つみたてNISAを楽天キャッシュ払いに変更した結果

つみたてNISA・投資
スポンサーリンク

楽天証券でつみたてNISA。毎月のつみたて額の33333円は12月までは楽天クレジットカード払いでしたが、これからは楽天キャッシュ(以下キャッシュ)払いに変更することにしました

「カード払い」と「楽天キャッシュ払い」のちがいは?

まず初めに、これまでの楽天証券でのカード払いとキャッシュ払いのちがいを

シンプルにまとめると・・

従来の楽天カード払いの場合

積立購入と同時に楽天カードから33333円引き落とし・請求

楽天キャッシュ払いの場合

①キャッシュでの残高額を任意の設定額(つみたてNISAなので33333円)にする

②「それまでのキャッシュの残高+不足分=合計33333円」になるよう自動チャージされる。不足分は楽天カードから引き落とし・請求。

③積立購入時に、キャッシュ内の33333円で積立購入。

ということで、基本的にはどちらも楽天カード払いです。

しかしキャッシュの場合はキャッシュにいったんお金をチャージするので、プロセスが少し複雑になります

その代わりメリットとして、ポイント還元率がよくなり、使わずにたまったキャッシュも使い切ることができます

キャッシュ払いに変更した理由

それまでは、楽天カード払いで毎月33333円つみたててたら、毎月333ポイントがついていた。これはとてもうまみがあった。

しかし何気なく先日ポイント実績を見ると、9月分から333ポイントがつかなくなり、がく然としたのである

そのころ楽天証券から「クレカ払いからキャッシュ払いに変更すれば得するよ」というアナウンスが何度もあったものの、そんなのめんどくさそうなので無視してた。

 

ところがふたを開けたら、そんな改悪が行われたなんて・・

楽天モバイルの入会時の大盤振る舞いもそうだけど、ポイント還元という蜜で釣っておいて、しばらくたってからハシゴを外すやりかたってのは、いかにも楽天らしい華麗なやりかただけど・・・

かといってこのままだとすごくくやしいので、キャッシュ払いで検討したところ、自分の場合はクレカ払いからキャッシュ払いに変更しても不利益もなさそうなので、変更しました。

スポンサーリンク

楽天ポイントと楽天キャッシュはちがう

このふたつは、ぜんぜん性質が異なります

楽天ポイント(以下ポイント)は、

いうまでもなく使い道も多く、ガソリンなどの支払いもできる便利ぶり。

キャッシュは、

新しくできたタイプのデジタルマネーみたいなもの。だが、ポイントに比べると使い勝手が悪く、個人的には楽天市場や楽天トラベル・楽天モバイルぐらいしか、使い道があまりないのである

当たびいちドットコムは楽天アフィリエイトで広告を載せていて、広告収入として毎月数十円や数百円がポイントとして入っていた。

しかし何年か前から、ポイントではなくキャッシュで払うと宣告された

そしてポイントとキャッシュの2つの種類が共存することになる。

ポイントとちがって使い道がないまま、たまりにたまって7000円以上のキャッシュがある。
かといって、キャッシュの消化のためにわざわざほかにくらべて割高になるものや不要な物を、無理して買ってもしょうがない。

そこで、

NISAのキャッシュ払いなら、使わずじまいだったキャッシュを全部きれいに活用させることができるし、還元率も0.2%から0.5%に増えるらしい?ので、従来のクレカ払いからキャッシュ払いに挑戦したわけです

0.2%だと66円。0.5%だと167円。ひと月100円のちがいだけど、年間1200円となれば無視できる額ではないと思った。

 

楽天キャッシュのルールはこちら

https://cash.rakuten.co.jp/Guidance/GuidanceCashRule/#limit

 

変更手続き

①楽天証券にログインし、「楽天キャッシュへ引落方法を変える」という項目を押す

②残高キープ額を設定。デフォルトは33333円(22年12月現在)に設定されてるので、額をいじらずそのままで設定。

③チャージ方法を設定(楽天カードなど)

 

こうして変更手続きを終えると

メールが来ます

——————————————–
■設定日時
2022/12/11 20:44:50
■設定内容
楽天カードからのチャージ
■設定金額
33,333円以上に残高をキープする
——————————————–
※一定時間ごとに残高をチェックし、設定金額を下回ると、自動で不足金額をチャージします。
※不足金額が1,000円未満の場合は、1,000円チャージされます。

まもなくして

自動チャージが行われました

■チャージ日時
2022/12/11 21:00
■チャージ方法
楽天カードからのチャージ
■チャージ金額
25,655円

いままでずっと使わずじまいだったキャッシュ7678円も併せて

カード請求額は33333-7678=25655円で済んだ。

得した気分です

追記:2回目の残高キープチャージされました

2022年12月12日18時に、「投信積立(楽天キャッシュ)引落日のお知らせ」というメールが来ました

12月分の投信積立金額を楽天キャッシュ残高から引落します。

引落日:12月13日~12月15日

そのあと12月分の積立がキャッシュからなされ、

キャッシュ残高が33333円から0円になったため

即座にまたチャージされ残高が33333円に戻りました。

本メールは楽天キャッシュ残高キープチャージがされた方に送信しております。

——————————————–
■チャージ日時
2022/12/14 14:39
■チャージ方法
楽天カードからのチャージ
■チャージ金額
33,333円
——————————————–

今回は25,655円ではなく、満額の33333円のチャージになりましたが、

仮にこの後アフィリ広告等で仮に333円入った場合は

☆残高が33666円となり

☆また翌月33333円引き落としになると

☆残高が333円になり

☆次のチャージは残りの33000円

がチャージ金額になると思われます。

12/24追記:0.5%ポイントが付きました

いつもの「カード利用のお知らせ(本人ご利用分)」のメールにて

普通の買い物をすれば1%つきますが、チャージの場合は0.5%つきました

2022/12/11

楽天キャッシュ・チャージ

本人 1回 25,655 円 2023/01

128 ポイント 2023/01

ショッピングご利用分合計金額 25,655 円 ポイント合計 128 ポイント

まあ、いままで通りにクレカ払いにしたら0のままなので、半分の128ポイント着くだけでもありがたいのかもしれません

 1,626 total views,  1 views today