タンザニアで見た、人生の中で一番衝撃的な村

キリマンジャロ登山を終えて、再び旅へ。

その途中の村では、人生観を変えるぐらいの出来事がありました

4月7日

きょうはモシの町を出発。キリマンジャロを去る日がやってきた。

首都ダルエスサラームへ南下する。

川でいろんなものを洗う人々。とはいえこういう光景も見慣れてきた。

一躍有名になった「大阪のなおみ」サンもびっくりな店。高速バスの停車場だろうか?

せっかくなので「日本から来た」とあいさつしたら、受けてくれた

高原からじょじょに低地へと向かう、雄大な景色。

日没後も28キロ進んで、Korogweの町に着いた。ここはムスリムが多かった。ムスリム系の宿に泊まる。一泊400円。

宿のチェックいんの後は、待ちに待った夕食

チプシ(フライドポテト)とマヤイ(玉子焼き)のセット64円

生ジュース24円、焼肉串1本あたり24円、安いうまい。

23:30、満足して寝る。

4月8日

7時20分起床、28度。8:50ごろ出発。

しばらく走り、朝10時ぐらいに途中の小さな村で朝食。
肉汁、チャパティ2枚、ストレートティで120円。

ここまではタンザニアのとくに何の変哲もない村だと思っていた。

しかし、その小さな村は、

これまでの人生の中でもっとも衝撃的な村のひとつだった

それは・・・

ふきだまりの村

食事をしながらずっと村の様子を眺めてるうちに、

ここの村は失業率が80%以上なのか?とおもうぐらい、男たちは働かずぶらぶらしている。

なお、この村では女の姿はほとんど見かけなかった。

働き盛りであろう男たちは、朝っぱらなのにテレビを見ながらずっと座っているものもいるし、ビリヤードやっているのもいる。

さらに村を歩いてみると、まともに働いている人と言えば、朝食をとった食堂の店員や、このビニールシートを屋根にした粗末な肉屋で少年たちが働いてるぐらいで、

あとの男たちはなにをやってるのかわからん者ばかりで、のんびりしているというより、怠惰な雰囲気でしかない。

ただ、ひいき目に見て、たまたま来たその日は水曜日で、もしかしたらその村にとって祝日・休日なのかもしれないが、

やはりひとりひとりの怠惰な雰囲気を見ると、そうには思えなかった。

ウガンダやケニアから見れば、村の状態がゴミが散らかって汚くすさんでいて、それらの国より明らかに貧しくみえるのがわかる。

これがタンザニアの真の姿かもしれない。

怠惰な村と、過労死の国

かれらが怠惰に見えるのは、タンザニア式の社会主義が影響をしていたのも一つだろう。

かたや日本人はといえば、満員電車に押しつぶされ、ストレスにまみれながら朝から夜遅くまで骨身を削って働き、そのストレスから生まれた金で、タンザニアに莫大なODAの援助をしている。

朝から働き盛りがプラプラしてると不審者扱いされる日本人からしたら、この村を見たら「なにやってんだ、働け!」とお怒りになるだろう。

でも、

考えてみれば、ろくに働かずともなんだかんだで生きていけるわけだから、社畜状態の日本人が見たら、内心うらやましく思うんじゃないだろうか。

好き放題、寝たい放題、わがまま放題に生きたいのであれば。

そんな怠惰で能天気なタンザニアの男たちを見ていると、こういう生き方もあるんだなと印象に残った。

そして日本に戻ることによって、じょじょに自分の人生観に深く影響をおよぼすようになった。(悪く言えば、よりなまけものになったというべきか。)

なお、ここからさらに20分ほど南下したところにあるのが、ここだった

人類史上の大発見!?タンザニアの田舎で、マンガ喫茶を発見!
きのうの「アキバ銀行」に引き続き、ヲタクなるネタ第二弾! それが「まんが喫茶」です! タンザニアのまんが喫茶は、一体...

行きの時はネタにさせてもらったが、今回の帰りの時にもう一度寄ったところ、あまり人はいなかったし、さっき食べたばっかなのであいさつだけして出発、ダルエスサラームに向かうのであった。

キリマンジャロ登山の裏と闇

そして9年の年月が経ったから書けるようになったけど、さすがにかなり負の部分なので、記事として載せようかどうか迷った。

怒りや負の面は、キレイゴトだけでない「旅の真実」を伝える一方、読者によってはココロにダメージがくるだろうし、自分にとってもあの忌々しさがぶり返して苦しめる、諸刃のつるぎだ。

だけど、書いておく。

キリマンジャロの登山は、途中から非常に不愉快な目に会い、そして登山を終えて、用具を返したり手続きした際、そこのスタッフや取り巻きが金に汚く、しかも根性が曲がってるのか、こちらが客なのにかかわらず侮蔑的な態度をとられたので、あまりの腹立たしさにはげしく揉めたことがある。

というのも、キリマンジャロ登山は、経済的に貧しいタンザニアの中でも、世界からの金持ち観光客が登山にやってくる超ドル箱なので、労せず大金になると、その手のごろつきは群がるようにキリマン登山界に介入するようになる。

本来の登山や自然を愛する者が追いやられ、金に目のくらんだやつらが登山ビジネスにのさばり、人を貶めるのを見て、本当にむかついてしょうがなかった。

登山にかかわる現地の人間(もちろん全員ではないが)があまりに腐りきってたせいで、キリマンの登頂成功よりも、胸くそ悪さのほうが圧倒的に勝ってしまい、

登山後しばらくは

「キリマンジャロなんて登らなきゃよかった」

と思うぐらいの、非常に後味の悪いイベントとなった。

そこで学んだのは、

アフリカの場合、お金がないほうが逆に旅がしやすいと痛感した。

キリマンジャロ登山は最悪だった。しかも大金を払って最悪の思いをしたのだが、これだけ世界中の人々がキリマンに登ってるわけだし、何らかの名声を求める目的であれば、キリマンジャロ登頂なんて、もはや何の価値もない。

キリマンジャロは、自分ひとりで登りたかった。自分の力で完結するものこそ、それが真の登山だし。

そもそも3~4日の行程ならそんなに食料はいらないわけだ。でも現実は、中身はオボッチャマにされてしまった。

なのでキリマンジャロ登山なんて、しょせん登山者自身の、おのれの自慰行為でしかないとすら思った。

それは、現地の人からすればしょせん「金持ち側の人間」としてしか見られてなかったこと。

となれば、現地の人のレベルに合わせた旅のほうがいいってことでした。

187 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*