テーブルマウンテン頂上は極楽浄土!?驚きの景色画像

スポンサーリンク

テーブルマウンテンの頂上は、

本当にテーブルなのか?どんな世界なのか?

その強烈なぐらいに素晴らしい世界が待っているとは、まだ知らなかった。

ということで、

おたのしみいただいたケープタウン編も、そろそろおわかれの時間がやってきました。

これまで喜望峰などのケープタウンのみどころを紹介しましたが、

最終日はお待ちかねの真打ちとして

「テーブルマウンテン頂上編」をお送りします

お楽しみください!

著作権(C)たびいちドットコム

Copyright(C)tabi1.com

テーブルマウンテンとは何か

「テーブルマウンテンは、地球に与えられし贈り物」

と、プレジデント時代のネルソン・マンデラが宣言した、

ケープタウンのシンボルです

頂上付近は1000m以上になり、山頂付近は雲に隠れたりすることが少なくないので、

タイミングを狙った結果、

ケープタウン最後の日に登ることにしました!

まずは山のふもとへ

もちろん、海抜0mの市街地からずっと上ってきて頂上に登ることもできるが、自分の場合は単車があったので、山の中腹まではかんたんに来ることができた。ずるいけど。

さらに時間のない人は、ロープウェイで頂上まで行くこともできます

14時に、登山開始!このあたりの路肩(標高376m)に単車を止めて、この道路をしばらく登って歩くと、登山道になります。

ロープウェイ駅と、すぐに間近で見えるのは、きのう登ったライオンズヘッド。

14:21 こう見ると山頂が近いように見えるが、急峻なゆえに、思いのほか時間がかかる。

14:41

14:58

因みに、下山するときは、こんなかんじです

15:35 そして、あともう少しで・・・

頂上に到着!やはり天国・極楽浄土だった!

1時間37分ほどで、山頂。

きのうのライオンズヘッドの山頂とは違い、

文字通りの台形のテーブル上になっており、

結果、この世の世界とは思えない景色が広がる

それが、この写真。

見わたす限り、全く何もない景色。

ここは天国、天界を歩いているだろうのか。

この先に天空人や、神などが住んでいるのだろうか。

または現世というよりも、死後の世界、黄泉の国や極楽浄土を歩いているような

不思議な感じがしてならなかった。

三途の川の河原の如く。

360度で撮ってみた

ただし、あまり横に進みすぎると、

本当の天国に行ってしまうので注意!!

頂上から見た景色

まずは南側

そして、ケープタウン方面はというと

まずは西側から

ロープウェイ駅と、きのうのライオンズヘッド

そして、あの世の気分に浸ることもできますが

ここは観光地。

売店には食事のほか、ジュースやビール、サンドイッチなども売っています

岩と一体化した水飲み場

トイレや公衆電話、ポストもあります

日本にもおなじみのコイン双眼鏡は5ラント

いろんな人がやってきます

そして究極の超絶景画像は

日本の山では中々味わえない、この世の常識を超えた景色を見ることができて、感無量!

こうして17:30に下山を開始し、18:39に無事ふもとに下山したのでした

そして、新たなる旅立ちへ・・・

長かったケープタウンの日々も、テーブルマウンテンで、有終の美をかざった

アフリカに本当に来てよかった。

狭い日本にはありえない世界が見れるのだから。

これでもう思い残すことはなく、

ケープタウンに別れを告げることができる

これで、見果てぬアフリカの国々に旅立てる!

心から驚かせてくれるような世界がまっている!

ということで、

次回はいよいよ出発編です!

1,380 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です