ブースト188+クエスト2220+チップ150

走行117km (稼働50㎞)

先日の都心と比べ物にならぬほどの最低収益更新

時給515円!

あのう、遊びで配達してるんじゃないのよ。
(とはいえいくらか遊びだけど)

さいたま死亡状態。

先日六本木や麻布十番などで配達した時は
時給1340円・日収13000円でも「たったこれだけ?」とかなり不満だった。

なのに、

きょうの大宮さいたま新都心で時給515円だと、

呆れをすっ飛ばして、笑うしかない

さいたまへは、ゴロゴロしに行ったようなもんぢゃ。

5名のうち2名様からチップ(百円、五十円)をいただいたのが、せめてものなぐさめ。

もうね、

川越どころか、さいたますら危ういよ。埼玉県じゃ専業じゃ食ってけない。

週一ぐらいに港区に出張すれば辛うじて生きていけるが、チャンスがあればテレワークなども併せてやりたい、と、寝っ転がりながら将来のこと考えてた。

ともあれせっかくバイク乗り回して自由きまわりないUberEatsやってるのだから
「遊びと旅の融合したおもちゃ箱のような仕事」をしたいぞよ。

ということで、

スポンサードリンク

若人よ、UberEatsを本業にするのはよしたまえ。

エリアや季節によって収益がめちゃくちゃ不安定ということ判明(←いまさら気づいた)

時給1800~2200円の日もあれば、この日みたく、たった500~600円の日もある。マンガみたいな落差じゃ。

しかも、いくら働いても、なんのスキルアップにもならない。

40代になると、可能性も就職先も一気に限られてくるが、
若いうちなら、働き口も、たくさんのチャンスが待っているので、
自分のやりたいことやいろんなことに挑戦すべき。

もし夢破れて働き口がなくなった時に、またUberEatsに戻ってこればいいだけのことさ。

UberEatsはブラックか?それとも天職か?

時給500円はブラックだ。

ガソリンや装備品などもすべて自前で用意しないとならず、

バイクトラブル修理になったり、スマホが壊れたり、ぬこにつかまったりしたら、一発で赤字になる。

自営業者だから宿命でもあるが。

それでも、

UberEatsは素晴らしい仕事だ。

それは鳥のように自由に好きなところで働けるし、
くそみたいな上司や同僚もいないし

なによりも
「イヤならいつでも逃げれる」から。

かったるいからといって帰るのも自由。

雨が降ったら行かないのも自由。

きょうみたく、通行人がそばを通りつつ寝そべるのも自由。

UberEatsは自由の塊だね。

これがコンビニやホテルなどのフランチャイズ経営だったら、逃げるに逃げれず、もう悲惨。

たびいちの労働観

そのフランチャイズで思ったのは、
自分は好き好んで人に雇われたくもないし、雇いたくもない

人づきあいなんて死ぬほどめんどくさい人間なので。

そのかわり、配達するときはとびっきりの笑顔で接客してるので、我ながらなんとも。

いつでも笑顔で接客できる秘訣は、遊ぶように仕事して
あくせくガツガツしてないし、くだらないことばっか考えてるから、心に余裕があるからだろう。

「いやならやめてやらあ」ぐらいの気分でやってっから
「きょうは稼げないな」と思ったら速攻でとっとと帰る。

そのかわり稼げると思ったら、夜遅くまで頑張る。収益ウハウハ。
だから高評価。

その点125㏄バイクはズルいぐらいに最強。

市街地なら最速で、すり抜けもできるし
自転車や50㏄バイクや四輪車よりも速く着くから、「届くのが遅い」というクレームもつかないし、その分bad評価もくらいにくいし、その分多くの配達がこなせる

この仕事をするうちに、自転車で配達する人はすごいと思うようになった。

ということで、

また今週末は都心に遠征することになりました

今度こそ不名誉を挽回できるだろうか?

712 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加