エイジレスの極意!自分を「おっさん・おばさん」と自覚すると、壁ができる。

実はたびいちは、何年か前までは、

実年齢よりも若く見られることが多かったです。

(多少はお世辞が入ってたのかもしれないが)

その理由は、まぎれもなく、

自分の好きなことをやりつづけてきたからでしょう。

旅しているときとかは、睡眠時間も多かったし。

これが妻子がいて、養う立場だったら、違ってたかもしれないが。

「他者から若く見えれば」本物だと思っていた。

いまから8年前、たびいちが31歳のとき、

居酒屋の席で、近くに座っていた26歳の美人女性と会いました。

その会話の中で、お互いの年齢の話になり、

彼女に自分の年齢を言った途端、

「えー!そうですか!わたしと同じ(年齢)だとおもった!」

と言われた。

そのとき彼女は、まだ酔ってなかったし、心から驚いていたので、

これはお世辞100%ではなく、しかも美人から言われると

「自分は若く見えるんだ!」と、

まんざらでもないと喜んでいた。

自分で自分を若いと思うのは、あくまで自称の自主申告の世界だけど、

「他者から若く見えれば」本物だと思っていた。



ところがちょっと前に

ある別の年下の女性に、何年ぶりかに会ったとき

「ひさしぶりにあってどう、(たびいちの)印象は?」
とたずねてみたら、

「おっさんですよ、ヨボヨボですよ!」

と、モロにいわれてしまった

たしかに自分はそのときアラフォーだし、彼女は(たびいちに対して)ドエスなタイプなので、自分に対してはドクを吐きまくるのは知っていたけど、ひさしぶりに会ったのにそこまでいうことはないだろと、さすがに少しムカッとしたので、

「でも、ほかの女性からは、「年齢より若いですね」って言われたぞ」

と言い返したら

「それは(あんたが)あまり苦労してないから」

と言われてもうた。

ううむ、まさに図星。orz

もちろん、若いといわれるばかりではない。

おっさんよばわりされるし、いろんな女性から「気持ち悪い」とか、「キモイ」とか言われることもあった。

本気半分、ジョーダン半分だと思うけど、気分次第ではやはり凹むときもある。

でも、

世の男たちは、一部のかっこいい男を除いて、

大半が「キモイ」のではなかろうか?

とくに30代以上になると、そうなると思う。

ただ、女が男に対し、面と向かってキモチワルイとかキモイとか言ってるうちは、まだマシだと思う。

もし本心から気持ち悪がってるのなら、

見向きもせず、潮が引くようにサーっと避けていくからだ。

エイジレス 命がけより 心がけ

そんな過去を思い出したので、

「おっさんにはなるまい、じじいにはなるまい」

と意識するようにした。

「もうおじさんだから」

なんて言った日には、年齢の壁ができてしまう。

だけど、無理して整形手術したりのような、なかば命がけで若作りとか言うのではなく、ダメージや負担がかかるような無茶をせず、自然に若く保つ心がけが一番なのです。

もう若者でもないけど、おじさんでも、ましてやじじいでもない。

そんな年齢にカンケーない、

年齢の壁を越えた

「栄光の完全エイジレス人間」

でありたい。と思った次第です

さいごに

きょうは311なので、大震災のことを書くべきなんだろうけど、あえて書きません。

なぜなら、

書く気もなくなったし、書く必要性が無いからです。

たしかに、おとといまでは311のことを書こうとしました。

だけど、やっぱやめにした。

当時のあのつらく苦しい日々や、いまも続く原発や復興などのさまざまな問題を考えると、どうしても内容が重く暗くなってしまうし、それで下手なこと書いて「たびいちは不謹慎だ!」「えらそうなこと書きやがって」と思われたら何のトクにもならないので、結果記事が進みませんでした。

そもそも震災のことは過去の記事にじっくり書いてきたので、
http://tabi1.com/category/disaster
いまさら重い気分を起こしてまで、311のことを書く必要性がない。

ということで、こんな日だけどあえて

明るく前向きに未来を生きよ!

ということで、エイジレスなテーマを書きましたとさ。

302 total views, 2 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*