ライオンズヘッドの登山 夕日と満月のケープタウンの夜景がMAX!

スポンサーリンク

またもや、ケープタウンの名所シリーズです。

それは、ライオンズヘッドです

「ケープタウンといえば、テーブルマウンテンじゃないの?」

いやいや、まずはライオンズヘッドを見てもらいましょう。ここもすごいんです。

ということで、ケープタウンのクリスマスイルミネーションと、ライオンズヘッドの二本立てです!

2008年12月8日 日記より

9時30分起床。着いたころよりもあまりすることが少なくなってきたので、起床時間も遅くなってきた。しかし、長期滞在中の日本人旅行者はまだ寝ている

昼 Beef&Rice 20

夜 ウォーターフロントで買ったサンドイッチとにぎり、カリフォルニア巻

その他

マンゴジュース2L 16 走行22㎞

12月9日

8時10分起床、テーブルマウンテンに少し登ってみる

この日、風が強かったので、単車を倒されてしまった。グローブ代わりに黒手袋買う。100円。

朝 ヨーグルト2こ 昼マトン&PAP 25  夜 残り物いれたラーメンと、リゾット

24時寝る 走行59㎞

12月10日

9時20分ごろ起床。すっかり朝も遅くなってしまった。

昼食後、ウォータフロントに行った後は、どこにも行く気がしないので夕方には単車をしまう。

そのあとメールチェックしに行く。(現在では宿には有料のWiFiがある模様)近くのネットカフェに行くも、悪党にPCをかっぱわられたらまずいので、ノートPCは持ち歩かず、ネカフェの端末でチェックした。

そういえば、ドミトリーの相部屋なので、中々PCをいじる時間がない。PCはロッカーの中に放置しぱなっしだ。

朝 ヨーグルト 昼 Beef&Rice 20 夜 ラーメンに缶詰の残り 走行11㎞

スポンサードリンク

そして、宇宙のような銀行

12月11日

9時50分起床。洗濯物を取り込む。

今朝、ホワイトボードの掲示板を見ると

英語で「Akiraへ、ホンダより連絡あり。3時に店に行け」と書いてあった。

今日の昼食も、Chicken&PAP 20(PAPとは、スワヒリ語圏でいうウガリ。アフリカンの代表的な主食)というアフリカンな食事である

白人のおばさんに、PAPを勧めたら、決して食わないようだった。PAPじたいはごはんのように白く、くせも味もなくあっさりしてるのに。そんなの食わずぎらいや。

昼食後、銀行(ABSA)に行って両替をする。3万円の現金諭吉で3141.30ラント。

担当したのは、黒人のめがね女子。ここの銀行でおもしろいのは、真空チューブが上の階に届いており、カプセルの中に入った我が日本円などのお金が行き来している。スポッとカプセルが飛んだり下りたりして、スペイシーである。

本登録ができた

そのあと10分前の14時50分ごろホンダの店に行く。

待ってる間にでてくるコーヒーがうまかった

ついに本登録ができた。ナンバープレートと本書類がそろった

やっとこれでどこいろんな国に行ける!うれしゅうてしょうがない!

買った時以来の2度目のよろこびである!

普通のライダーなら、やった明日には出発できるぞ、というのだろうけど、しかし自分の場合はゆるゆる人間なので、まだ出発はしない。

この時期のケープは超快適だし、泊ってる宿でも仲間に恵まれているので去りがたい。かといって旅に出たい気持ちも強いし、あまり長くいると日にちがなくなるのでもう少ししてからケープタウンを出ることにする。

男31歳。2000年に世界一周した時のような、異様にポジティヴで暑苦しくて鼻息の荒い情熱はない。まだ見ぬ土地の、面白いものや変なものを見つけたい。というのが目的のひとつである

慣らし運転で楽しむケープタウン

それまでの本登録を待つまでは、その間に慣らし運転を兼ねてケープタウンの街中を走ったり、テーブルマウンテンや喜望峰に行ったり、郊外に行ったりビーチに行ったりしたが、これが本当に毎日楽しいのだ。

慣らし運転は、エンジンに負担をかけないため、最初の800㎞は速度60km/h以下厳守だが、街中なので全然問題ない。この慣らし運転をやることによってエンジンの寿命も変わるらしい。

そして、クリスマスイルミネーション。

南半球は日が長いので、この写真でも20時19分ごろなのだが、

やはり夕ぐれにたつイルミネーションは本当に美しい。

真夏だけど、やぱりトナカイとサンタクロース

日本のイルミネーションとちがうのは、キリスト教国らしく、天使などをかたどっていること。

きょうもほんとうにいい一日だった

ライオンズヘッド

遠くから見ると、

テーブルマウンテン 1086mと、

テーブルの右にある甘食のようなのが、ライオンヘッド669m

近くからみると、もうズバリ「乳房山」と言っていいと思う

12日の日記

9時ごろ起床 昼食は昨日と同じアフリカ食Beef&PAP 20R(ラント)

夕食はグリーンピザ16R クリームパン6R

そのほか コーラ1.5L 16R

ライオンズ登山開始

夕方前の18時20分ごろ、山の中腹、標高280mあたりの路肩に単車を止めて、いざ登山!

19:07 山の中腹。7時過ぎてるのにまだ充分明るい

19:14

ライオンズヘッドの上部は、岩だけのため、登山道は岩々を囲むようにできている

真夏の富士山のように混雑しているが・・・・

落ちたら真っ逆さま。

じつは結構危険なんです!

19:15

左にうつってるのが、我が125㏄の愛車です

19:18 これより分岐。

Recommended (おすすめ)Routeと、

おそらくチェーンを伝いながら登る「自己責任」ルートに分かれる

ライオンズヘッドの登山は、思った以上に危険と隣り合わせなので、おすすめルートへ。

するとそのルートは大行列。ちょうどみんな沈む夕日に合わせて行くのだ

19:24 そしてついに!

19:24、ライオンズヘッドに到着!

萌えろ、ライオンズヘッド!

かっとばせ、ライオンズヘッド!

頂きは、芋を洗うような混雑ぶり

ライオンズヘッドから360度撮ってみた

しかし

人混みを避けるなら、ここがふたりだけの特等席。

だけど、こええ。

日本の女の子をさそったら、明日から音信不通になるかも(笑)

そしてケープタウンの景色!

18:51まずは中腹で撮った写真

19:40 山頂のあたりから撮った

テーブルマウンテンの頂きは雲に隠れてしまった。

みんなやってるのはピクニック。

そして、お目当てのSunset!

19:48 君も、宇宙の使者の目撃者となる!

て気分になるぐらい神々しい。

19:55 夕日が沈む瞬間をごらんあれ!

20:02 そして太陽は沈み

夕日が沈むと、降り始める人々がいるが、見ての通り!

高所恐怖症の人は半端なくおススメできません!!

せっかく来たのだから、混雑の中で降りてもしょうがない。

夜景を見てから降りるのだ。

20:12 夕日の後は、満月の登場!これぞライオンズヘッド劇場!

満月とケープタウン

20:21 夜景も美しい。函館の夜景に似てる!

21:02 だいぶ降りた後の夜景

そして・・・

帰るまでが登山です。

21:10、暗い中でも、無事下山。

駐車したところが280m、昇りつめたところが666mぐらいだったので、登った標高差380mほどでした。


ということで、長かった(というか長すぎた)ケープタウン編もついに終盤!

今回のライオンズヘッドよりも、もっとすごいのが・・・

そう、次回はいよいよ真打ちのラスボスともいえる

「テーブルマウンテン頂上決戦編」です!

どんな景色なのか!

おたのしみに!

2,853 total views, 3 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です