(14)Cleartripでインドの航空券と列車を予約しよう!

エアアジアとかでは出来るネット予約。だけどインドのLCC(Spice,IndiGOなど)やインド国鉄のサイトで予約は出来ません。それは、外国のクレジットカードは決済できないからです。

そこで、日本のクレジットカードでもOKで、飛行機や列車やホテルも予約できるCleartripに全てを委ねることになります。

http://www.cleartrip.com/

スポンサーリンク
336×280

ただし、すべて英語なので、

読解とトラブル時の対処ができるぐらいの英語力は必須です。「英語は全く出来ない!けど、日本にいながらコルカタ>バナーラスの列車のチケットを取りたい!」という人は、西遊旅行などで手配したほうが無難です。

Cleartripのやり方は、インド雑貨ティラキタさんのサイトを参考にしました

http://blog.tirakita.com/2013/12/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AE%E5%88%97%E8%BB%8A%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-2013-201.shtml

この中で、2つの重要点を。

Mobile OTP(認証番号)を取る為に自分のパスポートをスキャンしてJpegでインド国鉄にメールで添付して送ったが、1時間どころかしばらくしても返事が来ず、「やっぱダメなのかな・・・」とあきらめかけた翌日に、ちゃんと認証番号が届き、無事Cleartripとアクティベートできました。

なのでインド国鉄からの返事が来ない場合は2~3日ぐらい気長に待ちましょう。

あと、MobileNoは、かならず自分の携帯番号を入力すること!

Cleartripで予約をすると、ちゃんと日本の自分の携帯にSMSがインドから届くので、もし他人の携帯に届いたら非常にまずいことになる!

ほかにも、列車の予約画面に出てくるRAC、WLとはなんぞ?に答えてくれるすばらしいページもあります

http://4travel.jp/travelogue/10438828

これで、11月25日にコルカタ>デリー列車のチケットも予約しました。残席も20ぐらいしか残っていないのでなくならぬうちに予約。

Ndls Duronto (12259) Sealdah – New Delhi

18日18:30発 翌日11:25着 19 Dec 16h 55m 3 stops

Rs. 1,802(手数料等込みの合計金額2114.5ルピー) AC 3 Tier

席の段と食事(ベジタリアンかノンベジ)も選べる

Upper、ノンベジを選択

Cleartripでのキャンセル代(支払いと払い戻しの差し引き額)は

飛行機 バンコク>コルカタ 2680ルピー

列車 AC三段ベッド コルカタ>デリー 175ルピー

飛行機のキャンセル代はとても高いが、列車は安いので苦にはならない。

以上がCleartripの登録の仕方でした。


じつは、ティラキタの主人(インドパパ)と奥さんとは、なんと地球の反対側ブラジル・サンパウロのペンション荒木で2000年9月に会った事があります。ティラキタの夫婦は、牛次郎と名付けたワゴン車で南米一周していました。あのころはまだパソコン(ノートパソコン)を持ちながら旅をする人はほとんどいなかったので、宿の台所のとなりの部屋で奥さんが小型パソコンで迷路のようなゲームをやっていたのを見て、これなら退屈もしのげて面白そうだな、自分もいつかPCを持ちながら旅したい、と思ってました。

ということで、

成田>バンコクはすでに取れたので、その後の「バンコク>カルカッタ>デリー」をいつにするか。カルカッタ>デリーについては、カルカッタについたその日か翌日出る予定でいいが、タイの滞在をどのくらいにするかとても迷った。いろいろ行きたいところもあるし、せっかくだからチェンマイに行ってタイ古式の母校に戻ってマッサージの練習もしておきたい。

2週間たった11月13日になっても、バンコク>カルカッタ行きの日をまだ決めかねていた。とっとと早く買ってスッキリさせたいのだが、われながら優柔不断すぎる。

コルカタ(カルカッタ)行きを何日にするか悩みまくり、答えを出すのに結局2週間もかかった優柔不断男。その葛藤と悶絶の格闘の跡(笑)

f:id:stk1:20141114110529j:image

11月11日現在で、Cleartripでバンコク>カルカッタで安いのが

12月の12日と17日の午後発夕方着が6539ルピー

15日の未明発早朝着が6921ルピー(考えてるうちに500ルピー高くなってしまった(´д`)

12日だと早すぎるし、かといって17日じゃ長い。その間の15日が日程的にぴったりだし、夜中発なので宿代1泊浮かせることが出来る。けど、タイの宿泊費はたかがしれてるし、朝5時発なので、それまで空港で過ごす羽目になる。たしかにスワンナプームなら空港内でごろ寝できるけど、不特定多数の人が出入りしているので安心して寝ることも出来ないし、逆にうっかり寝過ごして乗り遅れる危険性もある。ろくに寝れないまま3時半ぐらいに起きるとなると体に堪えて、翌日はかならず死人状態になるんだな。

なので17日にずらすのが安いし、昼間発夕方着なのでとても楽。そして安全。たかが2日ぐらいならずらしてもいいや、と思いつつも、今回はインドがメインなのに、長々とタイで過ごすのもなあ。てことで悩む。

結局、15日に未練たらたらながらも、17日で予約を取った。

スッキリしないけど、あんまり慌しいとヘマしたり、フライトがダメになった場合あとのデリー行きの列車に乗れず初っ端からしくじる恐れがあるので安全策を取って日程に余裕を持たせたほうがいいし。

そのかわり7月にカルカッタからバンコクにもどる時は、タイの滞在を削ればいいか。7月は雨季だし。

11月18日追記:

バンコク>コルカタ行き、11月13日に「12月17日発」を買ったものの、優柔不断な自分にとって、スッキリするどころか余計にもやもやするようになった

17日の便のキャンセルして15日に買いなおすと6300円(キャンセル代2680ルピーと、15日の便の値段6921から7414に値上げした差額493、合計3173ルピー)も損をする。

旅資金のために普段どれだけ節約して、安い便を一生懸命探して選んだというのに、6300円も出すなんてはっきり言ってバカバカしいことこの上ない。

しかし!未練を残すと、もやもやが残って精神的に辛い。その後悔を後々まで残すぐらいだったら、6300円を払ったほうがいいかもしれない。キャンセル時のネタになるしね(ならないか。泣)

LCCは、日が経つにつれて値段がどんどん上がるので、変にあせって見切り発車で買ったのが失敗だった。やってはいけない衝動買いだ。安く買ったからといって、あとになっていい結果になるとは限らない。チケットを買うのは、まるでギャンブル。だけどそれが旅なのだ。いい勉強になったと考えたい。

下手な値段や中途半端なところで妥協せず、優柔不断ならもっと自分を問い詰めきってから、買えばよかった。

何度変更しようかと思ったかわからないくらい悩んだけど、そのうちなんだかばかばかしくなってきたので、責任とって17日でOKにする。最近英語を勉強してないので、タイにいるときは海を見ながら英語の勉強をしようかな。

これで、11月25日にコルカタ>デリー列車のチケットも予約しました。残席も20ぐらいしか残っていないのでなくならぬうちに予約。

帰国後追記:

コルカタ行き、17日で大正解だった。タイにいたときは、15日でも短いと思うようになった。なぜこんなくだらないことでアホみたいに悩んでたんだろう。

563 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*