タイで日本そっくりの祭の縁日を発見!射的や金魚すくい、そして・・

タイのお寺の境内で、偶然にも縁日を発見しました。その縁日は日本に似てるどころか、いまの日本じゃ決してできないゲームもありました。

夏休みのような生活

3月14日7時半ごろ起床。不健康の総合商社・パタヤにいるのに、パタヤに来てからは自然と恐ろしく健康的な生活になっている。

それは窓から見える朝の海が青くてきれいだからだ。節約旅行者としては高い金払ってオーシャンビューに泊ってるのだから、寝過ごしたらもったいない。

その点夜は何も見えないので、寝るに限る。ネパールの農民のように太陽とともに生きる生活だ。


おととい買った2kgのマンゴ、種と皮が多い為、2日で食べつくした。買おうにも遠い場所にあるので、午後3時半ごろ、またレンタルバイク借りて、店に行く。

3等品がまだ残ってたので、今度は5kgも買ったった。

5kgで21個でたったの340円。夢のマンゴ食い放題。もしくいきれなかったら人にお礼代わりにあげてもいいし。

今宵はバイクがあるので、ふたたびナイトマーケットに行く。

5バーツ寿司のあるそのナイトマーケットは
「クロン トムマーケット パタヤ Klong Thom Market Pattaya」

そこから国道沿いに南に行ったところにあるのがワット・ノンヤイ Wat Nong Yaiという寺なのだが、ナイトマーケットの後、ホテルに戻ろうとすると、その寺に派手なネオンがあったので入ってみると、寺の縁日が行われていた

パタヤの縁日が日本と同じ!しかも激安

期間限定で寺の祭りを行っており、境内は縁日になっていた
普段は静かな寺なのだが、この日はまさにお祭り。

風船割りと射的 1回20B 3回50B

風船割りの景品はくまのぷーさんやミニヨンやキティちゃんやリラックマもどき(?)のぬいぐるみなど

このほかにも、くじ当てやビンゴゲーム、ダーツゲームや的あてもあり

普段賭博が禁じられてるタイならではのハレの日の無礼講。

日本と全く同じの金魚すくい。1回10B。3回20B。右の子供連れで、子供が救うとすぐ破けるが、左の母さんが素早い絶妙タイミングでうまくすくっていた。

お面をかぶってる少年もいて、もはや日本と変わらない

串揚げ屋台。なんと全品1本3バーツ(約10円)


かなり単価が低いので、

果たして収益化できるのか他人事ながら心配になってしまう。大人になってから悩む他人事。


日本じゃ不可能!テレビのバラエティー番組のようなゲーム

そして最後に、日本じゃ問題ありそうな、タイならではの昭和のお座敷感あふれるゲーム。

それぞれブランコのようなものに座ってる4人の若いギャル(18~20歳ぐらい?)が並んでいて、

客はボールを、ギャルの右にある緑の丸い的に向けて投げるというもの。

客が的に向かってボールを投げようとすると、手をのばして的をふさぎながらキャー(的に当てないで)と叫び、

的に命中すると、椅子がパカッと開き「キャー」と言ってドボンと下の水槽の中に落ちるというもの。

投げる客(タイの男)のほうも、ギャルのほうも、学生時代のサークル活動のようにゲーム感覚で楽しんでるように見える。

だけど日本の縁日でやったら速攻クレームが来て、絶対不可能だろう。欧米だったら女性蔑視だ!といわれるだろうし。

とはいえこのようなゲームでも、タイの寺が認めて運営してるのだから、これがタイの常識というものである。

そういえば、4人のうちの西洋人のハーフっぽいギャル(写真右)は、前歯が抜けてた。バラエティ縁日の裏に隠された裏の部分をみた。

3月14日の食事

朝 マンゴ2個
昼 日清焼きそば10x2 マンゴ2個
夕 マンゴ2個
夜 ステーキ串10×2本 超小粒なパン 1×10個  シャーベット10×2個 焼きとん10 カオニャオ5 ホットドッグ20 串揚げ3×2本 寿司 5×6個

293 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*