デジタル腕時計の電池交換に挑戦! プロトレックPRT-41SJ

愛用している腕時計、プロトレックPRT-41SJの電池交換に挑戦してみました

まあ、自分でトライしてみて、だめそうだったらおとなしく時計店に交換依頼すればいいや、ぐらいの気概でやりましたが、

やってみたら成功しましたので報告します

電池交換するに当たっては、

Akiyose.comさんのHPと

http://akiyose.com/battery-exchange/casio/pro-trek/protrek-prt41.html

yah-yahさんのブログ

http://yah55.exblog.jp/16501116

を参照させていただきました!ありがとうございます。

さもなければ、自力で交換できなかったでしょう。

電池交換に必要なものは、

◆新しい電池二個 (プロトレックの場合) 

交換電池は、気温気圧などのマルチ機能搭載型の場合、長寿命対応の927「SW」、SW型を買うこと。

◆時計交換用のミニドライバー (百円ショップで買える)

◆針(縫い針か安全ピン)

電池の交換の仕方

プロトレックの場合は

★四隅のネジを外し、裏ぶたを開ける

★電池を留め押さえている金属の「押さえ」を、針(安全ピンでも可)を差し込んで外す

★針をてこにして電池を取り出し、新しい電池に交換する

★「押さえ」を元の位置までしっかり押せば、自動的に押さえがロックできる

★新しい電池にしたら、針とドライバーを使って、それぞれ「”AC”と書かれている穴」と「電池の+側」を刺して合体させ、ACの穴へ通電させる(オールクリアになって、正常表示されるようになる)

★四隅のネジをはめて、裏ぶたを閉めて、完了!

スポンサーリンク
336×280

注意点

今回の電池交換で手こずった点として、電池を押さえている金属の「押さえ」をどうやって外すのかが判らなかった。

マイナスドライバーでプラスチックの部分を押しても、ダメそう。あんまりいじくると壊れそうでこわいので、悩んでるうちに、「押さえ」を留めてあるプラスチックの部分の真ん中に、小さな穴があるのに気づいた。

そこで、その小さな穴を針で突いてみると、簡単に押さえが外れて、電池を取り出すことができました。それさえ判れば簡単に電池交換ができると思います。

おまけ:ちょうど3年前の話。

昨日の1月19日に無事電池交換が完了し、日にちをあわせると、曜日が土曜日になっていた

「なんで土曜なんじゃ?ありゃ、今日は日曜だっけ?どっちも週末だし」時計を見ると13-01-19

でも1月19日で日にちも合ってるし、なんでだろう、おかしい

と思ってたら・・・・

そうです、今年は年が明けて14年なのに、昨年2013年のままと設定いうボケをかましましたとさ。

497 total views, 1 views today

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*