あれから5年!Vstrom DL250のユーラシア・アフリカ計画は?

スポンサーリンク

1111の日です。

コロナ時代でわかったこと。

それはユーラシアアフリカ大冒険なんて、究極の道楽だ。

古代蓮の里でユーラシアの夢を追う

現在、UberEatsでV-Strom 250で日本一周している。

みちのくの旅を終えて、家に帰る前に、古代蓮の里に寄ったときのこと。

ドラゴンクエスト・田んぼ&わらアート in 埼玉行田古代蓮の里 
迫力大画像!またもギネスブックネタになりますが、 前回のような「しょーもないギネス記録」ではありません。 今回...

ここはちょうど5年前の2016年の秋に、ドラクエ田んぼアートで何度か来たのだが、その頃Vストローム250がリリースされて、これでユーラシア・アフリカに行くぞと、田んぼアートと原風景を見ながら、ドラクエのような遠い冒険に思いをはせた、誓いの聖地。

5年前、SNSの速報でモーターショウで発表されて、それを見た瞬間「欲しい!」
と思ったVストローム250が手に入ったというひとつの夢がかなったが、
予算やコロナなどで、アフリカ行きの夢はまだまだ先だ。

この1か月以上に及んだ「みちのくの旅」で
Vストローム250の良さを心から実感した旅だった。

高速走行は、高級車のようにめちゃくちゃ快適で、キャンプ用品などめちゃくちゃ荷物載せられるし、意外に配達もこなせる。

もしVストが販売されなかったら、
バイク人生から少し遠ざかって、おそらく別の人生歩んでたと思います。本当に。

その5年前以前は、日本でのバイクライフ自体に興味がなくなってきたので、
125㏄バイクを実用の足としてちょこちょこ走るぐらいで終わってたと思う
アフリカはおろかUberEatsで日本一周しようとは思わなかったと思う

5年前、そして2週間前と同じく、すごく味のある蓮の里のテーマソングが流れていて、ものすごく沁みる。

スポンサードリンク

コロナ時代で、いろいろな事が判ってきた

今回の日本一周の旅で、旅先でUberEats仕事をしてるときは非常に充実しているが、下道はとにかく走りにくいことを再認識した。

なので日本での単なるツーリングというものには、ちっとも興味が無いたびいちにとって、日本一周が終わったらVストローム250にはまず乗らなくなる。

実際、仕事でイヤっちゅうほどバイクを乗りまわしてる日々のため、休みの日にバイクに乗りたいとも思わず、Vストを新車で買ってから2年でたったの3000キロしか乗ってなかった。

それは、

「SPORT ADVENTURE TOURER」の通り、狭苦しい日本をツーリングするためにVストローム250を買ったのではない!

果てしなくどでっかいユーラシアやアフリカ大陸を「超でっかく大冒険」するために買ったのだ!!!

それが我がロマンなのだ。

狭くて走りにくていらいらするオレンジセンターラインではなく、地平線に続くダイナミックな一本道を、スコーンとかっ飛ばしたい。

もっともっと世界の驚くような素晴らしい場所に行きたい。驚きまくりたい。

しかしコロナのせいで、アフリカに行けるのもいつになるかわかりゃしなくなった。

国を越えるたびにいちいちコロナの検査や隔離などされると、金銭的日時的にも非現実的なので。

それ以前にまたインド3周目やアジアも行きたいし。

そして何より痛いのが、ロシア行きのフェリーも無くなった。

これは空路を使わず、愛車と共にユーラシアアフリカを進むというロマンが断たれたので、モチベーションがちょっと削がれた。フェリーの復活は、当分は無理だろう。

そう思うと、コロナ以前はめちゃくちゃ恵まれていた時代だった事を痛感。LCCで安く海外に行けた、あの時代の常識が、まったく通用しなくなった。

コロナが憎い!

ということで、

今後の計画は、コロナ次第ということで、どうなるかはわからなくなってしまいました

たとえ今のコロナが収縮しても、そのあとにまた別の伝染病が蔓延すれば、また鎖国で元の木阿弥という憂き目もありうる。

でもやりたいです。二輪も電動化するような世の中となれば、いろんな面で変わっていくし、老人になってしまうと、一度チャンスを逃したら一生できないと思うので。

お金を貯めていきたいけど、インドとかも行くとなれば、いつになったら貯まるのかもわからない。

まあ、はやく貯めて行きたいですね

666 total views, 7 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加